2021.10.10

S1ブロック改:国鉄線架線柱(#6)/私鉄線架線柱(#8)

10/3(日)及び10/9(土)、架線柱の建植を実施。
国鉄天ヶ谷線の架線柱2基と天ヶ谷軌道市内線の片持ち架線柱1基をレイアウト上に建てた。
211009s11
 
架線柱を建てると、今までスッキリしていた景色が何やらゴチャゴチャした見晴らしの悪い景色になるが、当レイアウトではこの点が架線柱に最も期待するところ。非電化路線ファンの方々には理解されないだろうけど
残る跨線線路橋の架線柱2基もサッサと設置して落ちつきたい気分だが、他の作業中に引っかけて壊しそうな位置なので、ガマンして最後の方に回す。電柱も。
載せた写真を見て、片持ち架線柱のウェザリングを忘れているのに気が付いた...
(掲載写真はEOS7Dで撮影)

| | コメント (0)

2021.10.04

2021年9月のにゃあ太

9月というと、8月の暑さをそのまま引きずって始まるイメージだが、今年はいきなり最高気温が20℃あたりに下がり、前半を中心にくもりや雨の日がやけに多くて、にゃあ太と散歩に出るのも少なかった。まぁ、最近は、そんなに頻繁に外に出たがらないが(セミがいなくなったから?)
ところで、9月24日は、にゃあ太が我が家のイエネコになった記念日(「半ば強制的にイエネコにした記念日」の方が正しいが)で、めでたく6年が経過した。飼い主どもの扱い方を常日頃から学習している模様で、だいぶ甘え上手になっているような気がする。(にゃあ太の最初の記事はコチラ)
 
2109nyata01
こんな秋晴れの日は少なかった
 
2109nyata02
今日は散歩に出られるかなぁ
 
2109nyata03
もっと日当たりの良いところに行けば?
 
2109nyata04
以前より、大人しい散歩になった気がする
 
このオモチャは小さい頃から大好き。
(他は全て、すぐ飽きた。なので、もう買わない)

| | コメント (0)

2021.10.03

S1ブロック改:エンドレス内側(草#4)

9/26(日)及び10/2(土)、エンドレス内側でミニネイチャーの草植えを実施。
エンドレスの内側は、線路際以外に建物周辺など、いろいろと草が生えいていそうなところ(=草を植えたくなるところ)があって、植え始めるとキリがない感じ。あまりに草ボウボウになるのもおかしいので、適当なところで止めておく。
211002s11
 
今後、架線柱などを建てた時に、草の追加や修整が発生するだろうと思うが、基本的には地面作りはこれにて終了。拡張部分の地肌を作り始めてから(→記事はコチラ)、3年以上の月日が流れて、ようやく...
(掲載写真はEOS7Dで撮影)

| | コメント (0)

2021.09.26

モハ1:修理

9/23(木)及び9/25(土)、「天ヶ谷電軌モハ1形102」の修理を実施。
前回記事の写真を撮り終え後、レイアウトなどを片付けていた時に、誤ってモハ102をフローリングの床に落としてしまった。薄いラグが敷いてあったので、やや衝撃は和らいだものの、損傷は大きく、前照灯が屋根の前頭部にめり込むような状態に
超大ショックの状況だが、悲しんでばかりいられない。天ヶ谷電軌線を走行できるのはコレしかなく、「仕方ないから、もう1台作るか」なんて気力も技量もないので、早速、修理に着手した。
幸いなことに、前照灯の損傷は軽微。屋根にめり込んでいたので、脚部は折れ曲がってしまったかと思いきや、"正しい方向に深く曲がった"だけだったので、直ぐに元の形に戻せた。他は塗料がチョット剥げたぐらい。屋根の前頭部は、ペーパー車両の屋根としては"掟破り"のバルサ材を使っているため(→制作時の記事はコチラ)、陥没して、前照灯への衝撃を和らげた模様。まさに、クラッシャブルゾーン セオリー通りの堅い木材を使っていたら、前照灯は潰れていたかも。
210925mo01
 
ということで、残るは屋根前頭部の穴となったが、これまた幸いなことに、前照灯の裏/下に隠れてあまり目立たないところなので、そんなに高い完成度は必要無さそう。穴埋めと言えばパテだが、なんだか面倒くさくて、プラ板で穴を塞いでしまおうと考えた。”前照灯の取付台座”という想定。
が、プラ板をカットしている途中で、タミヤの「情景テクスチャーペイント(路面ライトグレイ)」が穴埋めに使えそうな気がして方針変更。表面のザラザラも含めて、まぁ許せる状態に。塗装は、元の色はタミヤスプレーのジャーマングレーだが、アクリルガッシュのニュートラルグレー5とジェットブラックを適当に混ぜて誤魔化した。
210925mo02
 
"完全に元通り"にはならないが、"作った本人以外は気が付かない"程度には戻り、一件落着

| | コメント (2)

2021.09.23

S1ブロック改:洗車作業台の設置

9/23(木)、電車庫の洗車作業台の設置を実施。
このブロックの地面作りも、いよいよ、エンドレス内側のミニネイチャー植えを残すのみとなったが、その前に、電車庫の洗車作業台を設置する。洗車作業台の柱の位置を確認しながら、草を植えたいので。
車輌に接触しないように注意しながら、タミヤのクラフトボンドで接着。
210923s11
 
昨年8月の完成(→記事はコチラ)から、1年ぶりにようやくレイアウト上に落ち着いた。
他にも、架線柱や信号機、電柱など、地面に建てるものがあるが、これらは草植え作業の邪魔(引っかけて壊す可能性も大)なので後にする。
(掲載写真はEOS7Dで撮影)

| | コメント (0)

2021.09.19

S1ブロック改:エンドレス外側(草#3)

9/18(土)~9/19(日)、エンドレス外側で草植え等を実施。
ここは、線路と擁壁に挟まれた細く狭いエリアで、化学雑巾雑草だけで済ませてもよいのだが、5月に植えた化学雑巾雑草の葉(=毛、繊維)が弱々しくて見た目がよろしくないので、それを補うようにミニネイチャーを植える。
ミニネイチャーを植える前に、橋台のコンクリート壁をタミヤのウェザリングマスターで汚した。この橋台のコンクリート壁は、自分のイメージからは程遠く、このブロックの中で一番納得行っていないところ。できれば作り直したいのだが、場所が場所だけに厳しい…
続いて、擁壁の水抜き穴の近くに、水が流れた跡をアクリルガッシュのグレイッシュグリーンで描いた。実物の水抜き穴を観察すると、水が流れた跡があるのは意外と少ないが、ここでは水抜き穴の存在をアピールするため、多目に。だいぶ薄めて塗ったので、あまり目立たないけど。ついでに、変電所の屋根にもグレイッシュグリーンを塗って、雰囲気を落ち着かせた。
210919s11
 
ミニネイチャーは必要最小限のつもりでいたが、やり始めるといろんなところが気になって、結果的には結構植えていた。
これにて、エンドレス外側の地面作りは終了。
(掲載写真は久しぶりにEOS7Dで撮影。やっぱり、写真は、"カメラ"で撮るもんだねぇ)

| | コメント (0)

2021.09.12

S1ブロック改:山の緑化(#7-草植え)

9/11(土)〜9/12(日)、山の草植えを実施。
植樹が終わり、残すは、miniNatur(ミニネイチャー)による草植えのみ。木の根元にはミニネイチャーを使うような草は生えていない(生えていても、もったいないので使わないけど)ので、斜面(崖)のふもと(=擁壁の上)あたりが植える場所。
210912s11
 
値段は高いが、ホンモノらしさは相変わらず秀逸。最近の「草」の素材/製品をよく知らないが、コイツを超えるのはなかなか厳しいかと。葉を束ねた「株」単位で植える(接着する)という作業スタイルなので、粉や粒が周りに散って汚れるようなことがないのも、個人的に気に入っている。
山の緑化は、コレでおしまい。

| | コメント (0)

2021.09.05

S1ブロック改:山の緑化(#6-木の作製/植樹)

9/4(土)及び9/5(日)、木の作製と植樹を実施。
前回作業で山の植樹の主要なところは終わったが、一部にやや目立つすき間が残っていたため、小木を植え足して補った。斜面(崖)などにも数本植えて、見た目に変化を付けてみた。
210905s11
これにて、山への植樹は終了。シーナリー作りの最後の大仕事(?)だったが、そこそこ満足な出来。

| | コメント (0)

2021.09.04

2021年8月のにゃあ太

今年の8月は、世の中が最も夏休みを楽しみそうな中旬に、台風が来たり前線が停滞したりで雨が続くという、変な天気だった。ま、個人的には、新型コロナウイルスのお陰で、今年も旅行の予定はなく、天気なんてどーでも良かったけど。
にゃあ太はどうかと言うと、さすがに雨の日は諦めるが、天気が良い日は、やったら暑い中、朝、昼、夕と1日3回お出掛け。
 
2108nyata01
チョット避暑地の雰囲気
 
2108nyata02
蚊取り線香の消費がやたらに早い
 
2108nyata03
足取りも軽く
 
我々飼い主どもとしては、特に真昼の炎天下の散歩が厳しく、まさに熱中症との闘い。そんな飼い主の苦労を横目に、にゃあ太は木陰で涼しい顔、というパターンの多いこと。
にゃあ太の外出は「セミ狩り」や「カナヘビ狩り」が目的で、ウロウロ探し歩いて見つけられないと、さっさと日陰に入って横たわり、その内お昼寝が始まってしまう。自然の風の方が気持ちが良いのかもしれないけど、昼寝するなら、家の中でお願いしたいねぇ
 
2108nyata04
ん? セミか?
 
2108nyata05
夕日がだんだん柔らかくなってきた
 
2108nyata06
除湿剤を枕に、お昼寝

| | コメント (0)

2021.08.29

S1ブロック改:山の緑化(#5-木の作製/植樹)

8/28(土)及び8/29(日)、木の作製と植樹を実施。
葉の素材で主に使っていたNOCHの「Laub」のミディアムグリーン(?)を使い切り、オンライン購入しようとしたら在庫切れという状況に陥ったが、輸入品の入荷をボ~っと待っているつもりはなく、手元に残っているLaubのダークグリーン(?)を使って、作業を続けることにした。
マットメディウムで枝に接着した後、タミヤエアーモデルスプレーのダークグリーンを吹いて色を調整。結果として、色が合わないというような問題は特になく、逆にコッチの方が落ち着いた感じで良いかも
210829s11
「斜面(崖?)の上の縁を木で隠す」という最初の目標に向けて、大小10本の木を植え、山の緑化の初期段階は終了。

| | コメント (0)

«S1ブロック改:山の緑化(#4-木の作製/植樹)