« S6ブロック:草 | トップページ | 6004レ ゆうづる4号 »

2005.04.10

S2ブロック:駅舎

0410 駅舎の作成を実施中。

駅舎は、ヒルマモデルクラフトのストラクチャーキット「小さな駅(瓦)」を使用。このキット、評判通りの正確な作りで、側板と妻板との組合せや、取付け穴の位置等もピッタリで、やろうと思えば、1日でできてしまいそうである。

ただ、ディティール的には、「このままじゃ、チョットなぁ・・・」とやや気になる点もある。この辺りは、どこまでガマンできるか/許せるかで、個人差があるが、私の場合、駅舎の壁の板の表現がガマンできなかった。メーカとしても気を使って、下見板風にスジは入れているのだが、どうも立体感に乏しい。

ということで、エコーモデルのSTウッドを使って、下見板のリアル化作業を行っている。

作業内容は単純で、2mm幅程度のSTウッドをスジに沿って貼り重ねるだけ。ただ、この作業、思ったほど楽ではない。現在、妻板1枚が終わり、側板1枚に取り掛かったところだが、もはや、うんざりという気分である。

とは言うものの、この手の地道な作業は、シーナリー作りには珍しいものではなく、その度に「なぜ、こんなことに苦労しているのだろう?」と自問してしまうが、答えは決まっていて、「自分を納得させるため」なのだ。自己満足&自己陶酔、それが趣味ってものなので。

|

« S6ブロック:草 | トップページ | 6004レ ゆうづる4号 »