« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.30

全般:電気関係

C-Denkihaisenたまには、シーナリーから離れて、他の話を。
とは言っても、当レイアウトの電気関係は、非常にシンプル/初歩的なもので、特筆すべき点はあまりない。系統としては、レールへの給電、ポイントマシンへの給電、コントロールボード上でポイントの開いている方向をLED表示するためのポイントマシン補助接点への配線の3系統がある。
運転制御は、伝統的なデュアルキャブコントロール方式を用いており、2列車同時運転が可能である。最近は、DCCが話題だが、当レイアウトへの導入予定は特に無い。
ポイントマシンは、天賞堂製の電磁式タイプで、20年前に製作した第1次組立式レイアウト時に購入したものを使っている。モーター式の方が実感的で良いが、まぁ、実用上は問題ない。
このポイントマシンには、補助接点が2ヶ所(2種類)あるが、1つは線路(ポイント)側の電気的な接続の補助に使用し、もう1つはコントロールボード上のLED表示のスイッチとして使っている。そんなに大きなレイアウトではないので、背伸びして眺めれば、ポイントがどちらに切り替わっているかはわかるだろうが、カッコイイので、採用した。おかげで、配線工事の作業量は、かなり増えたが。
さて、これら3系統の配線は、ポイントのあるA~Dの4ブロックに集中しているが、当レイアウトの特徴として、ボードの下の余裕がわずか5mmしかないという事情があり、そこに如何にうまくコードを引き回すか、配線時は苦労した。
写真は、Cブロックの背面だが、ご覧のような有様である。やけに、余計な木の板があるように見えるが、実は、フレキシブル線路をボードにスパイクすると、ボードが薄い(2mm)ため、スパイクの先端が裏に出てしまう。それを受け止めるために、これらの木の板が貼り付けられている。
我ながら、よくもまぁ、こんな狭いスペースに配線したものである。

|

2005.07.24

S3ブロック:樹木の作成

050724S3山に植える樹木の作成に着手。
木の幹/枝には、光栄堂の「フラワーツリー」というドライフラワーを白く塗装したものを使用した。本当は、オランダフラワーが良いのだろうが、私の周辺では見当たらないので、あきらめた。
作成は、まず、先端に付いている花をハサミでカットし、次に、枝(というか茎というか)を、想定した木の高さに合わせて切り、木に見えるように数本を束ね、タミヤのマスキングテープでとめた。
この後は、マスキングテープの部分をパテで塗って幹らしくし(写真は1本だけ実施)、枝/幹の塗装、葉の接着という作業が続くが、まだまだ数が足りないので、まずは現在のレベルのものを量産する予定。
ところで、この「フラワーツリー」に使われているドライフラワーだが、花屋で探したところ、「ソフトミニカスミ」という名前で売っているのを見つけた。正確には比べられないが、価格は5分の1程度。すかさず購入したのは言うまでも無い。

|

2005.07.23

2D北斗2号

hokuto2大学生の頃、夏と言えば、北海道に撮りに行っていた気がする。今や、学生時代と比べ物にならないほど短い夏休みも、完全に休めたことがない...
そう言えば、この写真を見て思い出したが、マイクロエースのHOゲージDC183系は、いつ発売されるのだろう?
1986年7月31日、大沼-仁山(函館本線)にて。
カメラ:CanonF-1 レンズ:80-200mm シャッター速度:1/250 絞り:5.6 フィルム:コダクローム64

|

2005.07.18

S3ブロック:地面の草植え

050718S3地面の草植えの続き。
とにかく最後まで草植えを終わらせようと、山肌の残りの部分に、ターフを撒いた。山間の駅のような雰囲気は出てきた気がする。

|

2005.07.16

S3ブロック:地面の草植え

050716S3地面の草植えの続き。
前回予告(予言?)した通り、とりあえず終わったつもりの部分がいろいろと気になり、さらに化学雑巾雑草やターフ等を追加したり、修正したりと、足踏み状態。眺めれば眺めるほど、いじればいじるほど、気になって手を加えようとするので、始末が悪い。全然先に進まないのもよろしくないので、山肌部分へのターフ撒きも実施。
実は、この山の部分には木を植える予定で、どういう手法で作成するかを検討している。今のところ、ドライフラワーを使おうと考えているが、お恥ずかしいことに、今まで作ったことがないので、チョット悩み中。
話は変わるが、TOMIXのサイトで、EC455/475系の今冬発売が掲載されていた。古き良き東北本線をイメージしている当鉄道にとっては、朗報!

|

2005.07.09

S3ブロック:地面の草植え

050709S3地面の草植えを開始。
いつものように、化学雑巾やターフ/コースターフ等を木工用ボンドで接着していく。この辺りの作業は、もはや手馴れたものだが、少しでもホンモノっぽく見せるために凝ってしまうので、なかなか進まない。S2ブロック側の比較的な平らな部分について、とりあえず終了。後で、いろいろと調整/修正するだろうが。

|

2005.07.03

S3ブロック:地面&ホーム塗装

S3050703C地面とホームの塗装を実施。
地面は、薄めたバフで一通り塗装。ここの地面は、未舗装道路のような乾いた地面ではなく、山肌が中心になるので、この後、フラットアースやフラットブラウンで上塗りを行う。一方、プラットホームは、薄めたデザートイエローで軽く塗装。後々、S2ブロックも含めてウェザリングを施すことになるが、今のところはこれで終了。

|

2005.07.02

S3ブロック:地表面作り

S3050702発泡スチロールで作った地面のベースに、紙粘土を擦り付け、地表面作りを実施。今回の地面に道は無く、ほとんどが草に覆われる予定だが、念のため、歯ブラシで表面をザラザラにしておいた。
今年の4月に、ブログに作成日誌を載せた時から、週に最低1回は更新しようと決めたが、最近は、ネタが現在進行中の話が中心になってきたため、さすがに厳しい。まぁ、逆に考えれば、サボり防止になっているが。

|

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »