« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.28

S2ブロック:駅舎(窓と扉の自作)

050828S2駅舎の窓と扉について、自作の続き。
作業途中で窓の多さを再確認して、安易な自作着手に一瞬後悔したが、もはや後戻りするわけにも行かず、両面テープ付きのSTウッドを、ひたすら塩ビ板に貼り付けた。
とりあえず、扉と普通の窓については作成終了。小さな窓は・・・はめ殺しということにしよっかな。

|

2005.08.21

S2ブロック:駅舎

050821S2駅舎の閉め切った窓を眺めて、「どう見たって、エアコン完備の建物には見えないよなぁ」と、その不自然さが気になり、窓を開けた状態への改造に着手。
まずは、プラスチックの窓枠を半分にカットしようとしたが、作業途中で見事にポッキリと折れてしまった。
ならば!と、STウッドと塩ビ板による自作に方針転換。両面接着テープを裏に貼ったSTウッドを細く帯状に切り出し、塩ビ板に貼っていくという、宮下洋一氏の手法で作成した。
キット付属のプラスチックの窓枠に比べると「雑」な感じになるが、駅舎全体の雰囲気からは、むしろこちらの方が良いような気がする。立体感も出てくるので、扉も含めて、全て作り変える予定。
まぁ、とにかく、列車を待つ人々もこれで少しは涼しくなっただろう。

|

2005.08.16

S2ブロック:駅舎

050816S2木を植えた際、駅舎がみすぼらしく見えたので、久しぶりに、駅舎作りを実施。
まずは、側板、妻板等を箱組み。側板と妻板の接合部が見苦しいので、0.5mm厚バルサ板で隠した。
次に、窓や扉の取付けで、唯一つ残っていた駅入り口扉の取り付けを実施。そのままでは扉を締め切った状態になって暑苦しく見えるので、扉を中央でカットし2つに分け、扉が開いた状態に見えるよう重ねて接着したものを、取り付けた。(窓についても、開けた状態にすべきだった。そのうち、改造しよ!)
続いて、屋根作り。取外し式にするため、屋根のベースとなるボール紙に、取付け時のズレ防止用のバルサ板を接着。ボール紙の切り口の見映えが今一つなので、0.5mm厚バルサ板で目隠し。ベースが出来たところで、エコーモデルの平瓦、棟瓦、鬼瓦を接着。
まだまだ、ひさし等パーツの取付けや、塗装、ウェザリング等が残っているが、前に比べると駅舎らしくなってきた。

|

2005.08.15

S2&S3ブロック:植樹

050814S2-2木の出来が予想より良く、レイアウトに植えると立体的な視覚効果が増すので、調子に乗って、S2ブロックに全部で6本の木を植えた。
当レイアウトは床にへばりつくような形態なので、シーナリー作りでは垂直方向の立体感を出すのが課題だが、木はそれに役立つようである。
葉を接着するところまで作った木が5本残っていたので、S3ブロックにも植えてみた。
050814S3こちらは山肌への植林なので、大小の木をやや密集させて植えていかないと実感的に見えないようだ。しばらく、木の作成が続きそうな予感。

|

2005.08.14

S2ブロック:記念(?)植樹

050814S2昨日作成した木を、早速、レイアウトに植えた。
記念すべき当鉄道1本目の木を植えたのは、S2ブロックの駅舎の脇。ここは、S2ブロック作成当時から、木を植えることを何となく想定していたところ。私の勝手な思い込みかもしれないが、駅舎の脇には必ず木が立っているイメージがある。もう少し大きな木の方が似合ったようにも思うが、う~む、なかなか良いじゃん!
(それにしても、いい加減、駅舎も完成させねば。)

|

2005.08.13

S3ブロック:樹木の作成

050813S3ここ数日、木の葉の接着を実施中。
葉の表現には、オランダフラワーのように枝に葉が付いているようなものならば、ターフを上から振り掛ければ良いのだが、今回の木のベースは枝だけなので、ターフでは粒が細か過ぎる。
そこで、ターフより粒の大きいフォーリッジのスポンジ粒を使うことを予定していたが、たまたま模型店で見かけたNOCHのLeavesが良さそうに感じ、まずは、Leavesを試してみることにした。

スプレー糊を木の枝に吹いてLeavesを接着。少々、色が派手だが、なかなか良い感じ。
しかし、次の日に枝をたたくと、接着力が不足しているのか、パラパラとLeavesが落ちてしまう。また、Leavesのサイズが少々大きく、チョット、オモチャっぽい。
ということで、再検討。

元の案に従って、フォーリッジを使用する方法を試す。
接着剤には、スプレー糊はやたらとベトベトするので使うのをやめ、木工用ボンドを使うことにした。実施した作成手順は、以下の通り。

1)フォーリッジからスポンジ粒をほぐす。
2)木工用ボンド水溶液を、枝にスプレーする。
3)爪楊枝を使って、木工用ボンドを枝に塗りつける。
4)フォーリッジのスポンジ粒を、枝に付ける。
5)スポンジ粒がボロボロ落ちそうなので、木工用ボンド水溶液をスプレーする。
6)色を落ち着かせるため、緑褐色のターフを振りかける。

出来上がりは、まぁ合格点をあげられるレベルなので、この方法で木を作ることにする。


|

2005.08.11

S3ブロック:樹木の作成

050811S3山に植える樹木の作成の続き。
前回7/24の記事のように、「フラワーツリー」をマスキングテープで束ねて、パテで幹の部分を塗り、21本を作成。
続いて、枝と幹の塗装をタミヤの缶スプレーで実施。枝や幹の色というとイメージは「茶色」だが、本物を観察すると、もっと黒っぽい感じがする。ということで、色はダークアースを選択。
塗る前がプラスチックでできた木のようだったため、塗った後は、だいぶ本物らしくなった。季節の設定が、晩秋~冬だったら、これで完成だけどなぁ。

|

2005.08.10

9162レC62ニセコ

c6202夏の北海道シリーズ(?)。
実はSLファンではないのだが、あの迫力は忘れられない。
1988年8月8日、小沢-倶知安(函館本線)にて。
カメラ:CanonF-1 レンズ:80-200mm シャッター速度:1/250 絞り:5.6 フィルム:コダクローム64

|

2005.08.03

レイアウト運転

050803unten昨年の7/4以来のレイアウト運転を実施。
紀勢本線の非電化区間を旅行してきたばかりなので、今回はDL中心に運転した。
コントロールボード上のLEDの一部に点灯不良があったが(実は昨年も同じ症状だったが、修理していない・・・)、線路、ポイントマシン、スイッチ類には特に異常は無く、運転を楽しめた。ただ、蒸し暑い中の準備&片付けは、かなり、きつかった。やっぱり、固定レイアウトが欲しいなぁ、と思う今日この頃。

|

3002D南紀2号

nanki02つい先日、新幹線&「ワイドビュー南紀」で紀伊勝浦近辺を旅行した。紀勢本線に行ったのは、この写真を撮って以来、15年ぶりのこと。さらに、この写真の時は、横浜からクルマで行ったので、列車乗車は今回が初めて。今回乗車したDC85系は、外観、内装、乗り心地等がなかなか良く、気に入った。JR化後の車輌なので、我が天ヶ谷鉄道には原則として入線しないが、プラ車両で発売されたら、悩みそう。
1990年3月21日、大内山-梅ヶ谷(紀勢本線)にて。
カメラ:CanonF-1 レンズ:135mm シャッター速度:1/250 絞り:4 フィルム:コダクローム64

|

2005.08.02

全般:コントロールボード

controlboard前回の電気関係に関連して、コントロールボードの話。
電気関係と同じく、非常にオーソドックスなもので、そういう意味では初心者でも簡単に扱えるだろう。
運転関係では、基本的に6Pのトグルスイッチを使い、No.1とNo.2のパワーパックを切り替える。ヤードとそれにつながる駅の内側側線については、写真でもわかるように、4つの押しボタン付きスイッチを使って、さらにNo.3、No.4のパワーパックも使える。このスイッチは、第1次レイアウトで使用していたもので、本レイアウトの規模では使う必要はないと思うが、もったいないので使ったというのが、正直なところ。
ポイントマシンの切替は、写真の赤いテスタ棒で、ボード表面のネジの頭をチョンと触れて通電するという方式を採用した。火花が飛んだりするが、操作は簡単で、動作も確実である。
なお、ポイントの開通方向は、ネジの横に見える緑色のLEDの点灯によって示される。
コントロールボード自体は、木板とアクリル板でできているが、木の部分は第1次レイアウト時に作成したものをそのまま使っている。その他、トグルスイッチ、テスタ棒、コネクタ等々、ほとんどが第1次レイアウトのリサイクル品である。

|

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »