« S2&S3ブロック:植樹 | トップページ | S2ブロック:駅舎 »

2005.08.16

S2ブロック:駅舎

050816S2木を植えた際、駅舎がみすぼらしく見えたので、久しぶりに、駅舎作りを実施。
まずは、側板、妻板等を箱組み。側板と妻板の接合部が見苦しいので、0.5mm厚バルサ板で隠した。
次に、窓や扉の取付けで、唯一つ残っていた駅入り口扉の取り付けを実施。そのままでは扉を締め切った状態になって暑苦しく見えるので、扉を中央でカットし2つに分け、扉が開いた状態に見えるよう重ねて接着したものを、取り付けた。(窓についても、開けた状態にすべきだった。そのうち、改造しよ!)
続いて、屋根作り。取外し式にするため、屋根のベースとなるボール紙に、取付け時のズレ防止用のバルサ板を接着。ボール紙の切り口の見映えが今一つなので、0.5mm厚バルサ板で目隠し。ベースが出来たところで、エコーモデルの平瓦、棟瓦、鬼瓦を接着。
まだまだ、ひさし等パーツの取付けや、塗装、ウェザリング等が残っているが、前に比べると駅舎らしくなってきた。

|

« S2&S3ブロック:植樹 | トップページ | S2ブロック:駅舎 »