« S2ブロック:駅舎 | トップページ | S2ブロック:駅舎(窓と扉の自作) »

2005.08.21

S2ブロック:駅舎

050821S2駅舎の閉め切った窓を眺めて、「どう見たって、エアコン完備の建物には見えないよなぁ」と、その不自然さが気になり、窓を開けた状態への改造に着手。
まずは、プラスチックの窓枠を半分にカットしようとしたが、作業途中で見事にポッキリと折れてしまった。
ならば!と、STウッドと塩ビ板による自作に方針転換。両面接着テープを裏に貼ったSTウッドを細く帯状に切り出し、塩ビ板に貼っていくという、宮下洋一氏の手法で作成した。
キット付属のプラスチックの窓枠に比べると「雑」な感じになるが、駅舎全体の雰囲気からは、むしろこちらの方が良いような気がする。立体感も出てくるので、扉も含めて、全て作り変える予定。
まぁ、とにかく、列車を待つ人々もこれで少しは涼しくなっただろう。

|

« S2ブロック:駅舎 | トップページ | S2ブロック:駅舎(窓と扉の自作) »