« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.28

Aブロック:プラン検討&バラスト撒布

060528aa前回、レールの塗装はしたものの、作成するシーナリーのイメージがはっきりしない。そこで、厚紙でトンネルポータルを作ってレイアウトに置いてみたが、今一つ、山の姿が見えてこない感じ。単純に作ると、やけに「細い」山ができてしまいそう。う~む・・・
060528abとりあえず、トンネルの内と外で、バラストを撒く範囲はわかったので、セオリー通りの方法で撒いた。毎度のことだが、バラストを撒くと、一気にホンモノらしくなってくる。

|

2006.05.21

Aブロック(開始):レール(塗装)

060521a_1Bブロックの隣、Aブロックについて、シーナリー作成を開始。まずは、レールの両面をエナメル塗料のレッドブラウンで筆塗りした。
Aブロックは、長さ52cmの当鉄道最小のブロックだが、内外の両本線を結ぶ唯一の片渡り線が敷設され、本線半周分の電力供給もここから行われており、運転機能上は重要な役割を担っている。
ここのシーナリー作りのポイントは、Bブロックと同様、「ポイントマシンとコネクタをどのように隠すか」という点にある。Bブロックでの作業の経験からすると、ポイントマシンを隠すには、ポイントマシン自体だけではなく、ポイントと接続された金属線も目立たなくする必要があり、トンネルのような線路を覆う地形/構造体が最適のように思う。
060514aということで、現段階では、Aブロックは両端が山/トンネルとなる予定。ただ、山だけではチョット寂しいので、他にも何か加えて変化を付けたい。どうするかなぁ。

|

2006.05.13

Bブロック(終了):トンネル(塗装等)

060513b1トンネルまわりの塗装等を実施。
まずは、グレー一色でのっぺりしていたトンネルポータルの色を修正。アクリル塗料のグレー、バフ、ブラウン、グリーン等を適当に混ぜて筆塗り。060514b3また、黒く塗っていたトンネル内壁もポータルと同じような色で塗り直した。これで、トンネルポータルと内壁の一体感が増し、以前よりコンクリートらしくなった。
060514b2さらに、山からトンネルポータルへの連続性を上げるため、UNDERBRUSHやターフをトンネルポータルに接着した。
これにて、Bブロックのシーナリー&ストラクチャー製作は終了。製作期間は、2005年9月25日~2006年5月13日。少々時間が掛かかり過ぎのようにも思うが、トンネルや詰所等、初めての作業もあったので、良しとする。
060514b1060514b4

| | トラックバック (0)

2006.05.07

運転会

060507untenb_1昨年8月以来の運転会を実施。
いつものようにカツミ製EF65-500の試運転から始まり、EC455系、EC583系、EF15、EF64-1000、DF50を走らせた。EF15で先輪の脱線があったが、他は問題なく走行した。
レイアウトの線路、電気関係、ポイントマシン作動等については、特に異常はなし。コントロールボード上のLEDの一部点灯不良は従来通り。
060507untend060507untena060507untene060507untenf060507untenc

|

2006.05.05

Bブロック:地面(草植え)

060505b_1地面の草植え作業を実施。
今日は、エンドレスの外側。本物らしさを出そうとすると、どうしても化学雑巾を多用することになるが、単調になるのを避けるため、化学雑巾を小さく切って貼るようにした。効果があったかどうかはよくわからないが、これで、このブロックの草植えは終了。

| | トラックバック (0)

2006.05.04

Bブロック:地面(草植え)

060503ba地面の草植え作業を実施。
今日は、詰所と倉庫の裏に草を植えた。目立たない部分なので、ターフを撒いて地面を覆っておくぐらいで構わないのだが、いざ始めると、いろいろ凝ってしまう。

| | トラックバック (0)

2006.05.02

Bブロック:地面(草植え)

060502ba山の植樹が落ち着いたので、昨年12月以来の草植え作業を実施。
詰所と倉庫が建っている付近を中心に、化学雑巾、ターフ、コースターフ等を使って、草を植えた。
060502bbこれまでは「地面に乗っている」感じの詰所と倉庫だったが、まわりに草を生やしたことによって、地面との一体感が随分増した。

| | トラックバック (0)

諏訪日帰り旅行

060501a昨日5/1(月)、諏訪方面に日帰り旅行に出かけてきた。ゴールデンウィークの休みが10連休もあって、どこにも行かないのはチョットもったいない。ただ、土日祝日の混雑は避けたいので、平日を狙って出かけた。
060501b諏訪を選んだのは、「在来線の特急列車に乗って日帰りできるところ」という条件だけで、大きな理由はない。他に、常磐線や房総方面等も候補に挙がったが、諏訪地方は、まだ花見ができるという情報を知り、ここに決めた。
060501c普段はクルマを利用するので、中央本線には、夜行の「アルプス」に乗ったぐらいで、昼間に乗るのは生まれて初めてのような気がする。途中の甲府盆地以外は基本的に山岳路線なので、勾配とカーブが連続するが、「スーパーあずさ」は、振り子機構の威力を発揮して、「こんなに飛ばして大丈夫?」と思うほどの高速で駆け抜ける。
060501d諏訪では、桜の名所の水月公園、諏訪大社、高島城等をブラブラと歩いて見て回った。諏訪と言えば温泉だが、上諏訪駅には「足湯」がホームにあり、帰りの列車を待つ間、のんびりつからせてもらった。
060501e初夏のような陽気で少々暑かったが、天気に恵まれ、なかなか楽しい小旅行となった。

|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »