« 北陸の485系(その2) | トップページ | 羽越本線-1982年4月(その1) »

2006.07.03

Aブロック:山(骨組み)

060702a_1昨日7/2(日)、山の骨組みの作成を実施。
3mm厚バルサ板を使って、山の骨組みを作成。山肌は、Bブロックと同じように、発泡スチロールと紙粘土で作るので、「発泡スチロールを乗せる台」を作っていく。固定レイアウトの山に比べると、異様な感じだが、ポイントを隠すトンネル部分を取外し式にすることも影響して、このような箱状になる。
今回は、エンドレス外側と、Bブロック側トンネル上の山について、作成終了。

|

« 北陸の485系(その2) | トップページ | 羽越本線-1982年4月(その1) »