« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.27

Aブロック:山等(地肌作り)

060827a紙粘土による地肌作りの作成を開始。
前回までに作成したベースの発泡スチロールに、紙粘土を薄く伸ばして擦り付ける。今回使った紙粘土は、近所の100円ショップで買った子供向けのものだが、やわらかくて、発泡スチロールによくなじみ、なかなか使い勝手が良かった。
山、エンドレス外側、エンドレス内側について、一通り作業終了。

|

485系「雷鳥」撮影旅行記(その4)

午後はフリーキップのメリットを活かし、乗車に専念することに決定。
まずは、とにかく涼しいところでのんびりしたかったので、359Mで牛ノ谷から加賀温泉に戻り、加賀温泉発14:25の「しらさぎ7号」に乗車。
683系に乗るのは初めてだったが、さすがに新しい車両の乗り心地は良く、一般の乗客にしてみれば、同じ料金で485系に乗せられるのは、納得がいかないかもしれない。

Usi019_115:28、終点の富山に到着。
まだまだ時間に余裕があるので、高山本線に乗ることに。フリーキップ区間としては猪谷まで乗れるが、本数が少なく戻るのに時間が掛かりそうなので、途中の越中八尾まで行くことにした。
高山本線の乗り場の3番線ホームは、ホームの端におまけで付いているような小さなもの。隣の北陸本線と比べると、同じ「本線」なのに、まるでローカル私鉄のように見える。

Usi020_116:05、猪谷行き858Dは富山を発車。車両も、オモチャのようなレールバスタイプの2両編成。
利用者は大していないのだろうと思っていたが、意外に客は多く、席はほぼ埋まった。途中の駅でも、客の乗り降りが結構あって、一応、地域の足として成り立っているように見える。

Usi021越中八尾には16:25頃到着。半分ぐらいの客がここで降りた。どうやら、このあたりまでが富山の都市圏のようだ。
越中八尾駅は、典型的な非電化ローカル線の主要駅という感じで、駅舎や跨線橋が良い雰囲気を醸し出していた。
猪谷まで行けば良かったなぁと後悔しつつ、越中八尾発16:47の863Dで、富山に戻る。

Usi022金沢へは、のんびりと、富山18:03発の普通446Mで戻ることにした。
が、お盆休みの真っ只中なのに、意外に会社帰りのサラリーマンが多く、475系3両編成は、立ち客が出るほどの混みようになり、ボックスシートで「のんびり」という感じではなくなった。
途中の高岡に18:20頃到着。ここで、「しらさぎ16号」と「はくたか82号」に抜かれたが、どちらの自由席もガラガラ。
窮屈に乗っているのがバカらしくなり、次の特急で戻ろうと、ホームに降りる。ベンチに座って待っていると、高岡止まりの列車入線のアナウンスが流れ、振り向くと国鉄色の475系が入ってきた。
これはラッキー!

Usi023高岡発18:47の「北越8号」で金沢へ。
乗ったのは、6号車クハ481-1027。なつかしい簡易リクライニングシートだった。「雷鳥」の485系はなくなっても、「北越」は残る。国鉄色に戻してくれると良いのだが。

Usi024金沢に着くと、すかさず、金沢19:40発の「雷鳥48号」を撮りにホームを移動。
それにしても、485系を、コレほど近くで眺め、ホームに三脚を立ててじっくり写真を撮るのは、一体、何時以来のことだろう?

Usi025発車時刻ギリギリまで写真を撮り、三脚の脚を伸ばしたまま、「雷鳥48号」に乗り込む。
廃止されるまでにはまだ時間があり、もしかするとチャンスがあるかもしれないが、現実的には485系「雷鳥」に乗るのはコレが最後になる可能性が高い。

Usi026名残惜しかったが、加賀温泉で下車。
20:27発の「しらさぎ13号」で、再び金沢へ戻る。

今朝と同じように金沢駅構内のコンビニで夕食(おにぎり等)を買い、ホームのベンチで食べる。学生時代もそうだったが、撮影旅行の時の食事は質素、と言うか貧しい。
「日本海1号」等を見送りながら、「北陸」を待つ。

Usi027発車30分前の21:45頃、富山側から「北陸」が推進運転で入線。
それにしても、客車寝台に乗るのは思いっきり久しぶり。電車寝台は、昨年、「サンライズ出雲/瀬戸」に乗ったが、客車の特急寝台列車となると、中学時代に乗った「みずほ」以来である。

Usi028乗車したのは、7号車16番下段。
時間が遅いので、寝台は既にセットされている。
靴を脱いで、早速、自分の席に潜り込む。やっぱり足を伸ばせるのは楽だ。「能登」から変更して正解だった。

Usi02922:18、「北陸」は定時に金沢を発車。
まだ眠るには時間が早く、外を眺めていたいところだが、個室ではないのでガマン。
車内放送によると、今日は満員とのこと。
混雑する時期ではあるが、これだけ乗車率が高ければ、東海道のブルトレのような悲惨な状況には、まだまだならないような気がする。

Usi030長岡での運転停車までは何となく起きていたが、その後の上越線内は寝てしまったらしい。
大宮到着の少し前に、おはよう放送が流れる。カーテンの隙間から外を覗くと、雨が降っていた。

Usi0316:19、上野駅14番線に到着。
早朝のためか、地平ホームにはほとんど人の姿が見えなかった。

|

2006.08.22

485系「雷鳥」撮影旅行記(その3)

Usi012上りに非パノラマ編成が来てくれないので、下り列車の金沢方先頭車を撮影。
編成全体が逆ならば、苦労しないのに...

■4005M 雷鳥5号
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:65mm シャッター速度:1/1000 絞り:8.0 ISO:400
----------------------------------------------------------
Usi013_1そして、ついに、非パノラマ編成が登場!
20年前に訪れた時とほぼ同じ姿に、「特急ってのは、コレのことを言うんだよなぁ」と呟きながら、シャッターボタンを押す。

■8016M 雷鳥84号
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:90mm シャッター速度:1/1000 絞り:5.6 ISO:200
----------------------------------------------------------
Usi014最近、国鉄色塗装が復活した475系。
485系と同等の40年近い車齢だが、急行から普通に転身して、485系より長生きできるようだ。

■336M
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:88mm シャッター速度:1/500 絞り:5.0 ISO:100
----------------------------------------------------------
Usi015下りの非パノラマ編成を後追い撮影。
個人的には、後追いは邪道と思うのだが、致し方ない。
結局、順光で撮れた非パノラマ編成は、雷鳥84号とこの雷鳥13号だけだった。

■4013M 雷鳥13号
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:75mm シャッター速度:1/1000 絞り:5.0 ISO:200
----------------------------------------------------------
Usi016最高速度160km/hを誇る681系だが、既に生産は打ち切られ、後輩の683系に主役の座を譲っている。

■4024M サンダーバード24号
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:75mm シャッター速度:1/1000 絞り:5.0 ISO:200
----------------------------------------------------------
Usi017今日は8月15日。お盆休みの真っ最中のため、「臨時雷鳥」の設定が多い。
期待したが、来たのはパノラマ編成だった。

■8018M 雷鳥86号
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:85mm シャッター速度:1/1000 絞り:5.6 ISO:200

車両側面に光が当たらなくなり、炎天下にいるのもかなり辛くなってきたので、ここで撮影を終了し、牛ノ谷駅に戻る。
午後は、隣の細呂木駅に移動して、撮影を続ける予定だったが、暑さにバテてしまったので、予定を変更することに決定。
----------------------------------------------------------
Usi018下りの普通を待つ間に、牛ノ谷駅のホームから「臨時雷鳥」を狙う。
またも、パノラマ・・・

■8020M 雷鳥88号
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:105mm シャッター速度:1/1000 絞り:5.6 ISO:200

※(その4)に続く

|

2006.08.20

Aブロック:橋(地面ベース)

060820a曲線側部分の地面ベースを作成。
発泡スチロールを切って削って、骨組みのバルサ板に接着。急遽、橋を架けることに計画変更したため、地形のつながりに、少々、不自然なところもあるが、これで地面ベースの作成は完了。
次は、紙粘土による地面作りに移る。

|

2006.08.19

485系「雷鳥」撮影旅行記(その2)

撮影地は、牛ノ谷駅から細呂木駅方向に10分程度歩いたところにある田園地帯。ここには、20年前の1986年4月3日に訪れているが、田圃の中の直線で、平凡な写真しか撮れない。ただ、今回は『記録』が目的なので、編成がキレイに撮れるこの場所を選んだ。
ここは東北から南西に向けて線路が走るため、上り列車がメインの被写体になるが、その正面となる大阪方の先頭車両1号車クロ481には、間抜け面(注:個人的見解)のパノラマグリーン車と、オリジナルの非貫通型(非パノラマ)の2種類が存在する。
当然、撮りたいのは「非パノラマ」なのだが、パノラマ=6編成に対して、非パノラマ=4編成と、運用上では分が悪い。

Usi005ということで、まずは、パノラマ編成が登場。
久しぶりに国鉄色の長編成を目の当たりにして、しばし、見とれた。

■4012M 雷鳥12号
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:85mm シャッター速度:1/1000 絞り:5.0 ISO:200

Usi006485系引退後は、北陸本線を席巻する683系。
国鉄特急全盛期を思わせる堂々の11連だが、これを撮るために、わざわざ北陸まで来ることはないだろう。

■4M しらさぎ4号
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:105mm シャッター速度:1/1000 絞り:6.3 ISO:200

Usi007「寝台列車と言えば『青』」という時代に長く生きたため、どうもこの色には違和感が...
今回撮影した機関車はコレだけだった。

■8002レ トワイライトエクスプレス
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:95mm シャッター速度:1/800 絞り:5.0 ISO:100

Usi008とにかく683系はいくらでも来る。

■4014M サンダーバード14号
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:105mm シャッター速度:1/800 絞り:7.1 ISO:200

Usi009本来の運用では、非パノラマ編成が使用される「雷鳥16号」。しかし、来たのは...
光線状態が良い時間帯だけに、残念無念!

■4016M 雷鳥16号
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:120mm シャッター速度:1/1000 絞り:5.6 ISO:200

Usi010本当にいくらでもやってくる683系。

■5051M しらさぎ51号/5056M しらさぎ56号
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:95mm シャッター速度:1/1000 絞り:6.3 ISO:200

Usi011今だ健在、419系。
改造元の583系から数えれば、車齢は30年を越える。

■422M
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:105mm シャッター速度:1/800 絞り:6.3 ISO:200

※(その3)に続く

|

2006.08.17

485系「雷鳥」撮影旅行記(その1)

以前にも本ブログで記載したが、485系「雷鳥」が今年度末で廃止との情報がある。
「コレは黙って見過ごすわけにはいかん!」と、実に16年振りの写真撮影旅行を決意し、8月14日(月)、2泊3日の旅に出た。2泊3日といっても、前後は夜行列車の車中泊なので、実質は8月15日の一日だけだが。
Usi001利用したキップは、「北陸フリーキップ」。しかも、贅沢にグリーン車用キップにして、行き帰りは夜行急行「能登」のグリーン車を利用することを計画。学生時代の撮影旅行も、「ワイド/ミニ周遊券」と「夜行急行の普通車自由席」のセットが定番だったので、形態はあまり変わっていない。
Usi002489系「能登」を見るのは、今回が初めて。1970年代から使われている車両は、随分くたびれている感じだが、「雷鳥」の485系が廃止されると、この489系に注目が集まるのだろう。
23:33、「能登」は上野駅16番線を定刻通りに発車。車内放送で、鉄道唱歌のチャイムが流れるかと思ったら、能登地方の民謡が流れて、ガックリ。
Usi003乗車したのは、4号車サロ489-27。「古いとは言え、特急車両のグリーン車なのだから」と期待していたが、この期待は見事に裏切られた。シートバックが低くて頭を支えてくれず、寝にくい。さらに追い討ちをかえるように、エアコンが耳障りな唸りをあげる。これで6,000円以上のグリーン料金を取るのは、チョット・・・。「帰りもコレは嫌だなぁ~」と思い始める。
Usi004翌朝6:36、金沢駅に到着。昨年1月に観光旅行で訪れた時には気にならなかったが、夏の晴れた日に来ると、このホームの薄暗さは気分を下降させるようで、よろしくない。まぁ、寒い冬の悪天候の下では、威力を発揮するのだろうが。
駅構内のコンビニで、食料や飲み物を購入。再び、ホームに戻り、ベンチでおにぎりをほおばりながら、7:10発の「雷鳥8号」を待つ。コレで加賀温泉駅まで移動し、普通に乗り換えて、牛ノ谷駅に向かう。
9号車クハ481(車両番号は記録忘れ)に乗車。発車前から、車内放送で鉄道唱歌のチャイムが流れ、一気に眠気が覚め、気分が高まる。
加賀温泉駅で普通を待つ間に、みどりの窓口で、寝台特急「北陸」のB寝台が空いているか尋ねると、喫煙車なら空いてるとの返事。足を伸ばして帰りたかったので、すかさず「能登」から「北陸」に変更した。
8:04、牛ノ谷駅に到着。快晴。真夏の日差しが照りつける。
※(その2)に続く

|

2006.08.16

Aブロック:橋(骨組み)

060816a曲線側部分の骨組み作成の続き。
前回までに、エンドレス両側の地形の骨組みはほとんど作成し終わったが、この部分は、トンネル部分と同様に取り外し式にするため、両側の地形をつながなくてはならない。
橋を架けるのだから、当然、つながるのだが、ホンモノの橋のように、橋で橋台同士を結ぶだけでは強度が不足する。そのため、4mm×10mmの角材2本を端から端まで通すような形で、両側の地形をつないだ。
デッキガーダー橋の薄っぺら感が損なわれて、ディティール面ではマイナスとなるが、組立式レイアウトである以上、運用面を第一とした。
そもそも、そんなに出来の良いデッキガーダーは自作できないし...

|

2006.08.14

Aブロック:橋(骨組み)

060814a曲線側部分の骨組み作成の続き。
エンドレス外側の橋台と地面の骨組みを、3mm厚バルサ板で作成。
両側の橋台ができて、何となくイメージが見えてきたが、線路を敷いたり、デッキガーダーを自作したりで、この部分は時間が掛かりそうな予感。

|

2006.08.06

Aブロック:橋(骨組み)

060806a_2最後に残った、曲線側部分の骨組み作成に着手。
3月21日の記事では、この部分も、Bブロック側と同様に、トンネル/山を作成すると書いたが、トンネルばかりではつまらない(と言うか飽きた)ので、プランを変更することに決定。こちら側には、自作ボードはつながらないので、トンネルにすると入口だけで終わってしまい、今一つ、カッコ悪い気もした。
変更後のプランは、単線の線路が、鉄橋で複線の上を跨ぐというもの。この組立式レイアウトでは、全ての線路がボードのベニヤ板に敷設されているので、橋は無い。と言うことで、橋の作成は、初挑戦となる。
今回は、まず、エンドレス外側で、ポイントマシンを隠すように地形の土台を作成。エンドレス内側では、地形の土台と、橋台の一部を作成した。

|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »