« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.31

Aブロック:農業倉庫(箱組み)

061231a年末の大掃除や買い物に追われながらも、夕食後の空いた時間を使って、チョットずつ農業倉庫の作成を続行。
まずは残っていた壁への下見板の貼り付けを終え、次に木工用ボンドで壁を接着し、箱の形に組立てた。
061231a2さらに、屋根のベースを、壁と同じイラストレーションボードで作成。これまで作成した他のストラクチャと同様、屋根は壁に接着せず、取外しできるようにしてある。これは後でインテリア工作ができるように配慮したもの。その工作が実際に実施されるかどうかは、かなり怪しいが。

|

2006.12.24

Aブロック:農業倉庫(壁-下見板)

061224a農業倉庫の壁作りの続き。
STウッドを使って下見板を表現。両面テープを貼ったSTウッドを2.5mm幅に切り出し、2mm間隔で接着する。また、扉や窓の縁取りは1mm角材を使用。
4面の壁全てを完了させたかったが、今週末は年賀状作成という重労働が重なり、中途半端なところで終了。

|

2006.12.17

Aブロック:農業倉庫(壁)

061217a農業倉庫の作成を開始。
草植えを忘れているわけではないが、この季節、暖かい居間でできる作業が好ましいわけで...
まずは、方眼紙でデザインを検討。サイズは、レイアウト全体のバランスを考えて、前回、厚紙で作成したプロトタイプより、一回り小さくした。
壁は、Bブロックの詰所等を作った時に購入したイラストレーションボードがまだ残っていたので、それを使用。このイラストレーションボード、「1mm厚」と書かれているのだが、実測すると1.5mmあるのがご愛嬌(?)。今日は、4つの面を切り出して終了。

|

2006.12.10

Aブロック:エンドレス内側(倉庫)

061210aa_1草植え作業に少々飽きてしまったので、気分転換に、エンドレス内側に建築する予定の農業用倉庫の検討を実施。
以前(10/22)の記事では、試しに紙で作ってみたプロトタイプが設置スペースに対して大き過ぎたので、今回はサイズに注意して作成。ただ、サイズを気にする前に、そもそも農業用の倉庫というものに、今までまともに接したことが無いという根本的な問題があるのだが。
061210ab_1と言うことで、まずはweb上に掲載されている写真等を探してイメージを何となく把握し、厚紙と爪楊枝でプロトタイプを作成。建物の形状に変化を付けるため、倉庫の入口側に大きなひさしも付けてみた。これで、雨天時の農作物の搬入搬出も安心(?)。
レイアウトに置いてみると、コレでもややサイズが大きいようにも感じるが、まぁ、雰囲気は出てきたような気がする。

|

2006.12.03

東北本線(奥中山)-1988年1月

今週末は、土曜日が大阪への出張でつぶれ、さらに寒くて今一つやる気が無くなり、模型のシーナリー作りはお休み。
しかしまぁ、この時期に「寒いから嫌だ」なんて言っていると、これからますます寒くなっていくわけで、「春まで冬眠?!」なんてことになってしまう。学生の頃は、わざわざ雪が降っているところに出掛けて行って写真を撮っていたのに...

528■528レ
1988年1月4日 奥中山~小繋(東北本線)にて
カメラ:CanonF-1 レンズ:135mm シャッター速度:1/250 絞り:5.6 フィルム:コダクローム64

1010m■1010Mはつかり10号
1988年1月4日 奥中山~小繋(東北本線)にて
カメラ:CanonF-1 レンズ:135mm シャッター速度:1/500 絞り:5.6 フィルム:コダクローム64

9102■9102レお座敷みちのく号
1988年1月4日 奥中山~小繋(東北本線)にて
カメラ:CanonF-1 レンズ:135mm シャッター速度:1/250 絞り:5.6 フィルム:コダクローム64

8032m■8032Mはつかり88号
1988年1月4日 奥中山~小繋(東北本線)にて
カメラ:CanonF-1 レンズ:300mm シャッター速度:1/500 絞り:5.6-8 フィルム:コダクローム64

Ka3068■貨3068レ
1988年1月4日 奥中山~小繋(東北本線)にて
カメラ:CanonF-1 レンズ:135mm シャッター速度:1/500 絞り:5.6 フィルム:コダクローム64

|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »