« Aブロック:農業倉庫(瓦屋根) | トップページ | Aブロック:農業倉庫(ウェザリング) »

2007.01.28

Aブロック:農業倉庫(窓)

屋根に続いて、窓を作成。

070128a1ここでは、エコーモデルのエッチング製の窓枠(厳密には「窓桟」だと思うが)を用いることにした。今まで、自作、エコーモデルのプラ製、エッチング製の3種類の窓を作ったが、桟の細さや薄さ等のディティール面では、このエッチング製が優れる。
今回は、妻面と裏面の2つの窓を引違い窓にするため、少々もったいないが、1つの窓に2つの窓桟を使用した。こういう点においては、自作の窓は自由が効いて良いのだが、私の場合、技量が伴わず躊躇してしまう(S2ブロックの駅舎参照...)。

070128a2作成作業は、窓桟に色を塗って、裏に塩ビ板を貼り、建物の窓部分に接着するという流れになる。
色はフラットアースを選択。バフあたりを使って、目立たせても良かったような気もするが。
接着には、接着剤による汚れを避けるため、見た目を優先して全て木工用ボンドを使用した。
隣のBブロックの詰所では引違い窓を表現しなかったため、何となく暑苦しい雰囲気になってしまったが、この農業倉庫は窓も開いていて、中で作業している人も一安心(?)。

続いて、庇を支える柱の残りを作成。
計画では、全部で4本の予定だったが、扉の前は荷物等の搬入搬出のジャマになるので、3本とすることに。

|

« Aブロック:農業倉庫(瓦屋根) | トップページ | Aブロック:農業倉庫(ウェザリング) »