« Aブロック:農業倉庫(塗装) | トップページ | Aブロック:農業倉庫(塗装) »

2007.01.08

鴨川シーワールド日帰り旅行

ゴールデンウィーク並みに長い正月休みなので、どこにも出かけないのはもったいない気がして、昨日1/7(日)、鴨川シーワールドへ出かけてきた。行先の選択は、いつものように「在来線の特急列車に乗って日帰りできるところ」という条件による。

070108a往路は、東京発9:00の「わかしお3号」を利用。強風の影響で、折返し運用の「さざなみ4号」の東京到着が遅れたため、東京発車は9:10頃となった。
070108b車内は小奇麗にまとめられている感じで、乗り心地も含めて快適。ただ、どの列車に乗っても同じような内装ばかりなのは、今一つ物足りなさを感じる。
070108c7、8分遅れて安房鴨川に到着。車内ではわからなかったが、外はかなりの強風。内房線の一部で運転見合わせというアナウンスも聞こえ、帰りが心配になりながらも、送迎バスに乗り込み、鴨川シーワールドへ。
070108dまずは、11:30からのシャチのパフォーマンス。有名なので期待していたが、これが大ハズレ。餌を食べているばかりで、ほとんど何もしない。「いつもはこんなじゃない」らしいが。
070108eシャチの汚名を挽回したのが、12:00からのアシカのパフォーマンス。こちらは異常なほどの芸達者で、一見の価値あり。

鴨川シーワールドというと、シャチやイルカ等のパフォーマンスが目立つ印象だったので、他の一般的な展示は大したことないのだろうと思っていたが、意外と充実している。強風が吹き荒れていて、外に長くいるのは辛い状況だったので、これは助かった。
070108f070108g070108h
070108i070108k070108j
070108l070108q070108m

070108n14:00からのベルーガのパフォーマンスは、単に芸を披露するだけではなく、イルカが音でモノを識別する仕組み等の解説もあって、なかなか良い内容。
070108o最初の計画では、地元の寿司屋で新鮮な海産物を味わって帰ることも考えていたが、予想以上に見るものが多くて、結局最後まで鴨川シーワールドを楽しんだ。
070108p復路は、安房鴨川発16:32の「わかしお24号」。心配していた強風の影響は、京葉線内で徐行運転をした程度で、無事帰着。
次回は、シャチの奮起を期待したい。

|

« Aブロック:農業倉庫(塗装) | トップページ | Aブロック:農業倉庫(塗装) »