« Tomix DC181系:パーツ付け | トップページ | Aブロック:エンドレス外側(草植え) »

2007.03.11

Tomix DC181系:パーツ付け

Tomix:DC181系の後付けパーツ取付けの続き。

070311dc1前回に続き、インレタやシールの貼付けを実施。
毎度のことだが、Tomixのインレタ貼付けは、細かくデリケートな作業が要求され、必要以上に疲れさせてくれる。特に、2桁の車両番号を1桁づつ貼る時が厳しい。コンタクトレンズを付けたままだと、近いものが見難くなってきてるし...虫眼鏡を買ってくるかなぁ。

070311dc2車両番号は、今も「はまかぜ」に使用されている車両への敬意を示し、現役車両の中から、前回記載した1985年8月当時に大ムコ所属だったものを選んだ。
写真でわかるように、7両編成のつもりの5両編成になっている。

070311dc3前回の記事において、この製品の動き(T車の転がり)が悪いとのコメントが寄せられたので、簡単な試運転を行った。
始動電圧は他のTomixのEC/DCと同様に高めだったが、動き自体は滑らかでスロー運転も特に問題はなかった。ウチはM車を含めて5両なので、モータ側に余裕が残っているのだろう。「てんてつ」さんのコメントによると、車軸が台車側のパーツに接触しているのが原因らしい。

DC181系へのパーツ付けは、これにて終了。

|

« Tomix DC181系:パーツ付け | トップページ | Aブロック:エンドレス外側(草植え) »