« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.25

Cブロック:民家A(外壁等)

エンドレス外側の民家Aを作成。

080525c1まずは、2階の壁に、0.5mm厚板で押し縁を作成。押し縁は、作るのに手間が掛かる(私だけかも)が、出来上がりはいかにも民家風になって、効果は高い感じ。
次の1軒も!となると、チョット考えるが...

080525c21階は、雨戸を入れる戸袋を、STウッドや0.5mm厚板等を使って作成。その他、縁側を支える床下の柱等、表面が木材のもの/部分に0.5mm厚板を接着し、外壁はほぼ完成。

週末しか作業できないとは言え、開始から1ヶ月経ってしまった。
残件は、1階居間の障子、玄関と縁側と勝手口の戸、大小8つの窓、1階と2階の屋根、それぞれの塗装とウェザリング、等々...
いや~、家を1軒建てるのは、なかなか大変ですねぇ...って、もう1軒作らないといけないんだよなぁ。平屋にするか?

| | トラックバック (0)

2008.05.18

Cブロック:民家A(内装、屋根)

エンドレス外側の民家Aを作成。

080518c2相も変わらず、民家Aを建築中。
内装は、壁の付け鴨居を茶色の紙で表現して、ほぼ終了。1階和室正面の障子の作成が残っているが、これは他の窓等と一緒にまた後で。

080518c12階の外壁に押し縁を付けるのに、屋根の位置がわからないと作業に入れないため、仮組みして屋根のベースを作成。
屋根が乗って、やっと家っぽくなってきたが、先は長そう...

| | トラックバック (0)

日本民家園

昨日3/17(土)、川崎市多摩区の生田緑地にある「川崎市立 日本民家園」に行ってきた。
古民家が住宅展示場のように並んでいるのを想像していたが、各建物が生田緑地の地形や自然にうまく合わせて配置され、なかなか良い野外博物館だった。
欲を言えば、もう少し新しい、昭和の農家みたいな建物があると、当鉄道のストラクチャーの参考になったのだが。

080516408051620805161080516308051650805166

|

2008.05.11

Cブロック:民家A(内装)

エンドレス外側の民家Aを作成。

080511c1引き続き、内装工事を実施中。
一部の壁は、組立ても実施。ようやく、建物を作っている気分になってきた。

080511c21階の天井や2階の壁も仮組みして、設置場所に置いてみる。まだ屋根が無いので今一つな感じだが、とりあえず雰囲気は良いかな。

| | トラックバック (0)

2008.05.06

Cブロック:民家A(内装)

エンドレス外側の民家Aを作成。

080506c1_2外壁がほとんどできたので、いつもならば次は箱に組んでいくのだが、今回は、その前に、家の中の壁や床の作成を実施。

080506c2壁や板張りの床は、画材店で買ってきた模様付きの紙を使用し、畳や襖は、PC上で描いたものを印刷して貼り付けた。
なるべく簡単に済ませようとしているつもりだが、手間が掛かる割りに進捗が少なくて、嫌気が差してきた...

| | トラックバック (0)

2008.05.04

Cブロック:民家A(外壁)

エンドレス外側の民家を製作。
(遅ればせながら、この民家を「民家A」と呼ぶことにする。)

080504c1民家の外壁をコツコツと作成中。
まずは、窓や勝手口の扉を切り抜き、0.5mm厚や1mm厚の板材を使って、窓枠を作成。
続いて、恒例(?)の下見板の貼り付け。

080504c2いつものように、2.5mm幅のSTウッドを2mm間隔で重ねながら接着したが、今回は民家らしくするため、さらに押し縁も表現することに。
0.5mm厚の板材を0.5mm幅に切り出して、せっせと接着。不器用なもので、やたら時間が掛かってしまった。

2階の妻面や正面の壁も押し縁を接着する必要があるが、1階の屋根との重なり具合が組み立ててみないとわからないので、後回し。設計図をしっかり書いてから作り始めれば良いのだ!と毎度思うのだが、なかなかねぇ...

| | トラックバック (0)

2008.05.01

南武支線(浜川崎、川崎新町)-2008年5月

好天続きのゴールデンウィーク。
家に籠っているのは、もったいない。たまにゃ、実物の写真でも撮りに行くか!と計画。
ただ、私の場合、幼少の頃から一貫して、「国鉄型長編成的幹線系」が撮影対象なので、なかなか手頃な撮影地が見つからない。
夜行列車は壊滅的だし、JR東日本の新製車両は今一つ好みじゃないし...
で、web上であちこち調べた結果、国鉄型電機が比較的効率良く撮れる、南武支線に決定。
3月の改正を反映したダイヤグラムもgetできたので。

080501el1最初の撮影ポイントは、浜川崎駅近くの踏切。
南武支線に乗ったのは今回が初めてだが、川崎の近くに、こんなローカル駅があるとは驚き。

080501el2■5066レ
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:55mm シャッター速度:1/400 絞り:5.6 ISO:100

080501el3■3072レ
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:55mm シャッター速度:1/400 絞り:5.6 ISO:100

080501el4長編成がきれいに収まるものの、背景が今一つで、撮影場所も狭くて落ち着かず、さらに下り列車がまともに撮れないので、早々と川崎新町へ移動。ここもまた、何とものんびりした駅。

080501el5■5582レ
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:34mm シャッター速度:1/640 絞り:6.3 ISO:200

080501el6■1155レ
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:67mm シャッター速度:1/640 絞り:5.0 ISO:200

080501el7■2090レ
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:80mm シャッター速度:1/640 絞り:5.6 ISO:200

080501el8■3064レ
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:85mm シャッター速度:1/640 絞り:6.3 ISO:200

080501el9■5771レ
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:67mm シャッター速度:1/640 絞り:5.6 ISO:200

080501el10■5052レ
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:85mm シャッター速度:1/640 絞り:6.3 ISO:200

080501el11■5286レ
カメラ:Canon EOS KissD レンズ:67mm シャッター速度:1/640 絞り:6.3 ISO:200

掲載した写真以外にも数枚撮影したが、最も国鉄らしさが残っていたのは、EF64-1000。次点はEF66だが、特急マークが付いて無い姿は、何とも不細工。そもそも、はずす理由がわからん。貨車もタンクやコンテナで統一されて、昔の雑多な雰囲気は皆無。
でも、電機に牽引された列車は、やっぱりイイ感じ! 客車列車が消滅しようとしている今、望みは貨物列車のみ。ガンバレ、JR貨物!

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »