« Cブロック:民家A(屋根、玄関等) | トップページ | 感謝、感謝のアクセス数50,000件突破 »

2008.06.07

「エコーモデル・その世界」展

丸善・丸の内本店で開催中の「エコーモデル・その世界」展に行ってきた。

0806071会場には、エコーモデルの各製品やそれら製品を活用した多数のジオラマ等が空間的に余裕を持って展示されており、会場自体の落ち着いた雰囲気と相まって、まるで美術館の絵画展のように、ゆっくりじっくりと鑑賞できた。

特筆すべきは、ほとんどのジオラマが、ケースに入れられずに「生」で展示されていること。宮下洋一さんの「地鉄」作品を、まさに目の前で、穴の開くほど観察することができた。ブログで毎日見ているコンドーラ近藤さんのジオラマも。うー、感激!

「ケースに入れなくて、大丈夫なのか?」と心配になるかもしれないが、来場者がいつもの模型展とは違う。あくまでも私の主観だが、ほとんどが50歳代以上で、しかも鉄道模型を趣味にしていない人がかなり多く来場していた。
騒がしい子供、小生意気な学生、ジャマな家族連れは、皆無。どうやら、車両がジャージャー走らない展示には興味が無いらしい。ゲージも、16番は対象外なのか?

とにかく、マナーが良い来場者ばかりで、良い展示会だった。会場内の写真撮影禁止が、唯一、残念だったが...

ところで、丸善の中にあるカフェレストランで昼食にハヤシライスを食べたのだが、そのメニューの説明によると、何と、ハヤシライスを生み出したのは丸善の創業者「早矢仕有的(はやしゆうてき)」なんだと。へぇー。

|

« Cブロック:民家A(屋根、玄関等) | トップページ | 感謝、感謝のアクセス数50,000件突破 »