« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008.10.25

Cブロック:民家A/B(ウェザリング)

民家AとBのウェザリングを実施。

081025c12軒の民家について、屋根や壁のウェザリングを実施。使用したのは、パステルとウェザリングマスタ。パステルは茶漉しで削って、ブラシで擦り付けていくが、これが結構楽しい。

081025c2パステルは完全には固着しないので、ウェザリングには不向きとの意見もあるが、ストラクチャは基本的にはレイアウト上に置きっ放しなので、まぁ、良いかと。
部屋の数や間取りから考えると、実物世界では小さい部類に入る2軒だが、レイアウト上では、そこそこ立派な民家になった。最後の詰めとして雨樋が残っているが、そろそろ「地面」に戻ろうかなぁ。

| | トラックバック (0)

2008.10.19

Cブロック:民家B(窓、戸など)

民家Bの窓や戸などを作成。

081019c1_2窓などの本体は、エコーモデルのエッチング製品を活用。製品そのままでは同じ形の窓ばかりになるので、適当にカットすることにより数種類の窓に対応させている。塗装は、缶スプレーのフラットアースを使用。窓ガラスは、0.5mm厚の塩ビ板。

081019c2玄関の上の庇は、1mm厚イラストレーションボードに厚紙を重ね貼りしてトタン屋根を表現した。塗装は缶スプレーのダルレッドを吹いた後に、薄めたライトグレーを筆塗り。
これで、基本的に民家Bの作成は終了... ん?縁側の下の柱が... 直しておかねば。
この後は民家Aと共にウェザリングを行う予定。

| | トラックバック (0)

2008.10.13

「国営ひたち海浜公園」日帰り旅行

この3連休は溜まっている仕事をせねば!と思っていたが、天気も良いし、やっぱり出掛けないのはもったいないなぁ~ということになり、昨日10/12(日)、いつものように唐突に日帰り旅行へ。
目的地は、「国営ひたち海浜公園」。

Hk001Hk002Hk003Hk004往路は、上野09:30発「フレッシュひたち13号」で勝田へ。E653系と思っていたら、以前乗車したことのある651系でチョット残念。
国営ひたち海浜公園は、最近、新聞やテレビによく取り上げられるので、混雑しそうな予感がしたが、これが見事に的中。勝田駅から公園までのバスは超満員(臨時ダイヤを設定しろよ!茨城交通)、公園ゲート前もチケット購入に長い列。
ただし、公園自体は広大なため、中に入ってしまえば問題なし。

Hk005Hk006Hk007Hk008Hk009Hk010Hk011この時期、この公園の名物であるコキアは、ピークを過ぎてだいぶ茶色く枯れてしまっていたが、そのホワホワっとした姿はなかなか癒し系。
主役交代とばかりに、色とりどりのコスモスが丘の斜面を埋め尽くそうとしていた。
とにかく広い公園で、中には観覧車やジェットコースター等を有する遊園地、36ホールのパターゴルフ、公認のBMXのコース等があり、4時間程度散策したが、半分ぐらいしか廻れなかった。

Hk012Hk013Hk014Hk015復路は、勝田16:46発「フレッシュひたち48号」で、こちらはE653系。国鉄の香りを何となく残す651系に比べると、内装各部が洗練されていて、「JR純正」という感じを受ける。
上野に到着後、北斗星の出発を見送ろうと13番線に向かうと、183系の草津84号が到着。
北斗星は客車の傷みが目立ち、先行きに不安を感じさせたが、群がるファンの数は今も多く、格の違いを漂わせながら札幌に向けて旅立っていった。

|

2008.10.05

Cブロック:民家B(外壁)

民家Bの外壁の塗装を実施。

081005c1
外壁の色は、隣に立つ民家Aとの違いを付けるため、茶系を選んだ。塗料は、アクリル塗料のフラットブラウンとライトグレイの2色。

081005c2
太さの違う筆を使い分けて、外壁、窓枠、1階正面の柱や梁などを、せっせと筆塗り。
最近、近いものが見難くなってしまい、細かいところの塗装が辛かった

| | トラックバック (0)

2008.10.04

ついに...

昨日10/3の毎日新聞夕刊に「東京発ブルートレイン 来年3月全廃」との記事が。

081004bt1以前から噂が流れ、十分予想されたことなので、今更驚かないが、東京口ブルトレ撮影が鉄道写真のスタートだった身には、やはり悲しい
中学生の頃は、小田原~熱海辺りによく撮りに行ったものだが、まさか全て廃止されるとは夢にも思わなかった。あと半年か。1回ぐらい撮りに行こうかな...

081004bt2残る定期運行ブルトレは、北斗星、あけぼの、北陸、日本海。それと不定期のカシオペア。
北陸新幹線が開業したり、東北新幹線が函館まで延びた時、彼らはどうなるのだろう。同じ運命をたどるのかもしれないが、少しでも長生きして欲しいものだ。

|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »