« Cブロック:商店(内装) | トップページ | Cブロック:商店(商品) »

2009.01.18

EF55ラストラン&雪景色見物

EF55ラストラン「快速:さよならEF55横川」と上越線の雪景色見物に出掛けてきた。

090118ef5501東京発8:52発の「Maxとき311号」で高崎へ。2番線に向かうと、既にホームは多くのファンでいっぱい。ある程度は覚悟していたが、とてもまともな写真は取れない状況で、ガックリ。
ただ、「生きた」EF55を撮れるのは、個人的には最初で最後なので、気を奮い立たせて、とにかく撮った。

090118ef5502090118ef5503090118ef5504090118ef5505090118ef5506090118ef5507090118ef5508カメラを普通に構えた状態では他人の後頭部しか写らないので、カメラを頭上に掲げて、「勘」で撮影。ピントもAF頼り。納得できる写真は1枚も無いが、まぁ、記念にはなった。

090118ef5509090118ef5510090118ef5511090118ef5512せっかく高崎まで来て、すぐ帰るのはモッタイナイ。ということで、上越線の雪景色を見るため、高崎11:03発の733Mで水上へ移動。
水上駅周辺は、見事に雪景色。気温も、高崎に比べてグッと低い。駅前の食堂で「おっきりこみ」を食べて身体を温め、SL運転時に使われる転写台あたりなどをブラブラ。
それにしても、上越新幹線開業前の「とき」や「佐渡」がひっきりなしに走っていた時代を知る身にとって、この閑散とした駅構内は悲しすぎる...

090118ef5513090118ef5514090118ef5515090118ef5516さらに、水上発13:44の1741Mで越後湯沢へ。
途中の土樽や越後中里あたりは、さらに積雪量が増し、車窓の雪景色を満喫。
越後湯沢は思っていたほどの積雪では無かったが、駅構内に、屋台や500円で5種類の利き酒ができる店などがあったりして、違う意味で楽しかった。金沢行きの「はくたか14号」を見送り(乗りたかったなぁ~)、帰路は「とき366号」。

|

« Cブロック:商店(内装) | トップページ | Cブロック:商店(商品) »