« Cブロック:架線柱(試作その2) | トップページ | Cブロック:架線柱(塗装) »

2009.02.08

Cブロック:架線柱(量産版作成)

前回の試作機を参考に、量産機を作成。

090208c1試作で気になった柱とビームの太さの違いは、柱のパーツをビームの上面と下面に使うことにより対応。製品中に当該パーツが少ないので架線柱の生産数に影響が出るが、見た目を優先することに。

090208c2今回の架線柱は、複線の本線から左右に側線が少し分岐したあたりに設置するので、複線より広く、ビームは3線ぐらいを跨ぐ長さになる。そのため、単一パーツでは長さが足りず、途中で継ぎ足している。

090208c3柱に合わせて幅を狭くしたこともあり、強度が気になったが、思ったより丈夫で問題なし。なお、設置場所の片側は線路際にスペースがないので、架線柱は横の斜面に刺さる感じになる。

う~ん、やっぱり架線柱があると、電機が映えるねぇ

|

« Cブロック:架線柱(試作その2) | トップページ | Cブロック:架線柱(塗装) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cブロック:架線柱(量産版作成):

« Cブロック:架線柱(試作その2) | トップページ | Cブロック:架線柱(塗装) »