« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.26

KATO EF65 500番代:購入

先日4/21(火)、再生産されたKATOの「EF65 500番代 特急色」をModelsIMON横浜店で購入。

090426ef65p1当鉄道には、KTMの古~いEF65P形が既に配置済のため、これまでKATOのEF65P形は見送っていたのだが、走行性能は問題無いものの、他の電機と並べた時のディティールの見劣りは否めず、再生産販売を機に購入することにした。

090426ef65p3b製品の出来は、他の製品と同様、プラ製模型車両として、よくまとまっている印象。手すり等の後付けパーツは満載で、適度に製作気分も味わえる。「う~ん、うまくハマらないなぁ」と一部で苦労するところもいつもと同じだが、今回特に苦労したのはナンバープレートのインレタ。「530」「528」と2回失敗して、最後はメンディングテープで仮止めするという大掛かりな方法で、やっと成功。

090426ef65p2当鉄道では、当然ながら寝台特急牽引機として運用される。いや~、それにしても、ヘッドマークがこれほど似合う電機は他にないねぇ。

|

2009.04.19

Dブロック:擁壁(ベース)

斜面/法面の擁壁についてベース作りを開始。

090419d1トンネルの位置が落ち着いたので、トンネルの横、電留線側の法面を覆う擁壁についてベースの作成に着手。
この部分、Cブロックでは平らなコンクリート壁で表現したが、ここでは山を支えている感じを出すため、大きな梁のある擁壁にして変化を出すことにする。な~んて書くとカッコイイが、裏の目的は、Cブロックとの繋ぎ目を目立たなくすることだったりして
梁は1mm厚イラストレーションボード、壁は4mm厚バルサ板を使用。少々手間が掛るが、出来はいい感じ。

|

2009.04.12

Dブロック:トンネル(ベース)

トンネルのベースを作成中。

090412d1_2シーナリーの主役であるトンネル/山の位置や形状等が決まらないと、他の作業も進められないので、トンネル/山のFixが最優先。
まずは、0.5mm厚塩ビ板をカットして、トンネルポータルの壁面を作成。

090412d3_2トンネルの両端の位置を決め、バルサ板を使って、横断面ベースを固定。トンネルの長さは客車2両分までは行かず、少々物足りない感じ。
トンネルの内壁は塩ビ板を使うつもりで用意していたが、薄くてフニャフニャで張りが足りず、ボール紙に変更。

090412d2トンネルの形状が固まったので、パンタがトンネル内壁に接触しないかどうかをチェック。
う~ん、結構ギリギリ。パンタがぶつかることは無さそうだけど、電化路線のトンネルとは思えんなぁ。バルサ板を履かせて、チョット持ち上げようかな。

|

2009.04.05

Dブロック:トンネル(ベース)

トンネルの断面形状を修正。

先週作成したトンネルのベースは、A/Bブロックのトンネルの形状を参考に作成したが、Cブロックの線路脇の擁壁との位置合わせをしたところ、トンネルの横方向が広く、トンネルポータルが擁壁の裏に隠れて、見た目がおかしいことを発見。

090405d1_2トンネルの横方向をやや狭くする形状に作り直し、再びCブロックの擁壁との位置合わせを実施。トンネルポータルが見えるようにはなったが、さらにもうチョット横方向を狭くした方が良いかも。

090405d2トンネル形状を変更したので、念のため、パンタが接触しないかどうかを確認したが、これは問題なし。

|

2009.04.04

山北の桜

御殿場線の山北駅周辺へ花見に出掛けてきた。
満開までもう一歩という感じだったが、ポカポカ陽気の中、春を満喫。

090404ym04090404ym01090404ym02090404ym03090404ym05090404ym06090404ym07090404ym10090404ym11090404ym08_2090404ym09_2090404ym12

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »