« 運転会2009春 | トップページ | 金沢方面1泊2日旅行(2日目) »

2009.05.10

金沢方面1泊2日旅行(1日目)

5月4日(月)~5日(火)、金沢方面へ1泊2日の旅行に出掛けてきた。

Kana00今回の旅における最大のポイントは、「北陸フリーきっぷ(グリーン車用)」を使って、上越新幹線と「はくたか」のグリーン車に乗車すること。
特急のグリーン車に乗るのは今回が初めてで、ウキウキしながら出発。
ただし、残念なことに、帰りの「はくたか」はグリーン車が満席で普通車。1か月前の11:00にキップを購入したのに... GWとは言え、恐るべし「はくたか」人気。

Kana02_2東京から越後湯沢へは、08:52発「MAXたにがわ311号」に乗車。
座席は、MAXという名に相応しい巨大なバックレストで、包まれ感たっぷり。鉄道では珍しいレッグレストも備わっていて、あぐらをかくような体勢もできる。フットレストが無いのが残念だが、いつもの新幹線とは雲泥の差の、ゆったり&のんびりの1時間半だった。

Kana04越後湯沢からは10:48発の「はくたか6号」で金沢へ向かう。
前回2005年1月の旅行の際は681系だったが、今回はその進化版である683系。
「はくたか」運用に入る683系は、北越急行所有の683系8000番代の1編成のみ(のハズ)なので、これはラッキー。グリーン車は金沢寄り先頭1号車のクロ683。
Kana06ワクワクしながら乗り込むと、これまた大きなバックレストの座席が、2+1の3列で並んでいる。
JR東日本ではグリーン車も2+2の4列が多く、座席が3列で並んでいるだけでリッチな雰囲気。
Kana07座ってみると、E4系MAXより座面が柔らかく、身体がシートにやや沈み、やわらかく包まれる感じが心地良い。
683系の軽快な走りと相まって、金沢まで快適な時間を過ごせた。あーあ、帰りも乗りたかったなぁ...

Kana081日目に訪れる観光スポットは、大聖寺駅近くにある「石川県九谷焼美術館」。
まずは、金沢14:13発「雷鳥30号」で加賀温泉に向かう。
廃止の噂が絶えない中、しぶとく生き残ってきた485系雷鳥だが、683系4000番台増備により、ついに2011年春頃までに置き換わることが発表された。ということで、乗れる時に乗っておかねば!
Kana09しかし、当然ながら、683系に比べて乗り心地は格段に落ちる。正直、このまま大阪まで乗っていくのはチョット辛いなぁという感じ。普通の客ならば、これで同じ特急料金取るのぉ?と文句を言いたくなるかも。でも、断然カッコイイんだよねぇ。

Kana10加賀温泉から15:00発の普通列車354Mで、隣の大聖寺へ移動。
目指す石川県九谷焼美術館は、駅から徒歩10分程。金沢駅は観光客や地元の人達でGWらしいかなりの混雑だったが、このあたりは閑散として、歩いているのは我々と犬の散歩。
Kana11焼き物には疎く、どういうものを九谷焼と呼ぶのかも知らないが、今回、この美術館を訪れて興味を持ったのが、九谷焼の元祖である「古九谷」の生産地を巡って論争があるという話。
Kana12「古九谷・伊万里説」が優勢だったのが、昨年、山中温泉九谷町で古九谷と思われる磁器のかけらが見つかり、加賀市長が「古九谷・九谷説」の勝利宣言をしたそうで、その磁器のかけらも展示してあった。
まだまだ決着は着かないようだが、加賀の人にとっては、全国ブランドの九谷焼が、「実は伊万里焼の分家でした」なんてことはガマンできないのだろう。
Kana13もう1つ、美術館で知ったのが、大聖寺の街が、元々、大聖寺藩の城下町だったということ。
言われてみると、加賀市役所は大聖寺駅の近くにあるし、駅も、普通列車しか止まらない割には、大きな待合室があったり。いやー、お見逸れしました。

Kana14美術館を後に、今日の宿泊地、片山津温泉へ。大聖寺16:47発の普通列車371Mで、加賀温泉に戻る。
車両は、余剰となった583系を改造した近郊型電車419系。同様な改造車の715系が東北や九州でも投入されたが、10年程前に廃車されていて、今や北陸本線でしか見ることができない、貴重な存在。

Kana16加賀温泉駅から本日の宿「矢田屋松濤園」までは、宿の迎えのクルマで移動。
JTBのwebサイトで予約した時は10畳1間だったが、なぜか広い部屋に通され、リッチな気分。
Kana15_2申し訳ないことに今回の旅行まで、片山津温泉の存在を知らなかった。
一般の温泉街的な賑やかさはないが、柴山潟の眺めが気持良く、静かにのんびりと休みを過ごすのに適した温泉地。
ちなみに、温泉は塩分を含んでいて、なめると、チョットしょっぱい。
Kana17部屋も温泉も良いが、この旅館の最大のメリットは料理。
おいしい料理が次から次と出てきて、大満足。
さすが、「料理旅館」と名乗っているだけはある。もう一度来たいなと思わせる、お勧めの宿にランクイン。

|

« 運転会2009春 | トップページ | 金沢方面1泊2日旅行(2日目) »