« 金沢方面1泊2日旅行(1日目) | トップページ | Dブロック:山(ベース) »

2009.05.13

金沢方面1泊2日旅行(2日目)

Kana18_32日目の朝は良い天気。
天気予報では、GW後半の天気は下り坂ということで心配したが、幸い天気には恵まれ、金沢で傘を開くことはなかった。

Kana19本日、最初に向かう観光スポットは、「中谷宇吉郎 雪の科学館」。
柴山潟の湖畔にあり、旅館から歩いて15分程度で行ける距離なので、朝食を済ませ、ブラブラと散策がてら出かけた。
Kana20中谷宇吉郎は、片山津温泉で生まれ、世界で初めて人工的に雪の結晶を作ることに成功した人。
科学館の建物も、雪の結晶をイメージした六角塔3つから構成された、凝った作りになっている。
でも、中はパネル中心でありふれた展示だなぁと思っていたら...
Kana20b「はーい、これからダイヤモンドダストの実験をするので集まってくださーい!」と声が。
行ってみると、加賀市の職員が、ダイヤモンドダストを人工的に作る実験を始めた。
他にも、過冷却、氷結晶の成長、チンダル像、氷のペンダント等々の実験もあり、ただ展示を見るだけとは違って、なかなか楽しめた。
Kana21たぶん時間が余るだろうと、浮御堂などの湖畔散策も予定していたが、余裕が無くなり、旅館に戻って、11:00にチェックアウト。
加賀温泉11:25発の「しらさぎ3号」で金沢へ。

Kana22金沢は昨日と同様、人、人、人だらけ。
コインロッカーも満杯で、荷物を一時預り所に預け、満員の「兼六園シャトル」バスで、「金沢21世紀美術館」を目指す。
ようやくたどり着いた美術館は、チケット売り場の前に長ーい列。
残念ながら、今回はあきらめることに。

Kana22b向かったのは、長町武家屋敷跡の外れにある「長町友禅館」。
受付で入場料を払うと、その受付の係の人が、一緒に展示エリアに同行して、加賀友禅の製作工程の説明をしてくれた。
職人の彩色作業も見学できるという話だったが...GWはお休み?

Kana26武家屋敷跡に戻って、のんびり散策。
前回は来た時は1月だったので、雪が降っていて寒く、駆け足訪問だった。
今回はじっくりと。
Kana24_2足軽の家は普通ならば長家なのに、加賀藩では個々に一軒家が与えられたとのこと。
部屋の間取りも贅沢で、さすが加賀百万石!
Kana23_2それにしても観光客が多い。
奇跡的に人がほとんど写っていない路地の写真を撮ることができたが、「情緒ある街並みを歩きながら...」なんて雰囲気は全く味わえない。
まぁ、金沢で一番の繁華街、香林坊のすぐ裏(?)にあるので、仕方ないかもしれないが。
Kana25前回と比べて、観光客向けの周遊バスが2種類増え、金沢市内の観光はより便利になっているが、人もクルマも多過ぎて、やや疲れる感じ。
「金沢21世紀美術館」以外は金沢市内の観光スポットをだいたい訪れたので、次は、今回の片山津温泉のように、金沢から離れたエリアを見て回りたい。

Kana27_2金沢16:20発「はくたか21号」で帰路に着く。
帰りも行きと同じ、683系8000番代だったが、こっちは普通車。ただ、シートのホールド性が良く、グリーン車に比べても、座り心地は悪くない。また、M車だったので、モータの唸りやジョイントを刻む音が心地良かった。
Kana28越後湯沢から19:10発「たにがわ424号」に乗車。
往路と同じ、巨大なシートがお出迎え。往路と同じ、ゆったり&のんびりで、東京へ。
クセになりそう、新幹線のグリーン車。

あまり遠くないので気軽に行きやすく、新幹線だけでなく在来線特急に長く乗車できる金沢旅行。お気に入りである。

|

« 金沢方面1泊2日旅行(1日目) | トップページ | Dブロック:山(ベース) »