« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009.09.27

Dブロック:乗務員詰所(組立て)

乗組員詰所を作成中。

090927bd1_3四方の壁の組立てに着手。
組立ての前に、まず、壁の室内側に模様付きの紙を貼って見た目を良くする。大きな窓には窓枠も1mm角材で作成。
室内は暗くてよく見えないかと思いきや、窓が多いと意外に見えてしまうので、そこそこお化粧しておく必要がある。

090927bd2_2以前の組立てでは、内側に補強の角材等を取り付け、それを介して壁同士を接着していたが、内装を気にするとその手は使えない。
そこで、この詰所では、床板を補強に用いることにした。床板には1mm厚のヒノキ板を選択。ただ、これだけでは壁の上部の強度が弱いので、取外し式屋根と一体になった天井で支える予定。
まずは3面を組立てた。残る1面は床板の塗装が終わってから。

|

Dブロック:エンドレス内側(草植え)

エンドレス内側地面で草植え。

090927ad1化学雑巾雑草を一通り植え終わったので、miniNaturやターフなどを使った細部の草植えに着手。今回は乗務員詰所から電留線に続く小道周辺について作業。
まずは、ターフとリアルサンドを混ぜて、化学雑巾の生え際に撒く。この両者の混ぜ合わせは、隣のCブロックから始めたやり方。ターフだけでは芝生や苔のように見えてしまうことがあるが、リアルサンドを混ぜると適度に土らしくなって、個人的に気に入っている。
なお、接着剤にはマットメディウムを使った。木工用ボンドと違って、乾いた時にテカらないのがメリット。

090927ad2続いて大御所miniNaturの登場。
化学雑巾の雑草もなかなかリアルに感じるが、miniNaturと並べると、どうしても見劣りする。
なので、この両者をいかに違和感なく混在させて植えるかが、腕の見せどころ。
今回は小道沿いを中心に植えてみたが、まぁまぁいい感じ

|

2009.09.23

Dブロック:エンドレス内側(草植え)

エンドレス内側地面で草植え。

090923d1詰所の作成と並行して、草植えも進行中。
主力の化学雑巾雑草だけを使った大まかな草植えが、ようやく終了。一気に雑草で覆ってしまえば簡単なのだが、地肌も残したくて、チョットずつ雑草を付け足していったら、予定以上に時間が掛かった。
いつものことだけど

090923d2この後は、miniNaturなどで細部を整えていく。
miniNaturと言えば、雑誌とれいんのスタッフブログに、先月のJAMで開催された諸星昭弘氏の「ミニネイチャー・クリニック」の動画が載っていた。
解像度が低くて、手元の細かいところが今一つよく見えない、何のために撮ったの?という動画だが、諸星氏のminiNaturの使い方が何とも豪快。ベリベリっと大胆にシートからはがして、ベタベタとレイアウトに押しつけるように次々と接着していく...
私のような平民には、そんな王侯貴族のような使い方は無理でございます

|

2009.09.22

Dブロック:乗組員詰所(外壁)

乗組員詰所を作成中。

090922d1外壁を作成。
外壁は、いつものようにSTウッドを使って羽目板を表現するが、まず、湿気防止のためにMr.サーフェイサーを両面に塗布。
STウッドを貼った時に隙間から壁のベースが見えるので、ベース色として、ターナー色彩のアクリルガッシュのバーントアンバーを塗った。ついでに屋内側も。アクリルガッシュは、最近、模型雑誌等でよく見かけ、今回初めて試してみたのだが、臭いがなく水性絵具のような扱いができて、使い勝手がとても良い。

090922d2続いて、STウッドを貼り付け。
これまでと同様、STウッドの接着には両面テープを使う。所謂、宮下洋一氏手法。
両面テープを貼ったSTウッドを3mmぐらいの幅に切り出して、せっせと壁ベースに貼り付ける。両面テープを貼った分、羽目板が厚くなってしまうが、作業効率の面では、やはりこの方法が一番

|

2009.09.20

Dブロック:乗務員詰所(窓)

乗務員詰所を作成中。

090920d1これまでの経験から、窓周辺をしっかりすっきり仕上げるのがポイントと感じているので、早めに窓作りに着手。
今回、窓の桟には、エコーモデルのレーザ抜きの紙製窓枠(コレは窓枠とは言わないと思うが)を使う。扉は手元にあったエッチング抜きのもの。タミヤ-スプレーのライトグレーゴーストで塗装して、5mm厚の塩ビ板を接着。本当は、3mmぐらいがスケール的には良いのだろうが。

090920d2続いて、壁の窓開口部に窓枠を作成。
窓枠の素材は、1mm厚板を2.5mm幅ぐらいに切り出したもの。作成した窓に合わせて窓開口部を少しずつ拡げ、窓枠を接着する。扉も含めて一通り作成終了。

|

2009.09.12

Dブロック:乗務員詰所(壁)

エンドレス内側に建てる乗務員詰所の作成を開始。

090912d2_3草植え作業と並行して、詰所を作ることに。
まずは、4面の壁の切り出し。壁の素材はいつもの通りイラストレーションボード。1mm厚と言いながら1.5mmぐらいあったりして困ったところもあるが、使い勝手は良い。

090912d1_3詰所はBブロックで既に建てているが、これは記念すべき自作建物第1号で、デザインも典型的。
同じような建物を作ってもつまらないので、今回の詰所は、出入り口の位置を中央にしたり、天井を高くしたりしてデザインに違いをつけてみた。

|

2009.09.06

Dブロック:エンドレス内側(草植え)

エンドレス内側地面で草植え。

090906d1化学雑巾雑草の草植えを続行中。
本当は、化学雑巾だけではなく、miniNaturやターフなども同時に植えたり撒いたりしながら草地を作るのが正道。
でも、それをやると細部にこだわって()進捗が悪くなりそうなので、まずは化学雑巾を全体に渡って植えて、大まかなイメージを出そうかと。

090906d2一方、コキ50000は、インレタなどの後付け作業を終了。そして、「緑のコンテナ」を増備。
やっぱり、こっちの方が落ち着くよねぇ

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »