« Dブロック:植樹(微修整) | トップページ | Dブロック:線路際(地肌作り) »

2010.02.01

伊豆熱川・下田 日帰り旅行

本日2/1(月)は会社の創立記念日でお休み。ということは、3連休。
そんじゃ、どこかに出かけるか! と、いつものように急に思い立ち、昨日1/31(日)、伊豆の熱川・下田に出掛けてきた。

100131t11100131t12100131t13100131t14
往路は、横浜9:02発「スーパービュー踊り子1号」に乗車。
横浜に住み者にとっては、「伊豆はクルマで行くところ」という感覚が強く、乗車するのは今回がたぶん初めて。スーパービューの名の通り、とにかく窓がやたらと広く、まるでサンルーム。シートピッチも大きくて、快適な乗り心地だった。スーパービューでない「踊り子」と、差が大き過ぎるんじゃないの?
10:40、伊豆熱川に到着。

100131t21100131t22100131t23100131t24100131t25100131t26100131t27100131t28100131t29100131t210
今回の主目的地は、「熱川バナナワニ園」。
バナナとワニの動植物園というのが、何とも異色でユニーク。
まずは、伊豆熱川駅の目の前にある「本園・ワニ園」へ。入園券の裏に書かれた説明によると、世界のワニ30種のうち27種350頭を飼育しており、種類の多さでは世界一とのこと。
小さいワニはチョット動くものの、大きいワニはほとんど動かない。が、何故か、見ていて飽きないのが不思議。

100131t31100131t32100131t33100131t34100131t35100131t36100131t37
次に、マイクロバスに乗って、「分園」に向かう。
分園の主役は、レッサーパンダとバナナ等の熱帯果樹。レッサーパンダは、ヒマラヤ系のニシレッサーパンダで、日本で飼育しているのは、ここだけとのこと。木の上などで昼寝ばかりしていて、動く姿があまり見れなかったのが、残念。熱川バナナワニ園のwebサイトによると、朝夕の食事時は活発に動き回るらしい。

100131t41100131t42100131t43100131t44
最後に「本園・植物園」へ。
第1温室~第8温室で構成され、熱帯植物約9,000種が展示されており、アミューズメント的な施設というより研究機関の雰囲気が漂う。

今時の動物園や水族館と比べると、動物の種類は少ないし、ショーも無く、展示も地味なのだが、のんびり、まったりとした時間を過ごしたい向きにはお薦めのスポットである。

100131t51100131t52100131t52b100131t53_3
思わず長居をしてしまい、伊豆熱川14:08発の5645Mで、2つ目の目的地、下田に向かう。
ラッキーなことにやってきた車両は、2100系「黒船電車」。当然ながら先頭車の展望席に陣取る。今回、伊豆急行線を全線走破してわかったが、海辺を走る区間は意外に少なく、山間部が主で、トンネルも多い。

100131t54100131t55100131t56100131t57
下田では、滞在時間に余裕がなくなってしまったので、webを眺めていて見つけた、伊豆急下田駅から歩いて15分程のペリーロードに行ってみた。
風情のある街並みがなかなか良い雰囲気。
喫茶店でお茶したかったが、それよりも腹が減っていたので、駅に戻って、まぐろ定食で遅い昼食。

100131t61復路は、伊豆急下田16:05発の「スーパービュー踊り子10号」。
さすがに日曜日夕方の上り列車とあって、停車する度に乗客が増え、車内はほぼ満席に。

100131t62今回、「踊り子南伊豆フリーきっぷ」という便利でお得なキップの存在も知り、鉄道利用で伊豆へ手軽に遊びに行って来れるのがわかった。
何と言っても渋滞が無いのが楽。
次は伊豆高原あたりに行こうかな

|

« Dブロック:植樹(微修整) | トップページ | Dブロック:線路際(地肌作り) »