« 天ヶ谷鉄道の世界(その1) | トップページ | 天ヶ谷鉄道の世界(その2) »

2010.03.20

Dブロック:乗務員詰所(ひさし)

乗務員詰所のひさしを作成。

100320d1先日、MsCOLLECTIONのトタン塀セットを模型店で見つけ、適度なディティールで使えそうだったので、とりあえず買っておいた。
ただ、鉄道用地以外の土地面積が少ない当レイアウトでは、トタン塀が立ち並ぶような街並み作りは無理。
とは言え、トタン波板は、塀だけに使われるものでもない。

ということで、このトタン塀セットを使って、乗務員詰所の出入り口上に付けるひさしを作成した。
100320d2作業はとっても簡単
まずは、トタン波板を必要な大きさにカット。
波板だけでは薄くてペラペラなので、セットに付属の木枠(もちろん紙製)を波板のサイズに合わせてカットし、波板の裏に接着して補強する。
後は、出入り口の上に接着すれば終わりだが、その前にタミヤのウェザリングマスタを使って汚しておいた。

100320d3ここまで作るのに、約30分
この製品を見つけるまでは、真鍮の波板を使うつもりでいたが、こっちは紙なので圧倒的に楽。
塗装もいらないし。
私のような面倒くさがり屋の皆さんに、お薦め

|

« 天ヶ谷鉄道の世界(その1) | トップページ | 天ヶ谷鉄道の世界(その2) »