« 天ヶ谷鉄道の世界(その4) | トップページ | Dブロック:架線柱(コンクリート柱) »

2010.04.11

天賞堂マニ36:購入

4/9(金)、天賞堂の「マニ36(スハ32改造車)EG仕様荷物室扉窓桟有」をModelsIMON大井店で購入。

Mani01天賞堂のマニ36は既に3種類が発売されているが、特にこの仕様を待っていたわけではない。約9,000円とチョットお高いので「店頭に積んであったら買うかな」と消極的な姿勢でいただけ。

Mani02_2製品はシャープに仕上がっており、好印象。
リベット、ドアノブ、手すり類等が適度に細かく表現され、手ブレーキまで付いている。
なお、後付けパーツとしては、インレタ、下揺れ枕、流し管が付属。

Mani03私の場合、マニ36で思い出すのは、東海道線の荷物列車である。横浜周辺を走る客車列車は、他には東京発ブルトレしかなく、EF58が牽引する点も含めて、非常に魅力のある被写体だった。

Mani04模型でも荷物列車を再現したいところだが、他にはオユ10(TOMIX)とワキ8000(天賞堂)×4しかないので、チョット寂しい感じ。
「鳥海」や「津軽1号/4号」のように、夜行急行への連結がメインの運用になるのかな。

|

« 天ヶ谷鉄道の世界(その4) | トップページ | Dブロック:架線柱(コンクリート柱) »