« S3ブロック改:エンドレス内側(橋脚) | トップページ | S3ブロック改:エンドレス内側(敷地) »

2010.10.30

オールラウンド・プレーヤ 「EF81」

101030ef81台風接近で天気が悪く、気温も低くて、何とも冴えない土曜日。模型工作をやる気が全然起こらず、先日購入したEF81の本を読んだりしていた。
EF81と言えば、やはり「オールラウンド・プレーヤ」という言葉が一番ピッタリくる。旅客だろうが、貨物だろうが、直流だろうが、交流だろうが、何でも牽いて、どこでも走る。全長が長いためスタイルもスマートで、国鉄電機としての集大成、完成版と言って良いと思う。

101030ef812■貨4091レ
1985年9月14日 取手~藤代(常磐線)
カメラ:CanonF-1 レンズ:80-200mm
シャッター速度:1/250 絞り:5.6
フィルム:コダクローム64

こんなに優れたEF81だが、EF65、EF66、ED75といった他の国鉄電機に比べると、なぜか、今一つ目立たない。日本海縦貫線、常磐線、関門と、ややマイナーなところが主だった働き場所だったからだろうか。

101030ef813■9247レ「エキスポライナー25号」
1985年9月14日 取手~藤代(常磐線)
カメラ:CanonF-1 レンズ:80-200mm
シャッター速度:1/250 絞り:4-5.6
フィルム:コダクローム64

JR以降は「北斗星」や「カシオペア」の牽引という脚光を浴びる運用にも就いたが、この仕事も今年7月にEF510-500に譲り、登場してから40年、模型の世界だけの存在になってしまう瞬間が、いよいよ近づいてきた感がある。

101030ef814■貨5263レ
1985年9月14日 取手~藤代(常磐線)
カメラ:CanonF-1 レンズ:80-200mm
シャッター速度:1/250 絞り:5.6-8
フィルム:コダクローム64

とは言え、寝台列車が次々と消えていく中、「日本海」「あけぼの」「トワイライトエクスプレス」と3種の寝台特急の先頭に立つ姿は、「まだまだ現役」と主張するには十分であり、国鉄電機好きとしては、少しでも長く生き延びて欲しいと願わずにはいられない。

EOS 7D担いで、撮りに出掛けようかな

|

« S3ブロック改:エンドレス内側(橋脚) | トップページ | S3ブロック改:エンドレス内側(敷地) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オールラウンド・プレーヤ 「EF81」:

« S3ブロック改:エンドレス内側(橋脚) | トップページ | S3ブロック改:エンドレス内側(敷地) »