« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.04.30

S3ブロック改:化学雑巾雑草

昨日4/29(金)、化学雑巾の雑草を作成。

110429s31草植え作業に備えて、化学雑巾を素材とした雑草を作成。
miniNaturなど、最近は優れた草の素材が発売されているが、広い範囲を草で覆うような場合には化学雑巾雑草の方が作業が楽で、当レイアウトの情景作りでは欠かせない素材である。
ただ、最近は、化学雑巾と言うと布のような製品が多く、雑草に使えそうな化学雑巾は少なくなっているのが残念。

|

2011.04.23

S3ブロック改:エンドレス内側(地形改造)

エンドレス内側で、郵便局を建てる位置を変更するため、地形の一部を改造。

110423s31郵便局は橋脚のCブロック寄りに建てる予定でいたが、実際にそこに建物を置いて眺めてみると、どうも今一つしっくりこない。
当然ながら道路に面して建っているという設定なのだが、そう思えるのは製作した本人ぐらいで、パッと見た限りではなかなかそんな風には見えない。さらに、やけに立派な2階建てにしたので、建物が目立って、余計に道路が狭く見えてしまう。

ということで、郵便局を建てる位置を変更することにした。

110423s32引越し先は、道路がS2ブロックの方に下ったところ。
この場所ならば、前と同様に建物前に道路が見えなくても、道路に面しているイメージが浮かびやすい。また、地面の高さも低いので、2階建てもやや落ち着いて見える。
奥行きが狭いので、駅のホーム側に建物が出っ張り、ホーム側から見るとやや不自然な感じはするが、ま、良いでしょ

|

2011.04.16

S3ブロック改:エンドレス外側(地形ベース)

エンドレス外側の地形のベースを作成。

110416s31運送会社の営業所を作るのに飽きてきたので、エンドレス外側で地形作りを開始。まずは、バルサ板によるベース作り。
エンドレス外側には、とりあえず、線路を超える道路橋の橋脚があれば良いのだが、それだけが立っている姿は現代的でこのレイアウトには似合わない。線路近くまで山が迫っていて、その斜面に橋脚が組み込まれているような地形にまとめる予定。

|

2011.04.10

お花見-野毛山動物園・大岡川

3月の終わり頃は、花見はまだまだ先かなという状況だった桜が、いつの間にか満開に。桜はタイミングを逃すと台無しなので、すかさず花見に出掛けてきた。

Noge001向かった先は、横浜市民の憩いの場である野毛山動物園。
花見の名所というほどではないが、園内に適度に桜の木が植えられ、飼育されている動物に癒されながら花見ができる、お薦めスポットである。
そして、ツガルさんは今日も元気だった

Noge0021Noge0022Noge0023
Noge0031Noge0032Noge0033
Noge0041Noge0042Noge0043
Noge0051Noge0052Noge0053


Noge006帰りは、京浜急行の日ノ出町から横浜に戻ろうと下りていくと、京浜急行の高架の向こう側、橋の上に何やら人だかりが。行ってみると、大岡川の両岸に見事に満開の桜並木が待っていた。

Noge0071Noge0072Noge0073
Noge0081Noge0082Noge0083


|

2011.04.09

S3ブロック改:運送会社営業所(看板)

運送会社の看板を作成。

110409s31会社の看板は、PowerPointで作成。会社のマークも並べて、それらしくしてみた。
「天ヶ谷運輸」株式会社は、天ヶ谷市に本社を置く地域密着型の中堅運送会社で、地元では「テンウンさん」と呼ばれ、広く親しまれているという

|

2011.04.03

S3ブロック改:運送会社営業所(窓、扉)

窓や扉の作成、取付けを実施。

110403s31窓や扉の作成は、郵便局と同様、エコーモデルのレーザ抜き窓枠(「窓枠」と呼ぶのは間違いと思うが)と0.5mm厚塩ビ板の組合せ。現状では、この組合せが、出来上がりの見栄えとコスト(材料費だけでなく作業時間等も含む)とのバランスが最も良いように思う。
色は、タミヤ-スプレーのNATOブラウン。窓も扉も、郵便局とは異なるデザインの桟を選んでいる。

110403s32タミヤクラフトボンドで、窓や扉を接着。例によって、風通しが良いように、適度に開いた状態で固定した。
2階の看板を取り付ける辺りが汚いので、今一つの外観だが、結構、良い感じにまとまったように思う。窓や扉は、もっと明るい色の方が良かったような気もするが。

|

2011.04.02

S3ブロック改:運送会社営業所(外壁の塗装)

運送会社営業所の外壁などを塗装。

110402s31先週、塗装を行ったものの、色が暗くて気になっていた外壁。このままでも良いかなと迷ったが、やっぱり塗り直すことにした。
選んだ色は、タミヤ-アクリル塗料のダークイエロー。溶剤であまり薄めず、筆で素早く上塗りした。同じアクリル塗料なので、前回の塗料が溶けるのを恐れていたが、色が混ざることはなく、期待通りの出来上がりになった。なお、1階の屋根は先週塗った色が良い雰囲気だったので、そのままにしている。

110402s32ついでに、2階の屋根も塗装。
色は、手元にあるスプレーの中からアトムハウスペイント-水性スプレーのエメラルドグリーンを選択。

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »