« 函館本線(五稜郭)-2011年8月3日 | トップページ | S3ブロック改:橋(デッキガーダー) »

2011.08.16

S3ブロック改:橋(デッキガーダー)

デッキガーダー本体の作成を開始。

110816s31Aブロックの時もそうだったが、橋の本体を作る際に困るのが、ホンモノの細部構造をよく知らないこと。
知ったからと言って、それを再現する能力も気力もないのだが、構造を省略してそれっぽく見えるように作るには、ホンモノを知っておく必要がある。
じゃぁ、近くの田園都市線に調査に行くのかというと、このクソ暑いのに出掛けるわけはなく、結局、イメージで作ることに

110816s32素材は、Aブロックのデッキガーダーと同様、プラ板を使用する。
側板(腹板)と側板上部の板(圧縮フランジ)は1mm厚、側板下部の板(引張フランジ)は0.5mm厚を2枚重ね。角材等で作成した両端の橋脚を結ぶ補強材は、側板の裏に隠す。

側板に一定間隔で並ぶ補強アングル材(補剛材)がまだ付いていないので、何となく中途半端な感じ

|

« 函館本線(五稜郭)-2011年8月3日 | トップページ | S3ブロック改:橋(デッキガーダー) »