« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.12.31

2011年の進捗

今年も今日でおしまい。
ということで、今年の模型活動を振り返ってみる。

■レイアウト

111231s3地面作りは、昨年9月ごろから始めたS3ブロックの改造を実施、まだ途中。
1年4ヶ月ほど経過したが、進捗は、う~ん、50%ぐらいかなぁ。この改造、エンドレス内側の無様な斜面を直すのが目的で、最初はなるべく簡単に済まそうと考えていたのだが、いざ作り始めると、いろいろと予定外の作業が発生して... 国鉄天ヶ谷線をオーバーパスするのも、道路のはずだったのが、いつのまにか地方私鉄の線路に...

まぁ、来年中には終わるんじゃないかな

■模型車両

111231ef64今年の車両増備は、先日購入したアクラス製の「EF64形0番代(国鉄標準色5・6次形)」のみ。
昨年は2両で、車両増備の勢いがなくなったなぁと感じていたが、今年はさらに減って1両。寂しい気もするが、買いたいと思う車両が発売されなかったのだから仕方ない。昨年末も同じようなことを書いたが、車両を買っても、ほとんど箱の中で眠ることになるので、私自身が車両購入に慎重になっているのも確か。

そもそも国鉄型車両もだいぶ出揃ったしねぇ...
当鉄道の直流電機を列挙すると、EF15(天)、EF57(天)、EF58(K)、EF64(ア)、EF64-1000(T)、EF65-500(K)、EF65-1000(K)、EF66(T)。個人的に気になるのは、あとEF62とEF63ぐらいか。EF63については、既にTOMIXから製品化予定が示されているが、重連が前提なのに、どういう形態で売るのだろ?
モータ無2両セットで30,000円ぐらいだったら、買おうかな

|

2011.12.28

感謝、感謝のアクセス数150,000突破

Dd51_2この前の日曜日あたりに、弊ブログのアクセス数が150,000件を突破いたしました。
訪問いただきました皆さん、誠に、どうも、ホント、ありがとうございました

いつまで経っても、相変わらず、薄っぺらな中身の記事ばかりで恐縮ですが、大きな心で、末長く御贔屓に

|

2011.12.25

「日本海」も...

111225ef811先日、JRのダイヤ改正の内容が発表され、「日本海」の廃止が明らかになった。
夜行列車の廃止は、ダイヤ改正の「恒例行事」と化しているので、今更驚くことはないが、何とも寂しい思いがする
「日本海」という名前、鉄道に興味が無い人だけに限らず、最近の若い鉄道ファンにも、古めかしくてカッコ悪く聞こえるかもしれないが、個人的には客車列車らしくて好きな列車名なので、それが消滅するのは何とも残念...

昔は、2往復設定されていて、多客時には、20系を使った臨時まで走ったのにねぇ...

111225ef812111225ef813111225ef814111225ef815

それにしても、気に入らないのが、JRの「他の交通機関に客を奪われて、乗車率が減ってしまった」的な言い訳。夜行列車を廃止する時に必ず出てくる理由だが、客が減るのに何の対策もしなかったヤツらがよくも言えたものだと思う。
正直に、「客が減るか、車両が古くなるか、どっちが早いかなぁと待ってました」と言えばいいのに

111225ef816111225ef817

■写真は、上/左から
1) 4002レ 日本海2号 1986年4月2日 敦賀駅
2) 4003レ 日本海3号 1982年4月2日 吹浦-小砂川
3) 4004レ 日本海4号 1986年4月1日 石動-倶利伽羅
4) 4004レ 日本海4号 1986年4月2日 新疋田駅
5) 4004レ 日本海4号 1986年4月3日 牛ノ谷-細呂木
6) 4003レ 日本海3号 1988年1月6日 陣馬-白沢
7) 9004レ 日本海54号 1986年8月4日 青森駅

| | トラックバック (0)

2011.12.23

S3ブロック改:エンドレス外側(壁)

エンドレス外側のホーム背後のコンクリート壁を作成。

111223s31当レイアウトでは、線路がベースボードにへばりついているので、情景を立体的に見せるには、線路左右の地面を持ち上げることになる。
さらに、狭いそのスペースをなるべく広く取ろうとするので、線路側の斜面は垂直な壁が自然と多くなる。
この壁の作成、単純そうに見えるのだが、面積が広いと結構面倒で、なるべく楽をすることを基本方針とする当方としては、これまで、以下のような方法で垂直な壁を作ってきた。

 ・石積み風の模様付き壁紙 : A、Cブロック
 ・石垣風の模様付きの紙 : C、S3ブロック改
 ・プラ板にストーン調スプレーを吹く : C、S3ブロック改
 ・リアルサンドで壁塗り : Dブロック
 ・Nゲージの製品の石垣 : S3ブロック改

111223s32で、今回はどうしようかな~と考えていたところ、下総鉄道さんに、木工用パテを使ったコンクリート壁の表現が載っていたので、この手を使わせてもらうことにした。
作り方は簡単で、ベースになる厚紙に木工用パテを塗って、色を塗るだけ。色は、ベースとして、タミヤ-アクリル塗料のデッキタンをしっかりと塗り、乾いた後で、ジャーマングレーを濃さを変えながら重ね塗りして汚してみた。

なかなか、いい感じ

|

2011.12.18

S3ブロック改:エンドレス外側(道路、草植え)

エンドレス外側のホーム背後で、道路地面作りと草植えを、少々。

111218s31道路は、モーリンのリアルサンドを使って、未舗装の土の道を表現した。水で薄めたマットメディウムを筆で塗って、リアルサンドをパラパラと振りかける。色は、主にダークブラウンを使ったが、1色では単調になってしまうので、適当に黄土色などを混ぜている。
草は、いつものように、ターフ、リアルサンド、カントリーグラスのブレンドを使用。

|

2011.12.17

アクラス EF64:インレタ貼り

アクラスEF64で、インレタ貼り。

111217ef64今日は休日出勤したので、夕食後にEF64のインレタ貼りをチョットだけ。
写真でもわかるが、最近はメンディングテープでインレタを固定することにしている。手間が増えて時間も余計に掛かるが、曲がったりせずにキレイに貼れるので、時間に余裕がある人にはお薦め。私のように、近いものが見え難くなってきた人にもお薦め
インレタ貼りでは、うまく車体に貼りつかなかったりして、苦労することが多いが、この製品のインレタは優秀で、楽に作業が済んだ

|

2011.12.11

S3ブロック改:エンドレス外側(地面の塗装)

エンドレス外側のホーム背後で、地面の塗装を実施。

111211s31使用した塗料は、ターナーのアクリルガッシュ。これまで色はバーントアンバーしか持っておらず、赤っぽい色になるのが気に入らなかったので、グレイッシュベージュを買ってきて、それを主体にして使ってみた。
出来上がりは...う~ん、チョット違うんだよなぁ。
アクリルガッシュは水性で匂いが無いので、室内での筆塗りには都合が良いのだが、色の種類はそれほど豊富じゃないので、微妙な色合いを出すのが難しい感じ。

とりあえず、タミヤ-アクリルのフラットアースを使うか

|

2011.12.10

S3ブロック改:エンドレス外側(地肌ベース)

紙粘土で地肌表面を修整。

111210s31前回、プラスタークロスで作成した地肌ベースについて、布目が目立つところや不自然な凸凹などに紙粘土を擦り付け、表面の仕上げを実施した。今日は作業時間がほとんど取れず、これだけ。
地面の写真を撮ってもつまらないので、EF64の0番代(アクラス)と1000番代(TOMIX)を並べてみた。こうやって並べてみると、金属製手すりの効果が大きいのがよくわかる。

|

2011.12.07

S3ブロック改:エンドレス外側(地肌ベース)

12/4(日)、エンドレス外側のホーム裏手の地形で、地肌のベース作りを実施。

111204s31今回も地肌の素材には、プラスタークロスを用いた。
紙粘土は発泡スチロールに付き難くて苦労したが、プラスタークロスはペタペタと貼るだけなので、作業効率がとても良い。

これで、もう少し布目が目立たないと、もっと良いのだが。貼っている最中に、糸がほつれるのも、鬱陶しいなぁ。布から落ちたプラスターの粉で、結構、作業場が汚れるんだよねぇ。
ということで、何事にも一長一短はあるのだ

|

2011.12.04

アクラス EF64:購入

11/28(月)、アクラスの「EF64」を購入。

111204ef1車両の購入は今年初めて。前回が昨年の4月末頃なので、1年7ヶ月ぶりの買い物である。我ながら、我慢強くなった。ま、好みの車両が発売されないだけかもしれないけど。
別の記事で書いたように、EF64が活躍した中央本線は私の撮り鉄活動範囲から外れていたので、実物のEF64に接したことはほとんどない。見た目も地味で、正直なところ、あまり興味のないELだった。
なので、実際、買おうかどうか迷ったのだが、他では製品化しそうもないので、買うことに。

111204ef2で、製品の出来だが、合格点に達しているかというと、う~ん、微妙
気に入らないのは、前面の塗装。クリーム色の塗装が不十分なのか、裏地が透ける感じで、薄っすらと青い。また、青との塗り分け境界も滲んでいて、顔がキリッとしていないように感じてしまう。人形じゃないけど、模型車両も、やっぱり顔が命だと思うけどなぁ

111204ef3あと、台車が車体から出っ張っているのもねぇ... こっちとしては、少しでも「ガニ股」感を減らして欲しいのに、逆に股を広げちゃうのはなぁ... さらに、よ~く見たら、ウチのは、ワイパーが1つ付いていなかったし...あーあ
金属製の手すりを採用して、全体的なディティールはバランス良くまとまっていると思うのだが。

111204ef4後付けパーツは思っていた以上に多く、手すりを除くと、TomixやKATOと同じぐらい種類があり、同じぐらい取付けに苦労する
庶茂内模型鉄道のみのるさんが、自らを犠牲にして後付けを試行し、その注意事項をブログに掲載されているので、まだ後付け作業を実施していない方々は、要チェック

111204ef5私の場合、貫通扉(交換)、信号炎管、汽笛カバー、電暖表示灯、スノウプロウまでは順調だったが、ステップと電暖用ジャンパー栓でつまづいた。取扱説明書では明記されていないが、ボディから下回りを外した方が作業し易いと思う。解放テコは、未だに取り付けられず、作業中断。

番号が付くのは、いつになることやら

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »