« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012.03.31

偕楽園「梅まつり」 日帰り旅行

昨年秋の昇仙峡以来、特急列車に乗っておらず、そろそろ禁断症状が出てきそうだったので、3/25(日)、距離的にも季節的にもちょうど良い、水戸の偕楽園に出掛けてきた。
偕楽園へのアクセスは、通常は、水戸駅からバス利用だが、梅まつりのシーズンに合わせて臨時に偕楽園駅が開設される。当初、3月20日までの開設予定が、開花の遅れで、この週末まで延長されたので、これを利用した。

Kai101往路は、上野10:00発の「スーパーひたち15号」。
車両は、先日のダイヤ改正でデビューしたばかりのE657系。本当はE657系の導入で一気に運用が減ってしまった651系に乗りたかったのだけど。それにしても、この顔のデザイン、個人的にはとにかく「残念」な感じ。無理に流線型にしなくても良かろうに。

Kai102一方、車内は、さすがに最新型車両だけあって、設備もデザインも洗練されていて、特にシートは可動式マクラが付いた大型なもので、ゆったりと身体を包んでくれる。
乗り心地も良くて、651系やE653系に乗車した際に気になった高速走行時の揺れもほとんど無く、とっても快適

11:03、臨時の偕楽園に到着。
周辺の駐車場に長いクルマの列が見えた。鉄道利用の旅を贅沢に感じるのは、こんな時

Kai200駅近くの坂道を上り、東門から偕楽園の中へ。
門の周辺は狭くて、屋台なども並び、人が溢れてゴチャゴチャしていたが、中に入ると、遊歩道が渋滞して進めないなどということはなく、梅まつりに相応しい、適度な混みよう。
前日調べた開花状況は「7分咲きで見頃」という話だったが、まだまだ5分咲きにも達していない木もたくさんあって、4月に入っても梅まつりができそうな雰囲気。例年の状況を知らないが、今年はかなり開花が遅れているのだろうか。

Kai201Kai202Kai203Kai204Kai205Kai206


Kai300園内は思っていた以上に広く、いくつもの遊歩道が、梅の木の間を縫うように走っていて、園内マップを見ながら歩いていても迷いそうになる。
梅だけかと歩いていると、唐突に見事な竹林が目の前に現れ、ここが単なる梅園ではないのを思い出す。

Kai301Kai302Kai303


Kai400一角に立つ「好文亭」は、3階からの見晴らしが良さそうだったが、入場制限するほど混んでいたので、断念。入口近くで売っていた期間限定の「梅もなか」が、想像以上に美味しかった

Kai401Kai402Kai403

Kai500すっかり忘れていたのだが、梅のシーズン、昔からここは、鉄道写真でも有名撮影地で、今日も多くの「撮り鉄」達がカメラを構えていた。
そんな姿を見てしまうと、なかなか我慢は難しくて、一時、目的変更

Kai501Kai502Kai503

3月だというのにも寒い日が続いていたが、今日は天気が良く、ポカポカ陽気の中、十分に梅を満喫できた

帰りの列車まで、まだ時間があるので、続いて、水戸駅近くの「弘道館」に行くことにする。偕楽園14:56発の1379Mで水戸へ向かう。ホームからは、来た時と同じようなクルマの列が見えた。


Kai600水戸駅北口から、歩いて10分程度で、弘道館に到着。
弘道館も偕楽園と同じく水戸斉昭が創設したものだが、これらは「アメとムチ」の関係にあるという。
偕楽園のような華やかは無く、しっとりと落ち着いた文武修行の場の雰囲気が漂う。

Kai601Kai602Kai603Kai604Kai605Kai606

ただ、残念ながら、それ以上に目立ってしまうのが、東日本大震災による傷跡。
剥がれた外壁や、崩れ落ちた瓦が生々しい。本当は内部も見学できるようだが、今はロープが張られて、近付けないようになっていた。


Kai701帰りは、水戸16:27発「スーパーひたち46号」に乗車。駅や車内のアナウンスによると、指定席は満席で、自由席もかなりの混雑らしい。今日は観光客が主体だろうが、平日はビジネス利用で乗車率が高いという。
東北、上越、長野新幹線の開業で、かなり寂しくなった上野口の在来線だが、そんな中、30分間隔で特急が走る常磐線は、今や、貴重な存在。常磐新幹線は作らないだろうから、いつまでも在来線の特急列車が楽しめそうだ。

Kai702前を走る普通列車が小動物に接触した影響等で、上野には10分以上遅れて17:50頃に到着。
大慌ての車内整備の後、ほぼ満員の客を乗せて、再び、いわきに向けて旅立っていった。

|

2012.03.24

S3ブロック改:酒屋(1階の床、庇)

酒屋の1階の床と庇を作成。

120324s31これまで作成した建物では、1階の床が地面から一段上がっているものが多いが、商店街にあるようなお店では、地面と店内の床に段差が無いようなイメージがあるので、ここでは1mm厚バルサ板を使用した。
バルサ板だけでは弱そうなので、イラストレーションボードで補強。店の奥にある部屋の床も表現した。

120324s32窓や扉の上の庇は、隣の運送会社事務所を作った時と同様、1mm厚ヒノキ板と帯板に使った0.5mm厚程度の紙で作成した。
壁に接着した後に気付いたが、2階の庇はやや大きくて、建物のイメージより立派な感じになってしまった。

屋根は平たいままで良いかなと思っていたが、2階の庇を付けて全体を眺めると、屋根がやけに薄っぺらに見えてきたので、かさ上げすることに。

|

2012.03.20

S3ブロック改:酒屋(外壁組立て)

酒屋の外壁を作成中。

120320s31まずは、一昨日の作業の続きで、1階の窓や扉の上部に飾り帯を接着。飾りが多いと想定より贅沢な感じになってしまうため、1階は飾付けなしにしようとも考えたが、庇を付ける際のガイドとして便利なので、控え目に取り付けた。
続いて、室内側に、1階の天井(=2階の床)や2階の天井(=屋根)を支える2mm角材を接着。箱形に組み立てた後では色が塗り難くなるので、ここで、室内の壁や天井などを、アクリルガッシュのグレイッシュベージュで塗装しておいた。
乾燥したところで、4面の外壁を箱組み。
工作技量が低いため、真上から見ると長方形のはずなのに、微妙に台形になっている... ま、毎度のことなんだけど

|

2012.03.18

S3ブロック改:酒屋(外壁)

酒屋の外壁を作成。

120318s31酒屋の外壁作りを開始。
いつものように、壁の素材は1mm厚のイラストレーションボードだが、強度を出すため、正面の扉周辺は1.5mm角材を使った。
羽目板を表現する必要が無いので、設計した通りに切り出して、窓部分を切り抜けば、外壁は基本的に出来上がりとなるのだが、壁に凹凸が無いと貧相な感じなので、飾り帯(って、言うのか?)を貼り付ける。
飾り帯の素材には、厚さと硬さがちょうど良い、エコーモデルの「窓枠レーザー抜き」の台紙や補強の紙を使った。
2階の窓周辺はこれで完成のつもりだが、1階はどうするかな?

|

2012.03.11

S3ブロック改:酒屋(検討)

エンドレス内側、元運送会社営業所の隣に、新たに建てることにした酒屋の検討を開始。

120311s31昨日の土曜日は真冬のように寒くて工作する気になれず、今日は急遽休日出勤になってしまって、何とも冴えない週末
何もしないのも寂しいので、元運送会社営業所の隣に建てる酒屋(今のところ、その予定)について、外観等の検討に着手した。モルタル塗りの2階建て、日本中のいたるところに残っている昭和のお店風にするつもり。

最近、「昭和を懐かしむ」のが流行のようで、それに合わせて店舗を改修する商店街まであるらしい。ここで言う「懐かしい昭和」は、映画「ALWAYS三丁目の夕日」に代表されるように「昭和30年代(それも前半寄り)」のことを指している場合が多いが、この「定義」、昭和38年生まれの私にとっては、違和感が漂う。
私には、「昭和30年代」は古過ぎて、記憶などほとんど無く、懐かしくも何ともない。私にとっての昭和とは、昭和40年代後半以降であり、このレイアウトの時代設定も50年代にしている。

この酒屋は、そういう昭和のお店。Cブロックの2軒の商店は、そういう意味では、チョット古かったかな。

|

2012.03.03

S3ブロック改:エンドレス内側-地面(ベース)

エンドレス内側で、拡張部分の地面のベースを作成。

120303s31前回に続いて、エンドレス内側で拡張する地面のベース作りを実施。
4mm厚バルサ板で骨組みを作った後、道路になる部分は、2枚重ねの1mm厚イラストレーションボード、他は3mm厚バルサ板で蓋をする。
途中、元、運送会社付近の地面ベースができたところで、Cブロックの商店も使って、店の配置や見え方を確認。たった20mm程度広げただけなのに、未完成の郵便局付近も含めて、景色がかなり豊かになった。
こんなに良い感じになるんだったら、初めから地面を広げればよかったなぁ~

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »