« S3ブロック改:国鉄架線柱(柱) | トップページ | S3ブロック改:国鉄線架線柱(塗装、組立て) »

2012.11.03

S3ブロック改:国鉄線架線柱(高さ調整)

国鉄線架線柱の高さを調整。

121103s31国鉄線の架線柱をレイアウトに仮設置して、高さ(=柱の長さ)の調整を行った。
ホームへの穴開けはやり直しが効かないので、慎重に。まずはピンバイスを使って1.5mm径の穴を、続いてハンドドリルで3.0mm径を開けた。柱は3.2mm径のプラ棒なので、紙ヤスリで削って、少しきつくハマる感じに太さを調整。

121103s32_2架線柱の高さは、実際に車両をレールに乗せ、現物合わせで決める。
これまでは、保有の電機で最もパンタ位置が高いのはKATOのEF65-1000だったのだが、アクラスのEF64も同じぐらい高いので、これら2両を使った。
結果として、ビームにぶら下がっている碍子の位置は、線路から80mmぐらい。

|

« S3ブロック改:国鉄架線柱(柱) | トップページ | S3ブロック改:国鉄線架線柱(塗装、組立て) »