« レクサスIS300h:ハイブリッドその2 | トップページ | 箱根・静岡方面1泊2日旅行(2日目) »

2013.09.28

箱根・静岡方面1泊2日旅行(1日目)

先日の3連休の9/22~9/23、新しいクルマでドライブにでも行くかと、急に思い立って(ウチにはよくあることだが)、箱根・静岡方面に1泊2日の旅行に出掛けてきた。

■1日目:9/22(日)

Hakosizu010どうせ東名は渋滞するからと、とりあえず宿を箱根に確保して、目的地は道路状況と相談して決めることにして、8:30頃出発。
自宅近くの横浜青葉ICから東名に乗ると、案の定、渋滞していたが、それも海老名SA辺りまでの辛抱で、その先は快調
御殿場ICの出口で渋滞という情報が示されたので、これはさっさと御殿場を超えた方がいいなと、御殿場ICを通り過ぎ、新東名に入って駿河湾沼津SAで休憩。自宅から2時間を一気に走ったが、さすがにいいクルマは疲れない

まだ11:00前と時間に余裕があるので、以前から「クルマじゃないと、行きにくいなぁ」と思っていた「久能山東照宮」を目的地に選んだ。
清水ICで降りて、久能山行きのロープウェイ乗り場のある日本平へ。
日本平から久能山は、ロープウェイで5分。ロープウェイのガイドさんの話では、2つの山は元は1つで、中間が浸食されて別の山になったのだと。

Hakosizu021Hakosizu022Hakosizu023

ロープウェイの駅を出ると、すぐに楼門に続く石段が待ち構えている。石段を上ると、一段の高さが普通より高くて、上り難いことに気付く。帰りのロープウェイのガイドさんの話では、元は武田信玄の城で、敵の侵攻を妨げるための仕掛けとのこと。

Hakosizu031Hakosizu032Hakosizu033

Hakosizu041Hakosizu042Hakosizu043

境内は、日光の東照宮のような大きな広がりはなく、小さくまとまっている感じで、縦に上へと続いている。

建物は、日光のような豪奢壮麗なイメージはなく、あちらと比べるとやや地味な造りだが、施された漆や極彩色、門や壁などを飾る彫刻に、同様な豪華さが感じられる。黒と金の組合せからか、個人的には、こちらの方が上品で高級な印象を受けた。

Hakosizu051Hakosizu052Hakosizu053

Hakosizu061Hakosizu062Hakosizu063

本殿の先、一番奥の神廟に掛けては、雰囲気が一変し、厳かな空気に包まれて、ここがお墓であることを実感させられる

観光地としてはややマイナーと思っていたが、ロープウェイが連続運行するほど、賑わっていた。残念なのは、日本平周辺の施設、土産物屋やロープウェイなどが、「昭和」のままで、古臭いこと。富士山が世界遺産に登録されたことだし、もう少し改善すれば?と思う。

日本平を後にして、宿泊地の箱根へ。清水ICから沼津ICまで東名で移動し、沼津からは国道1号を駆け上がった。

Hakosizu070今宵の宿は、芦ノ湖の湖畔にある「山のホテル」。
既に何度か利用しているが、宿泊客も含めて静かで落ち着きがあり、食事も美味しいのがわかっているので、安心して泊まれる。
今回は、前の3連休に台風19号の影響でキャンセルした客が今週にシフトしたそうで、いつもより、賑やかだった。

|

« レクサスIS300h:ハイブリッドその2 | トップページ | 箱根・静岡方面1泊2日旅行(2日目) »