« 箱根・静岡方面1泊2日旅行(1日目) | トップページ | S2ブロック改:跨線橋(骨組み) »

2013.09.29

箱根・静岡方面1泊2日旅行(2日目)

■2日目:9/23(月)

Hakosizu080前日の夜は、食事をしている頃から雨が結構降ったが、2日目の朝はとても良い天気
朝食の後、「山のホテル」の魅力の1つ、45,000坪の庭園を散歩。昨日は近くにいるのによく見えなかった富士山も、今日はバッチリ。頂上あたりの雲がチョット残念だけど。

Hakosizu091Hakosizu092Hakosizu093

10:00頃にホテルをチェックアウト。
まずは、箱根スカイラインから芦ノ湖スカイラインへとドライブして、富士山や芦ノ湖の絶景を楽しんだ。走りながら芦ノ湖が見下ろせるようなイメージだったが、実際は芦ノ湖はあまり見えず、富士山側が開けている。
それにしても、この道を走るのは何年ぶりだろう。ひょっとすると10年超えているかも

Hakosizu101Hakosizu102Hakosizu103

今日の目的地は、静岡県駿東郡清水町にある「柿田川公園」。
以前は全く知らなかったが、富士山の世界文化遺産登録に関連して、富士山の地下水が湧く場所としてメディアで紹介され、涼しげな感じが好印象だったので、訪れてみることに。

国道1号を三島に下りて、混雑した街中をそのまま進むと、突然左手にこんもりと生い茂った木々が。あまりに突然の登場だったので、最初は通り過ぎてしまった 

公園は、国道1号から見ると下に向かって拡がっていて、交通量の多い道路のすぐ脇とはとても思えないような、豊富な自然に満ちている。園内には、湧き間(=地下水が湧き出しているところ)を観察するための遊歩道や展望台が整備されていて、地下水が湧き出す様子を近くで見ることができる。

Hakosizu111Hakosizu112Hakosizu113

湧水の勢いは思っていたより強くて、川底の砂が激しく吹き上げられる。この湧水を水源としているのが、日本三大清流の1つ、柿田川だが、湧水量を後で調べたら、1日約100万立法メートル(=25mプール約2,000杯)もあるとのこと。
湧水や清流を眺めているだけで爽やかな気分になり、こんな公園が近所にあって、この辺りに住んでいる人がうらやましい

Hakosizu121Hakosizu122Hakosizu123

時間はまだ12:30頃だったが、3連休の最終日で東名が混みそうだったので、早めに帰路に就くことにした。
長泉沼津ICから新東名に入り、東名の鮎沢PAで軽い昼食。駒門PAが元祖の「アメリカンドッ君」は、なかなか美味かった

Hakosizu131Hakosizu132Hakosizu133

結局、この後、大井松田IC付近から大和トンネルあたりまで長々と渋滞になってしまったが、全体としては楽しいドライブ旅行だった。
今回の旅行は、IS300hの慣らし運転的な意味合いもあったが、「いいクルマは、やっぱり、いいんだなぁ」という感想


|

« 箱根・静岡方面1泊2日旅行(1日目) | トップページ | S2ブロック改:跨線橋(骨組み) »