« S2ブロック改:跨線橋(骨組み) | トップページ | 箱根・静岡方面1泊2日旅行(1日目) »

2013.09.22

レクサスIS300h:ハイブリッドその2

130921is300h01これまでのレクサスのハイブリッド車は、最上位グレードに位置付けられることが多く、ECOよりもPOWERというイメージだったが、ISでは中間売れ筋グレードとなって、POWERよりもECO寄りというイメージ。燃料のガソリンも、ハイオクではなくレギュラー仕様を指定するという、こだわりを感じる。

燃費は、まだチョットしか乗っていないので、あまり参考にならないが、38km走って12.7km/l(レクサスオーナーサイトのマイカー情報より)。エアコンを使いながら一般道を普通に走った時の値としては優秀な数字と思ったが、カタログ値はJC08モード=23.2km/lなので、もう少しガンバレということなのかな

130921is300h02そんな感じであっさりと受け入れたハイブリッドだが、まだ慣れ切れていないのがブレーキの感覚。
最初に遊びがほとんど無く、ペダルを踏むといきなりブレーキが効くので、今までの感覚で踏むと、思っている以上にきついブレーキになってしまう。また、回生ブレーキが止まる直前に抜ける(=回生失効。電車と同じ)ので、美しく止めるには微妙なペダル操作が要求される。ま、「文句言ってねぇで、慣れろ」って、話だろうけどさ。

そんなブレーキだが、エンジンブレーキ(と言うのかな?)はなかなか良く効く。減速する時にはシフトダウンしてエンジンブレーキで減速することが多いのだが、前に乗っていたアルテッツアよりもしっかり効く感じて、なかなか楽しい。
パドルシフトは今一つ使い難くくて、シフトレバーを多用。マニュアル時代からの右手はステアリング、左手はシフトレバーというスタイルが変えられなくて...

|

« S2ブロック改:跨線橋(骨組み) | トップページ | 箱根・静岡方面1泊2日旅行(1日目) »