« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013.11.30

大雄山最乗寺 「紅葉狩り」日帰りドライブ

Daiyu00011月も半ばを過ぎたが、この時期になると行きたくなるのが、紅葉狩り。
ということで、天気が良く気温も暖かかった先日の11/24(日)、大雄山最乗寺に出掛けてきた。
当初の目的地は丹沢湖だったが、マラソン大会が開催されるのが判明し、急遽、計画変更。
最乗寺を選んだのは、web上に載っていた紅葉の写真がキレイだったのと、そんなに有名ではないので混まないだろうと考えたからだが、結果的にこれは大当たりだった。

自宅を9:00頃出発。横浜青葉ICから東名に乗り、大井松田ICで降りて、出口に繋がる一般道をそのまま進むと、行き止まりが大雄山最乗寺。東名が空いていたので、何と、10:00に着いてしまった。

Daiyu011Daiyu012Daiyu013

駐車場から境内を目指して進むと、すぐに、見事な紅葉の出迎えを受け、今回の目的地の選択が正解だったことを実感した。
この瑠璃門に上る階段周辺には、多くの人が足を止めてカメラを構えていたが、個人的にも、ここがベスト紅葉撮影スポットのように思う。実は、階段を下から見上げる構図が良いのだが、記念写真を撮っている人たちが立ち止まっていたりして、ベストアングルの写真は撮れなかった。

Daiyu014Daiyu015Daiyu016

本堂や書院などが並ぶ広場のあちこちにも紅葉が見られたが、ここでは本堂手前の真っ赤なもみじの周辺が有名撮影地になっていた。紅葉は黄色より赤の方が鮮やかに感じるが、皆、考えることは一緒らしい。

Daiyu021Daiyu022Daiyu023Daiyu024Daiyu025Daiyu026

境内の奥に進むと、杉の大木に囲まれた鬱蒼とした景色に変わり、曹洞宗の「修行の場」の雰囲気が増す。赤や黄色の華やかさは減るが、深い緑とのコントラストで、紅葉がより映えるように感じた。

Daiyu031Daiyu032Daiyu033Daiyu034Daiyu035Daiyu036

最奥部の奥之院は、300段もある階段の上にあり、行かないつもりだったが、知らぬ間にその階段を上り始めていて、結局、上り切った。
奥之院周辺に紅葉はなく、得られるのは妙な達成感のみ ただ、裏の山道を本堂に下っていくと、上から見下ろすように、また違ったアングルで紅葉を楽しむことができる。

Daiyu041Daiyu042Daiyu043

写真を撮りながら2時間ほど境内をウロウロしたが、今年はここだけで十分、というぐらい紅葉を満喫した。それにしても、なぜ、今まで訪れなかったのだろう。

Daiyu051Daiyu052Daiyu053

まだ正午を少し過ぎたところだったので、箱根に寄っていこう、ということになり、ターンパイクを駆け上がって、芦ノ湖を目指した。
山の紅葉や富士山がとてもキレイだったが、芦ノ湖の周辺はとんでもない混雑で、長居は無用とさっさと引き返した。

Daiyu061Daiyu062Daiyu063

帰路では、小田原厚木道路でひどい渋滞に巻き込まれてしまったが、ISの乗り心地も良く、なかなか楽しい紅葉狩りドライブだった

|

2013.11.27

レクサスIS300h:燃費その2

Nenpiis300h1今回は、ウチのIS300hの実際の燃費はどうか、という話。
掲載画像の棒グラフは、レクサスオーナーの個人サイトにあるHarmonious Driving Navigatorの画面で、走行距離、燃料消費量、燃費等が確認できる。ここに載っている情報によると、ウチのIS300hの月単位の燃費は以下のようになる。

  ■ 9月=16.2km/l (走行距離=457km)
  ■ 10月=11.2km/l (走行距離=99km)
  ■ 11月=14.2km/l (走行距離=183km)
  ■ 全体=14.8km/l (走行距離=739km)

走行内容は、週末の近所への買い物利用(一般道)が主で、9月と11月には東名などを走行した遠出のドライブが含まれる。なお、エアコンは常にAUTOで作動させたまま。

Nenpiis300h2右の棒グラフは、9月の日ごとの燃費で、静岡方面のドライブに出掛けた9/22と9/23は15km/l以上の燃費だが、他の日は10km/lに届かない場合が多い。他の月も同じような状況。

さて、この数値をどう見るか。
私個人の感想は、「確かに燃費は良いけれど、一般道の走行については驚くほどじゃないな」である。

世の中、やたらとハイブリッドがもてはやされるので、もう少し、良い値が出るのかと思っていたが、こんなものなのか。それとも、クルマに罪はなく、運転が下手ってこと?

ま、燃費を期待して買ったわけではないので、特に問題ないけどネ

|

2013.11.23

S2ブロック改:跨線橋(屋根)

跨線橋の屋根の作成を実施。

131124s21先週に続いて、跨線橋の屋根作り。階段部分に波板を接着し、塗装前の作業はコレでおしまい。
波板に使ったCampbell製の波型アルミ板は、柔らかくて扱いに気を使うが、繊細な感じがとても良い。接着した時に、接着剤の厚み等で歪まないように、接着剤にはタミヤクラフトボンドを使っている。
屋根が載って、ようやく全体像が見えてきた

|

2013.11.20

レクサスIS300h:燃費その1

131013is300h6クルマの価値を決める尺度はいろいろあるが、以前は、動力性能が大きなウエイトを占めていた。メーカー各社はエンジン出力を競い合い、それがあまりに加熱したため、「上限280馬力」なんていう馬力規制まで実施された。今思うと滑稽な話だが、クルマ好きには、なかなか楽しい時代だった

時は流れ、今や、燃費性能が評価尺度のトップに君臨する。様々な分野で、「とりあえず、エコとか省エネとか、言っておけ」という風潮なので、仕方ないかと思いつつも、販売ランキングの上位に並ぶ車名を見ていると、「燃費が良ければ、それで良いの? クルマの価値って、そういうものか」と叫びたくなる。
ま、そういう思考なので、「買うクルマはISぐらいしかない」という結論に達するのだが

131013is300h7そんなISも、結局はハイブリッドモデルを購入したが、これは燃費を重視したのではなくて、エコカー減税による割安感に魅了された結果
ハイブリッドシステムの持つ先進性に惹かれたところもある。話はズレるが、IS250とIS350のV6エンジンは進化が足りないように感じる。フルモデルチェンジなんだからねぇ。

さて、IS300hの燃費は、23.2km/l(JC08モード)がカタログスペック。では、ウチのISの実力はどうかと言うと...続きはその2で

|

2013.11.17

S2ブロック改:跨線橋(屋根)

跨線橋の屋根の作成を実施。

131117s21跨線橋作りの次のステップとしては、本体の塗装を予定していたが、「STカラーを塗っただけの今のままでも良いかな、『古い木造跨線橋が残る駅』ってことにして」、なんて考えも浮かんできたので、とりあえず塗装作業は保留。代わりに、補強の骨組みを作るきっかけになった屋根の作成に着手した。

131117s22屋根板には1mm厚の檜板を使用。屋根のタイプは波板を選び、素材は、S3ブロックのホーム上屋の屋根と同じく、Campbell製の波型アルミ板を使う。
今日は、通路部分の屋根にアルミ板を接着したところまで、実施。(掲載写真は、その1つ前の段階)

|

2013.11.13

レクサスIS300h:エクステリアその2

130923ayuzawais300h04サイドでは、キャラクターラインが窓のすぐ下を前後に走っているが、これは単なる線ではなくて、スピンドルグリルの脇からボンネットを削り取るようにしてできた面を伴っている。
この面は、肩のようにキャビンから大きく張り出していて、ドアミラーもこの面に載っている。前から見ると、キャビンは小さく、対象的にボディはボリューム満載で、力強い「走り」のイメージが伝わってくる。
ただ、運転席から見てもこれは大きな出っ張りで、駐車場で窓から顔を出して右側面下方を確認する時などは、かなり邪魔

131013is300h5リアは、フロントに比べると表情がおとなしい。何とかISらしい特徴的なデザインにしようと努力したものの、今一つに終わった、という感じもする。写真を撮っていても、フロントのような楽しさはない。
まぁ、リアはデザイン的にいじれる範囲が狭いので、なかなか差別化するのが難しいのかな。バンパーに変な飾りとか付けて台無しにされるよりは良いか。まだ見たことがないが、ライトが点灯した姿は、ランプがL字に光ってカッコイイのかも。

131013is300h6外装色は、新色のソニックチタニウムを選んだが、これは大正解。
ISのエクステリアは、彫りが深く、金属の塊を削って作ったようなイメージを感じるが、そんな雰囲気にピッタリ合う。
悩んでいる方、是非、候補に

|

2013.11.10

トラムウェイ EF65 2次型F型:パーツ付け

トラムウェイのEF65 2次型F型で、パーツ付けを実施。

131110ef65f01この週末は跨線橋の塗装を考えていたが、天気が今一つ良くないので、購入して以降、箱の中で深い眠りについているトラムウェイのEF65 2次型F型について、パーツ付けを行った。私より後に購入したのに、先にパーツ付けをしてしまったみのるさんにも煽られて

131110ef65f02こういうパーツの後付けで、苦労せずにすんなり作業が終わることは、これまで一度も経験していない。
案の定、今回もしっかり苦労することになったが、比較的、楽な方だったかも。エアホース類が余計に多く用意されていて、中から良いのを選べたのが良かったかな。

131110ef65f03それにしても、EF65-500番台は、PだろうがFだろうが、やっぱりカッコイイ

|

2013.11.06

レクサスIS300h:エクステリアその1

131013is300h2エクステリアで最も目立つのは、何と言っても、フロントのスピンドルグリル周辺。
レクサスが、高級車ブランドとして「顔」のイメージを統一しようとしたのは正しいし、なぜ、もっと早くやらなかったの? なんて思うが、その「顔」に選ばれたスピンドルグリルのデザインは、押し出しが強く、速さと力強さが感じられて、個人的には好印象を持っている。まぁ、高級車に落ち着きを求めている人には、少々刺激が強いかもしれないけどネ。

131013is300h3LSやGSなどではバンパー付近の太い帯で上下に二分されるのに対し、ISでは完璧なスピンドルグリルが大きく口を開けていて、見た目のインパクトは、特に強い。
さらに、複雑な曲線で縁取られたヘッドライト、独立したL字型の車幅灯、まるでエアロパーツのようなバンパー下部など、よくよく見ると、かなり派手な顔立ち。駐車場に停めて、少し離れて眺めると、とにかくよく目立つ。

131013is300h4チョットやり過ぎ?と感じるところも無くはないが、欧州高級車ブランド軍団に勝つには、このぐらい強烈に存在を主張する必要があると思う。
先代のISは、とてもいいクルマなのに、顔がおとなしくて目立たず、エクステリアに高級感が足りなかった(オーナーの方々、ゴメンナサイ)。

今度のISは、少なくとも「目立つ」という点では、負けていないんじゃないかな?

|

2013.11.04

S2ブロック改:跨線橋(橋脚-作り直し)

跨線橋の橋脚を作り直し中。

131104s21ようやく、橋脚の作り直しが終了。
以前の橋脚に比べると、やっぱり、こっちの方がバランスが良くて、ホンモノらしい雰囲気。
しかしまぁ、5月の終わり頃に作成に着手した跨線橋が、もう11月だというのに、まだこんな状態とは...

|

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »