« トラムウェイ EF65 2次型F型:パーツ付け | トップページ | S2ブロック改:跨線橋(屋根) »

2013.11.13

レクサスIS300h:エクステリアその2

130923ayuzawais300h04サイドでは、キャラクターラインが窓のすぐ下を前後に走っているが、これは単なる線ではなくて、スピンドルグリルの脇からボンネットを削り取るようにしてできた面を伴っている。
この面は、肩のようにキャビンから大きく張り出していて、ドアミラーもこの面に載っている。前から見ると、キャビンは小さく、対象的にボディはボリューム満載で、力強い「走り」のイメージが伝わってくる。
ただ、運転席から見てもこれは大きな出っ張りで、駐車場で窓から顔を出して右側面下方を確認する時などは、かなり邪魔

131013is300h5リアは、フロントに比べると表情がおとなしい。何とかISらしい特徴的なデザインにしようと努力したものの、今一つに終わった、という感じもする。写真を撮っていても、フロントのような楽しさはない。
まぁ、リアはデザイン的にいじれる範囲が狭いので、なかなか差別化するのが難しいのかな。バンパーに変な飾りとか付けて台無しにされるよりは良いか。まだ見たことがないが、ライトが点灯した姿は、ランプがL字に光ってカッコイイのかも。

131013is300h6外装色は、新色のソニックチタニウムを選んだが、これは大正解。
ISのエクステリアは、彫りが深く、金属の塊を削って作ったようなイメージを感じるが、そんな雰囲気にピッタリ合う。
悩んでいる方、是非、候補に

|

« トラムウェイ EF65 2次型F型:パーツ付け | トップページ | S2ブロック改:跨線橋(屋根) »