« 2013年の進捗 | トップページ | S2ブロック改:駅舎(外壁) »

2014.01.02

富士山本宮浅間大社 初詣

謹賀新年。
ということで、元旦早々、初詣に行ってきた。

140101sengen01初詣は、毎年、今までに訪れたことのない寺社に行くことにしていて、以前は、「伊勢志摩ライナー」で伊勢神宮、「はまかいじ」で武田神社、レッドアローで秩父神社などと、鉄道利用の旅行も兼ねていたりしたが、今回は、迷わずドライブを兼ねた初詣をチョイス。
道路の混雑を考えると、やはり東名/新東名利用が良いだろうと検討した結果、富士宮の「富士山本宮浅間大社」に決定。
9:00過ぎに我が家を出発。横浜青葉ICから東名に入り、新東名を通って(横風がやたらと強くて姿勢維持で疲れた)新富士ICで降り、西富士バイパスで富士宮市街へ。最後で駐車場に止めるのにチョット時間が掛かってしまったが、途中の休憩なしで、1時間30分程度で到着した。

140101sengen02140101sengen03140101sengen04

「富士山本宮浅間大社」は、全国にある浅間神社の総本宮(ちなみに、浅間神社とは、富士山を信仰する神社なのだと)。
社殿は徳川家康によって造営されたそうで、現存しているのが、楼門、拝殿、本殿。屋根の檜皮葺と壁の朱色(丹塗)が印象的で、その辺の神社とは格が違う雰囲気が漂う。個人的には、拝殿の背後にある2階建て風の本殿が気に入った。この造りは「浅間造」と呼ばれるそうで、珍しい建築様式らしい。

140101sengen05140101sengen06140101sengen07

境内は広く、その一角にあるのが湧玉池(わくたまいけ)。富士山の雪解け水が毎秒3.6klの割合で溶岩の間から湧き出しているそうで、ここを水源にした川が神社の脇を勢いよく流れていた。
初詣などでいろんな寺社を訪れているが、こんな風に参拝以外にも散策できたりすると、遠くからやって来た甲斐があって、嬉しい。

140101sengen08正月にしては気温が暖かく、参拝客も適度な混み具合で、のんびりとした正月気分を味わうことができた
帰りは、海老名JCT付近で事故があって、またまた渋滞に巻き込まれたけど...

|

« 2013年の進捗 | トップページ | S2ブロック改:駅舎(外壁) »