« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014.11.30

S2ブロック改:商店B(屋根等)

11/30(日)、商店Bで屋根等の作成を実施。

1411130s211411130s22

瓦屋根は、エコーモデルの日本瓦セットを使用し、いつものようにジャーマングレーをスプレー。窓や扉の作成も始め、扉の接着まで終えた。
薄っぺらなので、全体を見ると変な感じだが、構図を工夫すれば、それなりの見映えに。そこそこ、駅前通りっぽいじゃん

| | コメント (0)

2014.11.24

S2ブロック改:商店B(外壁、箱組み等)

11/23(日)~11/24(月)、駅前の情景プラン変更で、急遽、駅前通りに必要になった商店Bを作成。

141124s21141124s22

なるべく手間を掛けたくないので、デザインは、各面で凹凸無しの単純な箱型。外枠は1.5mm角材、その内側にイラストレーションボードの壁をはめ込み、STウッドの窓枠を接着、というようにテキパキと作業を進め、一気に外壁の箱組みまで実施。

| | コメント (0)

2014.11.23

箱根「紅葉狩り」ドライブ ③長安寺

11/16(日)、箱根に紅葉狩りに出掛けてきた。

■再び、強羅公園

箱根美術館を出た後、再び強羅公園に入って、園内にあるCafe Picで、早めの昼食をとった。注文したのは、パンシチュープレート。身体が冷えていたこともあって、とても美味しかった。

1116hakone3011116hakone302

時刻はまだ12:00前なので、もう1箇所、紅葉狩りスポットへ行こうと、webで調査。結果、紹介記事に載っていた写真が良い感じだった「長安寺」に決めた。

■長安寺

長安寺は、仙石原の交差点のすぐ近くにあった。どんなところなのか全く知らないので、「ま、期待外れに終わっても仕方ないな」という気分で中に進むと、期待を大きく上回る見事な紅葉風景が広がっていた。

1116hakone4011116hakone402

1116hakone4031116hakone404

嬉しいことに天気も回復。しかも、南西向きの斜面なので、うまい具合に日光が当たってくれる

1116hakone4051116hakone411

1116hakone4071116hakone408

どの方向を見ても紅葉が綺麗で、写真を撮るのが楽しくなる
訪れている人も、写真撮影を目的にしている人が多いようだった。箱根美術館のような庭園だと、どうしても記念撮影的な構図になってしまう傾向があるが、ここは自分好みの自由な構図が選べるので、写真趣味にお勧め。

1116hakone4091116hakone410

1116hakone4061116hakone412

1116hakone400箱根美術館は天気が悪くなってガッカリな感じだったが、ここの見事な紅葉のおかげで完全に挽回した。たまたまwebで見つけただけだが、長安寺を選んだのは大正解

紅葉を十分に満喫して、満足感満載で、13:30頃帰路についた。

| | コメント (0)

2014.11.22

箱根「紅葉狩り」ドライブ ②箱根美術館

11/16(日)、箱根に紅葉狩りに出掛けてきた。

■箱根美術館

箱根美術館に戻ると、開館を待つ列は、100人以上並んでいそうな長い列になっていた。ただ、この列は入館チケットを購入するために並んでいるので、既に共通入場券を持っている我々は、そんな長い列を横目に、すぐに中へ。

1116hakone2011116hakone202
1116hakone2031116hakone204

箱根美術館の紅葉狩りは今回が2回目で、前回は時期がやや遅かったので、葉が落ちてしまっている木が多かった。
今回はちょうど見頃でタイミングがバッチリと喜んでいたら、急に雲が出てきて空を覆い始めた。さっきまで爽やかな青空が広がっていたのに、厚い雲にすっかり覆われて、どんよりとした曇り空に...
う~ん、残念

1116hakone2051116hakone206
1116hakone2071116hakone208

庭園は、曇り空なりに、良い雰囲気は漂っていたが...
空が白いと、どうもなぁ...

1116hakone2091116hakone210
1116hakone2111116hakone212


晴れないかなぁとチョット粘ってみたが、だんだん身体が冷えてきたので、11:00頃に箱根美術館を出た。
紅葉は堪能したけれど、天気が今一つで、気分も今一つ

| | コメント (0)

2014.11.19

箱根「紅葉狩り」ドライブ ①強羅公園

ぼぉーっとしていたら、いつの間にか箱根が紅葉の見頃を迎えていたので、11/16(日)、紅葉狩りに出掛けてきた。
メインとなる目的地は、「箱根美術館」。今回も「早起きは三文の得」作戦で、7:10頃に自宅を出発。東名の御殿場IC経由のルートを使ったが、全く渋滞無しで、8:30ぐらいには美術館の駐車場に着いてしまった。
早く着いたなぁと思っていたら、開館は9:30からなのに、美術館の前には既に数人の列が。皆さん、行動開始が早いようで。

■強羅公園
並んで待っている必要が無さそうなので、周辺をブラブラしたり、すぐ隣りにある「強羅公園(こちらは9:00から開園)」へ行ってみることにした。

1116hakone1011116hakone102

1116hakone1031116hakone104

強羅公園への入園チケットは、いつものように、箱根美術館との共通入場券を購入した。この入場券、値段もお得だが、強羅公園に何度も出入り可能なので、何かと便利

1116hakone1051116hakone106

1116hakone1071116hakone108

1116hakone1091116hakone110

青空をバックに朝の斜光を浴びた紅葉がとっても綺麗
ゆっくり写真を撮っていたかったが、9:30が近づいたので、箱根美術館に向かった。

| | コメント (0)

2014.11.09

S2ブロック改:駅前(情景プラン、また変更)

11/8(土)、駅前の情景プランを変更し、地形ベースを改造。

141109s21「え~、またプラン変更するのぉ?」と、自分に問い質したくなってしまうが、またまた駅前の情景プランを、チョット変更することにした。先週末に、私鉄終端駅の駅舎の作成が一段落した時は、「来週はエンドレス外側の地形作りだ」の気分だった。が、ブログに載せた写真を眺めている内に、国鉄線駅舎の裏にある石垣と斜面が、何だか、中途半端で違和感のある存在に見えてきた。駅舎が2つもあるのに、店が少ないのも、不自然だし。
ということで、思い切って石垣と斜面を撤去して、その跡地に食堂と商店の2軒を設置することに決定。今回は、まず、店を建てる土地の整地を実施した。
しかしまぁ、なかなか先に進まんなぁ。敷地が狭いので、建物は一部だけを作ればいいから、ここは、比較的早く出来ると思うけど

| | コメント (0)

2014.11.03

S2ブロック改:私鉄終端駅(駅舎-窓の取付け)

11/3(月)、私鉄終端駅の駅舎で窓や扉の取付けを実施。

壁の塗装を終えて、次は、窓や扉の取付け。
壁側の開口部と窓の本体が設計値通りのサイズで作られていると、サササッと終わる仕事なのだが、何時まで経っても未熟な工作技量のおかげで、悲しいほど時間が掛かる。開口部に窓を1つずつ当てて、なるべく相性の良い窓を探したり、窓から微妙に出っ張っている塩ビ板を削ったりしながら、ようやく全ての取付けを終了。

141103s21141103s22

今回、上げ下げ窓を初めて採用したが、外観に特徴が出て、なかなか良い感じ。もっと前から使えば良かった。まぁ、どんな建物にでも使える窓じゃないが。

141103s23141103s24

それにしても、地方の中小私鉄の駅舎にしては、チョット立派か。隣の国鉄の駅舎が、やけに古臭く見える。元々の狙いが、両者の外観を対照的にすることなので、一応、うまくいったのだけど。
ウェザリングや飾付けで、貧相にしなくちゃ

| | コメント (0)

2014.11.02

S2ブロック改:私鉄終端駅(駅舎-外壁の塗装)

11/2(日)、私鉄終端駅の駅舎の外壁を塗装。

昨日の窓などの作成が順調に進み、調子に乗って、今日は外壁の塗装を実施。
使用した塗料は、アクリルガッシュのニュートラルグレイ8とグレイッシュベージュの2色。ニュートラルグレイを多目にして混ぜ、全体的に明るい雰囲気を狙った。全部同じ色だとつまらないので、壁の一番上と屋根は、逆にベージュを強めてみた。

141102s21141102s22

141102s23141102s24

色を塗ると、さらに、銀行や役所の庁舎のような雰囲気が出てきちゃったような... ま、和風からは程遠いので当初の予定通りなんだけど。

| | コメント (0)

2014.11.01

S2ブロック改:私鉄終端駅(駅舎-窓、扉作成)

11/1(土)、私鉄終端駅の窓や扉を作成。

窓や扉は、いつものように、エコーモデルの「窓枠」と0.5mm厚の塩ビ板の組合せ。手慣れた作業だが、面倒なだけで、楽しくない。建物を作る時は、毎度、窓の数は少な目にしようと考えるが、窓が少な過ぎると不自然になってしまうので、結局、窓作りの仕事量はあまり変わらない

141101s21141101s22少しでも楽をしたくて、塗装は、タミヤのエアーモデルスプレーの明灰白色を吹いて済ませた。窓枠に塩ビ板を接着した後、塩ビ板の断面に色を塗って仕上げるが、三菱鉛筆のポスカ(今回は「はいいろ」)を使うようになって、この仕事はかなり簡単になった。
が、やはり途中で飽きてきたので、作業を中断して、建物内の仕切り壁に窓などを取付け、写真撮影を実施。なかなか良いじゃん、などと、モチベーションを上げて作業を再開し、全ての作成を終了。

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »