« S2ブロック改:エンドレス内側(道路等の柵) | トップページ | S2ブロック改:商店A(塀) »

2015.06.11

EOS M3:EVFと親指AF

M3の購入にあたっては、機能や性能について、買う価値があるかどうか、いろいろと検討したが、中でも、これが無かったら買わなかっただろうと言えるのが、「EVF(電子ビューファインダー)」と「親指AF」である。

M3evfEVFについては、ファインダーを覗かないとカメラを構えた気がしないという、気分的な理由が一番だが、実際に構えてみると、ファインダーを使うのと使わないのとでは、安定感に雲泥の差がある。
まぁ、そもそも、ファインダー無しの時、どう構えれば安定するのか、正直、わからないのだけど。さらに、ファインダーを使わずに背面モニタで写真を撮ろうとして、顔をカメラに近付けると、背面モニタに目のピントが合わないという悲しい現象が発生していて....
そんなわけで、気分も何も、普通に写真を撮るには、EVFが必須の状況になっている

Oyayubiaf一方の「親指AF」は、7Dで初めてその存在を知り、使い勝手の良さから、個人的には必須の機能になっている。実際、最終的に購入を決断したのは、M3で親指AFができるのを確認した時だった。「一体、お前は、何がそんなに気に入っているんだ」については、こちらの記事「EOS7D:親指AF」を参照。
ということで、当然ながら親指AFを設定して使っているのだが、7Dと比べて、使い勝手が悪く、ちょっとガッカリな感じ。原因は、親指AFを設定するボタン(*マークのボタン)の形状やAF性能そのものにあるが、7Dと比べるのは酷かな

|

« S2ブロック改:エンドレス内側(道路等の柵) | トップページ | S2ブロック改:商店A(塀) »