« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016.06.26

S2ブロック改:線間安全柵と構内踏切(塗装)

6/26(日)、線間安全柵と構内踏切の枕木を塗装。

160626s21線間安全柵は、踏切警報機等でも使った黄色のスプレー(ニッペホームプロダクツのミニホビー用スプレー)で、構内踏切の枕木はSTカラーで、それぞれ塗装した。
今週末は、これだけ

| | コメント (0)

2016.06.20

S2ブロック改:線間安全柵と構内踏切(着手)

6/19(日)、線間安全柵と構内踏切の作成に着手。

当レイアウトの情景作りのモットーは、「立体的にゴチャゴチャと」だが、そのモットーに思いっきり逆らっているのが、この4つ並んだ線路周辺。大きな跨線橋や架線柱で立体的に見せようとしているつもりだが、やはり地面付近が寂しいので、解決策を考えてみた。

まず最初に思い付くのが、各種の「標識」。距離標、勾配標、曲線標、停止位置標、接触限界標といろいろあるが、直線で平坦で分岐もないので、使えるのは、距離標と停止位置標ぐらい。無いよりはまし、かもしれないが。
次に考えたのが、たまに線路の間に立っている黄色い「線間安全柵」(と言うらしい)。どういうルールで設置を決めているのか不明だが、サイズがそこそこ大きいので、目立つかな、と。
「せっかくキレイな編成写真が撮れるのに、変なもの、立てるな!」と撮り鉄に怒られそう。さらに、撮り鉄の最大の敵、「タイガーロープ」というのもあるが、さすがにそこまでは…

160619s21160619s22

3番目の案は、「駅員専用の構内踏切」。最近はあまり見掛けないが、昭和末期ぐらいでは珍しくない存在だった気がする。まぁ、この駅の規模に似合うかというと、やや首を傾げてしまうが。それに、そもそも平べったいし。
ということで、とりあえず、線間安全柵と構内踏切の作成に着手したが、どうなることやら。

| | コメント (0)

2016.06.12

S2ブロック改:踏切と電柱(設置)

6/11(土)、踏切と電柱の設置/接着を実施。

踏切に着手する前、「踏切なんて、子供の頃からよく知ってるわい」の気分だったが、いざ塗り分けを始めると、悲しくなるほど記憶が曖昧…。実物を確かめたくても近所の田園都市線には踏切はなく、web上の写真を参考にさせてもらったが、設置についても、「警報機と柵はどっちが線路側だっけ?」とか、他人の撮った写真に頼ることばかり。

160612s21160612s23

踏切周辺の地面のベースは発泡スチロールなので、設置のための整地は簡単。マイナスドライバーで発泡スチロールをつぶすようにして地面を平らにしたり、ピンバイスで穴を開け、瞬間接着材で接着した。
視覚的な効果は抜群で(まぁ、踏切として当たり前の風景ではあるが)、苦労して縞模様に塗り分けた甲斐があったという感じ。もうやりたくないけど

160612s24160612s22

エンドレス外側の電柱は、踏切を眺めた時にジャマだったので、建てる位置を変更することに。前に開けた穴は、木工用ボンドと共にティッシュペーパーを詰め込み、地面と草の素材を上から撒いて修正。新しい位置はバス停待合小屋の脇にしたが、こっちの方がバランスも良い感じ。

| | コメント (0)

2016.06.05

S2ブロック改:私鉄線架線柱、バス待合小屋(設置)

6/5(日)、私鉄線架線柱やバス待合小屋を設置/接着。

地面に固定できるストラクチャはさっさと固定して、作業が進捗している気分を味わおう作戦が、6/3から始まったが、今回は私鉄線架線柱とバス待合小屋を地面に接着した。

私鉄線架線柱は、タミヤのウェザリングマスタで軽く汚して、後はボンドで地面に接着すればおしまいのお手軽予定だったが、設置の位置決めと整地に手間取った。本来ならば、架線柱を建てる場所を予め決めておいて、それに合わせて地面を整えておくべきだが、計画性が乏しく...

160604s22160604s21

バス待合小屋については、6/3に建てる場所の整地を行ったが、乾いてみると悪い予感通りの不整地状態。情景テクスチャペイントに水を混ぜ過ぎたのが原因で、以前も同じミスをやっちまった気もする... 原液(?)のままで再度整地を行い、ウェザリングした待合小屋を接着して、作業終了。写真を眺めていると、「バス停の標識はどうした?」と言いたくなるが、実は全く未着手

| | コメント (0)

2016.06.04

S2ブロック改:バス待合小屋(整地)他

6/3(金)、バス待合小屋を建てるための整地、その他諸々を実施。

待合小屋の中の床(?)は、道路と繋がったコンクリート敷きにするので、草地の表面を削って平らにし、タミヤの情景テクスチャーペイント(路面ライトグレイ)を塗った。情景テクスチャーペイントは粘り気が強くて、平らに塗るのがなかなか難しい。水で薄めて均等に塗ったつもりだが、乾いた後にどうなっていることやら。

160603s21160603s22

建物、国鉄線架線柱、出発信号機等々でウェザリング実施。ブロック塀の上面が中途半端な状態のままだったので、情景テクスチャーペイントを塗って整えた。
3つの商店、2本の電柱、2つの出発信号機、私鉄線ホーム上屋等を地面に設置/接着。まだまだやることは多いが、ストラクチャーの地面への固定が始まると、一応、終盤を迎えた気分になってくる。

160603s23160603s24

| | コメント (0)

2016.06.03

500TYPE EVA 遭遇

6/2(木)、神戸への出張時に、新神戸で500TYPE EVAに遭遇した。

160602type50001160602type50002

スマホでは、うまく撮れん...

160602type50003160602type50004

やっぱり、新幹線車両の中では、500系が一番カッコイイ
(中は狭くてNGだけど


| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »