« レクサスIS300h: 車検日程調整とLFA | トップページ | S2ブロック改:草植え »

2016.08.10

清里方面1泊2日旅行

8月7日(日)~8日(月)、清里方面へ旅行に出掛けてきた。

2年連続の夏の清里になるが、あの高原の涼しさと爽やかさは一度味わうと病みつきになる。その上、おいしい食事が約束された定宿もあるし。

Ks001Ks002

■1日目:8/7(日)

にゃあ太を動物病院のペットホテルに預ける必要があったので、出発は遅く、自宅を出たのは10:00頃。東名に青葉ICから乗って、そこから横浜町田ICまでと、圏央道の八王子JCT付近から中央道の相模湖ICまでの2ヶ所が、予定通りに渋滞したが、他は快調。
まずは、昼食のため、13:00頃「萌木の村」に立ち寄った。「メリーゴーラウンドカフェ」で、天然酵母パンとスープのセットと厚切りベーコンのBLTサンドを注文。テーブルのメニューに乗っていた写真では今一つな感じだったが、実物はとても美味かった

Ks101Ks102

昨年のゴールデンウィークと夏休みの2回で、清里の有名な観光スポットはほぼ見て回ったので、今回、最初の目的地に選んだのは、清里エリアから少し外れた「国立天文台 野辺山宇宙電波観測所」。14:00頃に到着。観測の邪魔にならないよう、携帯電話の電源を切ってから入場。
特にアンテナが動いたりするわけでもないが、見学コースにいろいろと説明パネルが並び、展示室もあって、結構おもしろい。まぁ、子供には難しいし、興味が無いと全くつまらないところだろうが。

Ks201Ks202
Ks203Ks204

シンボル的存在の巨大な45m電波望遠鏡は、説明パネルによると、観測シーズンは冬から5月ぐらいまでで、夏はメンテナンスのために真上にアンテナを向けているとのこと。手前に並んでいたミリ波干渉計のような姿を期待していたので、チョット残念。

Ks205Ks206
Ks207Ks208

宿泊先は、いつもの清里高原ハイランドホテル。JTBのwebサイトで予約した時は普通のツインだったが、常連さんへのサービスとのことで、当たり前のように昨年と同じスィートルームに案内された。常連と言っても、まだ3回目なのだけど

Ks301Ks302


■2日目:8/8(月)

2日目の朝は、ホテルの若支配人曰く「完璧な良い天気」。朝食後に、恒例の散歩に出てみたが、確かに見事な八ヶ岳ブルーが空を覆っていた。昨年の夏は大気が霞んでいて見ることができなかった八ヶ岳も、青空をバックにくっきりと浮かぶ。

Ks401Ks402
Ks403Ks404

2日目の目的地は決めていなかったが、朝食の時に、ホテルの従業員さん(本業は、猫グッズ作家。作品は萌木の村の「ル・シャ・デ・ボア」で販売。)から、天気の良い日にお勧めと紹介された「サンメドウズ清里」に行くことに。
なお、この時の会話で、萌木の村にあるレストラン「ロック」で未明に火事があったことを知った。確かに、寝ている間に消防車が走り去る音を聞いたが、まさか萌木の村とは... 「ル・シャ・デ・ボア」は「ロック」と隣接しているので、水浸しになってしまい、後で片付けに行くという。まさにこれからが夏休みの最盛期なのに、かわいそう...

10:00頃、サンメドウズ清里の山麓に相当するセンターハウスに到着。既に標高は1,600mだが、さらに全長1,100mのパノラマリフトに乗って、標高1,900mの山頂を目指す。

Ks501Ks502
Ks503Ks504

山頂からの眺めは、雄大、爽快、格別
見下ろせば清里高原や野辺山高原が拡がり、遠くに南アルプスや富士山(残念ながら山頂付近は雲に隠れて見えず)が連なり、見上げると空がとても近い。昨年の5月に「美し森展望台」に上った時も絶景を楽しんだが、ここはそれを凌駕する圧倒的な景色で、個人的には"清里一の眺望"と名付けることにする

Ks505Ks506
Ks507Ks508

下りは、乗ってきたパノラマリフトで戻るという手もあるが、200m下にある「清里カフェ」まで歩いて下りて、フラワーリフトで麓のセンターハウスに帰るというルートを選んだ。
気軽な散策とは言い難いレベルの急なこう配が続くが、途中で林の中を抜けたりして、なかなか楽しい。そして、見上げると、感動するほど空が青い。

Ks601Ks602
Ks603Ks604
Ks605Ks606

清里カフェからフラワーリフトに乗ってセンターハウスへ。
今朝の朝食を食べる前までは全く行くつもりはなかったサンメドウズ清里だが、想像以上に楽しい時間を過ごすことができた。勧めてくれたホテルの従業員さん(本業は猫グッズ作家)に感謝

Ks701Ks702

続いて、お土産を買いに「清泉寮」へ。
夏休みらしく観光客で溢れていたが、木陰などでまったりと過ごしている人が多く、全体的にのんびりした雰囲気が漂っていた。清泉寮に来たら、コイツだけは外せないという、ソフトクリームをおいしくいただいて、12:15過ぎに出発。

Ks801Ks802

最後に、「萌木の村」に立ち寄り、お買い物。
朝食の時に火事の話を聞いたが、焦げ臭い空気がまだ漂っていた。我々は直接の関係者ではないが、2年連続で訪れると親しみも湧いて、何とも残念な気分になる。
昨年夏にお土産に買ってきてすっかりファンになった、「清里ジャム」の清里ジャムと「ウォルナットグローブ」のレーズンサンドを買って、13:30頃、帰路に就いた。

Ks901Ks902
Ks903Ks904

今年も爽やかな高原の夏を満喫できた。来年も来ちゃうかも

|

« レクサスIS300h: 車検日程調整とLFA | トップページ | S2ブロック改:草植え »

コメント

いつも清泉寮でアイス食べるんだけど、リフトの方は行ったことなかったなあ。乗り物好きがいるので次回はいってみよう。
清泉寮はアイス以外もももジュースがよかった。涼しいところは近場の吐竜の滝もおすすめ。滝と川以外は何もないが。


帰りの中央道、いつもの小仏先頭の超低速渋滞。あれはどうにかならないのか・・・ 上野原で降りて宮ケ瀬、門沢橋で帰ってきたが車もほとんどなくて快適だったものの遠かった・・・

投稿: yutaka | 2016.08.28 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レクサスIS300h: 車検日程調整とLFA | トップページ | S2ブロック改:草植え »