« モハ1新:窓ガラスとシートの取付け | トップページ | モハ1新:運転台の塗装やり直し »

2017.06.18

モハ1新:運転室仕切板の作成と取付け

6/11(日)、6/17(土)、6/18(日)、運転室の仕切板の作成と取付けを実施。

運転室は路面電車並みに狭く、個室にはしないで、仕切板や金属棒で客室と区切る形態にする。仕切板は正面から見た時に目立つので、運転席のシートと一緒に作成することにした。
素材は0.1mm厚のバルサ材。マニア向けに、一部を窓にして前面展望可能なデザインに

170617m11170617m12

塗装は、下地のサーフェイサーの後、車体や車内と同じく、ジェイズの「急行用気動車色クリーム色」を吹いた。運転席のシートには工作用紙を使い、色は客室シートと同じPOSCAの「あお」。

170617m13170618m11

取付けは、安定性重視で床板へ。ただ、ちゃんと確かめずに作り始めたので、取付け位置がカプラーを固定するナットと微妙に重なるのが、この期に及んで判明。急遽、仕切板の一番下に付けた補強材を反対側に移動して、問題解決。

170618m12170618m13c

苦労する点も少なくお手軽な工作の割に、ディティールアップの効果が大きくて、何となく得した気分

|

« モハ1新:窓ガラスとシートの取付け | トップページ | モハ1新:運転台の塗装やり直し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モハ1新:窓ガラスとシートの取付け | トップページ | モハ1新:運転台の塗装やり直し »