« S1ブロック改:電車庫-窓(取付けその1) | トップページ | S1ブロック改:電車庫-窓(取付けその2) »

2018.03.04

S1ブロック改:電車庫-壁の歪みの補正

3/4(日)、電車庫の歪みの補正を実施。

180304s11前回の記事でも書いたように、塗装の影響で壁が反って歪んでしまったので、2mm厚×5mm幅のしっかりした檜板を壁の上辺と下辺に桁のように接着して、強制的に補正した。下辺の桁は不自然な感じもするが、仕方なし。

|

« S1ブロック改:電車庫-窓(取付けその1) | トップページ | S1ブロック改:電車庫-窓(取付けその2) »

コメント

こんばんは。
進捗状態を毎回拝見してます。

下辺の桁は「コンクリート製の基礎(土台)」に見立てるのは如何でしょうか?
もしかして、建物の基礎は既に表現してあるなら使えない手ですが・・・。 

投稿: 庶茂内みのる | 2018.03.05 23:35

みのるさん、こんばんは。

みのるさんブログの国鉄ネタにコメントしそびれている今日この頃です^^;

コンクリートの基礎というアイデア、実は私も思いついて、誤魔化すならそれかなぁと。
みのるさんも公認(?)なので、その方向で検討します(^^)

投稿: さとし | 2018.03.06 22:30

大変いい加減な公認ですが(笑)、
 実際に車庫を置いてみて、上手く線路周辺の色合いに、例の車庫下辺の補強材の色が溶け込めば、敢えて「基礎」の表現をする必要も無いので、その辺りは現物合わせかもしれませんね。
 仮に、もしも地面に置いた時に補強材が目立つようであれば、地面との境にドラム缶や小物をごちゃごちゃ置いて「繋ぎ目」を目立たなくする方法もあります。草撒いて目立たなくする手もあります。(^^; ←そんな誤魔化し多し

 ブロクの国鉄ネタ、お気遣いをありがとうございます、好き嫌いの判れる車種だけに閑散としております。

投稿: 庶茂内みのる | 2018.03.07 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« S1ブロック改:電車庫-窓(取付けその1) | トップページ | S1ブロック改:電車庫-窓(取付けその2) »