« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018.06.30

S1ブロック改:エンドレス内側-地面作り(塗装)

6/30(土)、エンドレス内側の地面で、地肌の塗装を実施。

180630s11_2前回、情景テクスチャーペイントの砂ライトサンドで作成した地肌を、アクリルガッシュの茶系やグレー系で筆塗りした。次は、バラスト撒布。一部は、既に撒いてしまっているけれど。

| | コメント (0)

2018.06.17

S1ブロック改:エンドレス内側-地面作り(地肌)

6/16(土)~6/17(日)、エンドレス内側の地面で、地肌作りを実施。

まず、舗装された小道では、ストーン調スプレーを使用。他のやり方に挑戦しようかなとチョット考えたが、結局面倒になって、いつものやり方に落ち着いた。ホンモノの舗装面はもっと滑らかで、ストーン調スプレーでできるザラザラした表面はむしろ未舗装の道のようだが、個人的には気に入っているので問題なし

180617s11180617s12

紙粘土を擦りつけた土や草の部分には、情景テクスチャーペイントの砂ライトサンドを筆塗りした。以前は、紙粘土をアクリル塗料のフラットアースあたりで塗った後に、ターフ等を撒いて地肌を表現していたが、情景テクスチャーペイントを使うと、紙粘土の白を消すのと同時に細かな凸凹が表現できて効率的。

| | コメント (0)

2018.06.10

S1ブロック改:エンドレス内側-地面ベースの作成(その2)

6/10(日)、エンドレス内側で地面ベースを作成。

まずは、前回記事の最後に書いたように、線路に沿った小道を端の方で上り坂にするため、バルサ板を挟んでイラストレーションボードを持ち上げた。続いては、斜面。細いバルサ材を階段状に積み上げ、さらに紙粘土を擦りつけて形を整えた。その他、線路周辺や電車庫周辺についても、土や草の地面にするところを紙粘土で覆っておいた。

180610s11180610s12

久しぶりの紙粘土作業。今回は、100円ショップで売っていた紙粘土を使ったが、特に問題なし。

| | コメント (0)

2018.06.03

S1ブロック改:エンドレス内側-地面ベースの作成

6/2(土)~6/3(日)、エンドレス内側で地面ベースを作成。

エンドレス内側の私鉄線に囲まれたエリアについては、電車庫と関連付けて、鉄道会社の建物、例えば乗務員の詰所あたりを建てておけばいいか、という気分だった。が、建物を建てたり地面を作ったりできるのはココだけという貴重なエリアなので、チョットまじめに再検討。結果として、線路に沿って数件の民家などが立ち並ぶ風景を作ることにした。民家と線路の間には、人や自転車ぐらいしか通れない小道を作る。

180603s11180603s12

建物の地面は線路よりやや高い位置にしたいので、バルサ材をいくつか積み重ねて土地をかさ上げ。小道の舗装面と建物地面はイラストレーションボードで作成した。小道は、端の方を上り坂にしようと考えているが、その辺りの工作は、また今度。

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »