« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018.09.30

S1ブロック改:エンドレス内側(橋台-改造、壁面の作成)

9/30(日)、橋台の改造と壁面の作成を実施。

180930s11180930s12

9/29(土)の記事に書いたように、橋台の脇に作業員用の詰所を建てることを決めたが、建物の一部しか作らないものの、詰所を建てるには敷地があまりに狭いので、橋台を改造してスペースを拡げることにした。改造と言っても、築堤風に横に張り出した部分を撤去しただけ。
続いて、コンクリート壁の壁面の作成。コンクリート壁の表現としては、ストーン調スプレーを使う方法をよく使ってきたが、今回は手を抜いて、KATOのシーナリーペーパーを使用。壁の形状に合わせてカットして、貼って、おしまい。

| | コメント (0)

2018.09.29

S1ブロック改:エンドレス内側-地面作り(作り直しその3)

9/29(土)、エンドレス内側で地面の作り直しを実施。

180929s11床屋とは反対側のエリアについては、何を建てようかと悩んでいたが、9/17(月)の記事に載せた写真を眺めていたら、電車庫がやけに孤独で不自然な感じに見えてきたので、作業員用の詰所を建てることに決めた。詰所から電車庫に行くには、詰所前のスロープを下って、本線を踏切で渡って・・・という想定で、地面ベースをイラストレーションボードで作成。また、側面の石垣風の壁も、床屋側の壁と同じ方法で作成した。

| | コメント (0)

2018.09.28

Tomix EF71(1次形):購入

9/26(水)、Tomixの「国鉄EF71形電気機関車(1次形)」のプレステージモデルを、ModelsIMON横浜店で購入。

180928ef7101180928ef7102

当レイアウトは、もともと、編成モノの運転を楽しむ目的で作り始めたが、今や、その理念(?)を忘れ、各ブロックごとで別々に情景を楽しむような状況になっていて、原則として車輌購入はしない方針。そもそも、撮り鉄時代(1975年~1990年)に親しんだお好みの国鉄車輌は、既にほとんどがプラ製品化されていて、もう、買いたくなるような製品も出ないだろうと思っていた。・・・ら、TOMIXから、何とEF71の製品化ニュースが! すかさず予約したのは言うまでもあるまい

180928ef7103180928ef7104

それにしても、製造数15両で運用が限定されたマイナーな電機を、よくもまぁ、製品化してくれたものだ。マイナーなんて言うと、熱烈なEF71ファンに叱られてしまうが、同じような「峠」専用機でも、全国区人気だったヨコカルのEF63に対して、明らかに地味だし、知る人ぞ知るというような存在。ホントにTomixに感謝である

■実物写真
 右上: 1990年2月12日 赤岩駅 429レ
 左下: 1990年2月12日 赤岩付近 貨レ(列車番号不明)
 右下: 1990年2月12日 赤岩駅 431レ

| | コメント (0)

2018.09.24

S1ブロック改:エンドレス内側(石垣、橋台)

9/23(日)及び9/24(月)、石垣の作成と橋台の追加加工を実施。

180924s11180924s12

床屋などが建つ地面をかさ上げして、壁面の面積が拡がったので、見た目に特徴的な壁にしようと、石垣を作成した。作成したと言っても、かなり前に画材店で買った石垣模様の紙を貼っただけ。紙粘土に型押しするやり方もチョッピリ考えたが、面倒なのでやめた
鉄橋の橋台では、前面左右の築堤に続く壁が垂直なのが気になって、斜めにしてみた。

| | コメント (0)

2018.09.22

鉄道模型趣味10月号に記事掲載

今月発売の鉄道模型趣味の10月号に、レイアウトコンペで写真と一緒に送った製作記が掲載された。

180922tms01180922tms02

今回は佳作のためか、表紙まで飾っていて、嬉しいやら恥ずかしいやらの気分だが、トリミングし過ぎで、やけに写真が拡大されていて、ボロが出そう。一番目立っているED75、ただの買い物だし
本文の方は6ページで、真ん中の見開きはカラー写真だけのグラビアページ。他のページも、モノクロながら写真がたくさん掲載されていて、随分、サービスしてくれた。まぁ、他に載せる記事が少なかっただけかもしれないけど

コンペ入賞作品が発表されてから、いくつかの製作記が掲載されたが、それらを眺めていると、やっぱり写真の出来に重きが置かれたコンペなんだなぁと改めて感じる。応募する人への注意喚起のために、「レイアウト『フォト』コンペ」と改名した方が良いんじゃない? 実際、私が最初にCブロックとDブロックで応募した時は、「こんなの出来ました~」みたいなご紹介写真ばかりで、よくもまぁアレで準佳作をくれたものだ。

さて、次はS1ブロックの改造が終わったら応募するつもりだが、いつになることやら

| | コメント (2)

2018.09.17

S1ブロック改:エンドレス内側-地面作り(作り直しその2)

9/16(日)及び9/17(月)、エンドレス内側で地面の作り直しを実施。

180916s11180917s11_2

前回の続きで、今回は床屋が建つ地面を中心に作業。前回記事で書いたように、建物と橋台との高低差を少なくするために地面のかさ上げを行うが、建物の前の道を坂道にして、さらに見た目の変化を付けてみた。プラン変更前に比べて、眺めがだいぶ楽しくなってきたが、手間もだいぶ増えそう。
なお、橋台を挟んだ床屋とは反対側のエリアについては、まだプランがはっきりしないので、現状のままにしておく。

| | コメント (0)

2018.09.15

S1ブロック改:エンドレス内側-地面作り(作り直しその1)

9/15(土)、エンドレス内側で地面の作り直しを開始。

180915s11前回の作業で、プランの変更により架けることなった鉄橋の橋台を作ってみたが、家よりも大きな構造物なので、そのまま単に置いたのでは違和感が有り過ぎる。なので、景色になじませるために、エンドレス内側地面の作り直しに着手した。
作り直しのポイントは2つ。1つは、橋台に続く路盤を築堤風にして、コンクリートの塊感を薄めること。スペースが足りなくて、完全な築堤にはできないが。もう1つは、建物側の地面をかさ上げして、橋台と建物との高低差を減らすたこと。築堤については、イラストレーションボードによるベース作りを行い、ほぼ終了。地面のかさ上げは、発泡スチロールを元の地面の上に積んだだけ。

| | コメント (0)

2018.09.09

S1ブロック改:鉄橋(橋台の作成)

前回の記事で、冴えない景色を目の当たりにして、思わずプラン変更を宣言してしまったが、そもそも、このブロックは自由になるエリアが少なくて、やれることに制限がある。で、結局思いついたのは、当レイアウトの改造における基本方針「線路を見え難くする」に従って、国鉄線と天ヶ谷電軌線を跨ぐ鉄橋を作ること。

9/9(日)、とりあえず様子を見る感じで、エンドレス内側の橋台をイラストレーションボードで作ってみた。

180909s11180909s12

| | コメント (0)

2018.09.08

S1ブロック改:情景の確認→プラン変更へ

床屋の作成が一段落したので、電車庫と共にレイアウト上に載せて、全体の情景を確認してみた。

180908s11180908s12

う~ん、つまらん この景色は、つまらんぞ

このまま、床屋の隣に建物を並べていってもなぁ...

ということで、お得意のプラン変更となる模様

| | コメント (0)

2018.09.02

S1ブロック改:床屋(内壁-作成、扉と窓-取付け)

8/26(日)及び9/2(日)、床屋で、内壁の作成と、扉と窓の取付けを実施。

180902s11180902s12

建物内側の壁は、画材店で売っている模様付きの紙を使用。1階は内装も軽く作る予定なのでそれなりに明るく、2階は内装を作るつもりはなく外から見えにくくしたいので暗く。
扉と窓の取付けでは、壁の開口部とのサイズが微妙に合わず苦労することが多いが、今回も同様な事象が発生。ヤスリで削ったりして、何とかはめ込んだ。

| | コメント (0)

2018.09.01

にゃあ太:8月のにゃあ太

猛暑日という言葉に全然驚かなくなってしまった8月、我々飼い主どもはエアコンが効いた部屋でしか生きていけなかったが、全身を長い毛で覆われたにゃあ太も、当然、同じ部屋でゴロゴロするのだろうと思っていたら、あまりエアコンをかけた部屋には来ないで、暑い部屋で平気で昼寝していることが多かった。

Nyata801Nyata802

Nyata803Nyata804

「オマエ、そんなところで寝ていて大丈夫?」と心配になるが、にゃあ太はにゃあ太なりに考えて快適な場所を選んでいるようで、実際、にゃあ太が寝ているところで身体を低くしてみると、意外と風通しが良かったりする。

Nyata805Nyata806

Nyata807Nyata808

週末や夏休み中の朝の散歩の時も同様で、直射日光に当たっていて暑くなってくると、木陰などに入って長々と涼んだりする。一方、それに付き合う飼い主側は木陰に入れず、交代制でこなしていたが

Nyata809Nyata810


Nyata811Nyata812

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »