« S1ブロック改:電車庫-右壁(妻面の作成) | トップページ | 4月のにゃあ太 »

2019.05.03

「益子陶器市」

今年のGWは10連休。どこにも出掛けないのはチョットもったいないので、5/2(木)、「益子陶器市」へ初めて行ってみた。私自身には陶器の趣味はなく、陶器を見極める目など全く持ち合わせていないが、妻が以前から行ってみたいと言っていたので、その望みを叶えることに。
190502msk01
190502msk02
40万人の人出があるという、混雑することで有名な春の益子陶器市。調べてみると、朝7時には駐車場がいっぱいになるというので、自宅を4時頃出発。東名→首都高3号渋谷線→中央環状線→川口線→東北道→北関東道と順調に進み、6時半頃、「益子焼蔵元共販センター」の駐車場に到着。
190502msk03
190502msk04
まだ駐車場に止まっているクルマは少なかったが、クルマの中で朝食のパンをかじって時間をつぶしていたら、見る見るうちに数が増えて、7時頃にはかなり埋まってしまった。恐るべき集客力。
190502msk05_1
190502msk06
お店のオープンは9時という話だったが、クルマの中にいてもつまらないので、ブラブラと下見を開始。他のお客さん達もゾロゾロと行動開始。それにつられて(?)、お店や販売テントも開店準備を開始。陶器市のメインストリート的な「城内坂通り」沿いの店やテントは、8時過ぎには次々と開店し、早くも賑わい始めた。
190502msk07
190502msk08
9時過ぎ、歩き疲れたので、コーヒー(薄かった...)を飲んで一休み。「城内坂通り」はお客さん達で既に大盛況だが、お店の人の話によると、今年は10連休なので混雑が分散したらしく、比較的空いているらしい。
190502msk09
190502msk13
人が増えて歩きにくくなってきた「城内坂通り」を離れ、通りの裏にあるテントや「益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子」など、他のエリアへ移動。次から次に登場する陶器に、さすがに飽きてきたが、「益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子」には益子を代表する陶芸家「人間国宝・濱田庄司」の邸宅や愛用していた登り窯などが展示されていて、チョットした観光気分が味わえた。
190502msk10
190502msk11
11時過ぎ、陶器でお腹いっぱい状態になって、帰路についた。正直なところ、こんなに多くの人がやってくるほどの魅力は感じなかったが(陶器マニアは、いろんな陶器を眺められるだけで満足なのだろう。その気持ちはよくわかる。)、一種のお祭りとして見ると、なかなか楽しかった。今まで走ったことがない道もドライブできたし。
190502msk12

|

« S1ブロック改:電車庫-右壁(妻面の作成) | トップページ | 4月のにゃあ太 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« S1ブロック改:電車庫-右壁(妻面の作成) | トップページ | 4月のにゃあ太 »