« 10月のにゃあ太 | トップページ | レクサスRX450h:車検 »

2019.11.09

S1ブロック改:跨線線路橋(保線用通路の取付け)

11/4(月)、デッキガーダでの保線用通路の取付けにあたり、通路を主桁からどれだけ離せば良いか、検討実施。
直線の鉄橋ならばレールはほぼ主桁の上に平行に乗るが、この鉄橋は曲線部にあるので、レールが主桁から曲線の外側方向にはみ出す。さらに、曲線線路上の車両は車端部や車体中央部などがレールから外側や内側にはみ出すので、結果として、車両が主桁から大きくはみ出すことになるが、実際に車両を使って確認してみたら、このはみ出し量が思っていた以上に大きいことがわかった。模型では、実物世界よりかなり急カーブになるので、仕方ないことなのだが。
191104s11
で、これを踏まえて、当然、保線区員の安全確保のために、通路を十分に主桁から離して取り付けるべき、ではあるが、そうすると見た目が不自然になってしまうので、妥協点を探っていたら、結局は、最初に設計したのと同じ位置関係になったとサ
191104s12
元々の計画と同じにはなったが、保線用通路は主桁から15mm程度離れることになり、取付け方法に迷うところ。

|

« 10月のにゃあ太 | トップページ | レクサスRX450h:車検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月のにゃあ太 | トップページ | レクサスRX450h:車検 »