« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019.12.29

2019年の進捗

2019年もそろそろおしまい。いや~、ホント、1年経つのって早いねぇ...
ということで、今年の模型活動を振り返ってみると...
 
■レイアウト
昨年はTMS誌の表紙を飾ったりして、チョット動きがあったが、今年は特筆する出来事もなく、S1ブロックの改造を続けただけ。
191229s11
1月から作業内容を並べてみると...
◆1月:
「食堂」に屋根などを取り付け、基本的な外装は作製終了。
「詰所」に庇を取り付け、基本的な外装は作製終了。
◆2月~8月:
「電車庫」の作り直しを決定。左右の壁を作製して、外側と内側の塗装まで実施。壁の内側に取り付けるパンタ点検台を作製。
◆9月~12月:
「跨線線路橋」の作製を開始。3つのデッキガーダを作製し、塗装前の段階まで終了。
「電車庫」の壁への窓の取付けに着手。まだ途中。
 
それなりにいろいろやっているが、1年間の成果としては、我ながら寂しい。言い訳すると、ストラクチャーはほとんどが自作になるので、試行錯誤で作っていくものも多く、手間が掛かる割になかなか前に進まない。HO/16番ゲージレイアウトの宿命だろうが、だんだん廃れていくのもわかる気がする。
それにしても、このペースじゃ、いつになったら完成することやら。そもそも、全体の何パーセントまで進んでいるのかもよくわからないけど
 
■模型車両
「車両はもう増やさない」が基本方針で、今年の増備はゼロ。Tomixの70系(新潟色)とかトラムウェイのED71(2次型)あたりは、少々気になったが。

| | コメント (0)

2019.12.23

S1ブロック改:電車庫(窓の取付け)

12/21(土)~12/22(日)、電車庫で窓の取付けを実施。
先週末まで作っていたデッキガーダーが「冬眠」したので、久しぶりに電車庫の作製に戻って窓の取付けを行った。窓を取り付けると建物らしさが増して、本来はモチベーションが上がっていく作業なのだが、当方の場合は、予定通りに進まずフラストレーションが溜まる作業になることが多い。理由は、ただ1つ、窓本体と壁の開口部の長さ(特に縦方向)が合わないから。
191221s11
窓本体には精度の良いエコーモデルの「レーザー抜き窓枠」(毎度言いたくなるけど、「窓枠」じゃないよなぁ、コレ)を使っているが、ガラスとして接着する塩ビ板の大きさが微妙にズレたりする。壁の開口部も、窓のサイズに合わせて切り抜いたつもりでも、微妙にズレたり... 要するに、自分の技量不足が原因というオチ。
191222s11
今回取り付ける窓は、やり直し前の時に作ったのがたくさんあるので、それらを使う。開口部にはめて、ピッタリ具合が良いのを探しながらの作業。まだ半分に達してないな。

| | コメント (0)

2019.12.17

S1ブロック改:跨線線路橋(手すりの作製#3)

12/15(日)、デッキガーダーの手すりで追加作業を実施。
手すりの縦板/縦棒が少なく、何となく物足りない雰囲気が気になっていた件、どうしようかと迷っていたが、結局、単純に柱を増やすことに落ち着いた。
既存の柱と柱の間の中央に、柱と同じプラストラクトの1.2mmT型鋼をせっせと接着して、作業終了。T型鋼がやや太いので、たくさん並べると繊細さに欠けてしまうのを恐れていたが、まぁ許せる範囲か。
191215s13
デッキガーダー本体の製作は、塗装を残して、基本的なところはこれにて終了。この後は、色を塗って、枕木を取り付けて、という流れになるが、当方の塗装作業スタイルが「屋外で缶スプレー」なので、冬場の塗装はよろしくない。
というわけで、春までおやすみ〜

| | コメント (2)

2019.12.16

S1ブロック改:跨線線路橋(落下防止金網の検討)

12/15(日)、デッキガーダの落下防止用の金網を検討。
以前、レモン画翠にプラ素材を買いに行った時、小さな穴が細かく開けられた「パンチングペーパー」という製品を発見。見た目が金網のようで、素材が紙で手軽に使えそうだったので、買っておいた。
191215s11
デッキガーダの主桁と保線用通路の間は、金網で塞ぐのが似合いそうなので、このパンチングペーパーを仮置きしてみた。
191215s12
穴が丸いので、じっくり見ると、金網と呼ぶのはチョット厳しいが、雰囲気的にはまぁ良いかなと。別に、金網では無くて、穴の開いた鉄板ということにしても良いし。ここは、枕木で隠れちゃうところだし。

| | コメント (0)

2019.12.15

S1ブロック改:跨線線路橋(手すりの作製#2)

12/14(土)、デッキガーダ#2及び#3で、保線用通路の手すりを作製。
デッキガーダ#1の時にやり方はマスターしているので、珍しくテンポ良く作業は進み、一通り作製終了。
191214s11
191214s12
プラ材は柔らかいので、手すりがナヨナヨしてしまわないかと気にしていたが、意外としっかりした出来上がりとなった。柱にT型鋼を使ったのが良かったのかも。
191214s13
191214s14
まずは、ほぼ予定していた姿になったが、やはり縦板が柱だけなのがチョット物足りない気も。どうしようかな~

| | コメント (0)

2019.12.08

震生湖「紅葉狩り」

12/8(日)、「震生湖」へ紅葉狩りに出掛けてきた。
紅葉狩りには、箱根や富士五湖方面によく行くのだが、今シーズンは既に見頃時期が終了。他に良いところは無いかな~と、web上を探して見つけたのが、秦野市にある「震生湖」。見たことも聞いたこともない湖だが、東名の秦野中井ICから10分程度という手頃な位置にあるので、試しに行ってみることにした。
191208ss01
191208ss02
191208ss03
191208ss04
得意の「早起きは三文の得」作戦で、7:00過ぎに自宅を出発し、7:45頃には震生湖の駐車場に到着。こんな朝早く、誰もいないだろうと思っていたが、既に10台近くのクルマが駐められていた。知る人ぞ知る紅葉スポット、ということか。
191208ss05
191208ss06
191208ss07
掲載写真のように、ここのウリは湖面に映える紅葉。まるで、東北あたりの山奥にある湖のような雰囲気で、とてもイイ感じ。紅葉の名所には、庭園や公園のように人工的でキレイに手入れされたようなところが多いが、やはり、こういう自然そのものの方が写真撮影のモチベーションが上がる。実際、写真撮影を目的にしている人ばかりがウロウロしていた。
191208ss08
191208ss09
191208ss10
191208ss11
湖を一周できるように小道が用意されているが、狭くて滑りやすく、子供やお年寄りは危なそう。ということは、家族連れはあまり来ないということで、貴重な紅葉スポットになるかな。
191208ss12
191208ss13
191208ss14

| | コメント (0)

2019.12.07

S1ブロック改:跨線線路橋(手すりの作製#1)

12/7(土)、保線用通路の手すりを作製。
手すりは、細い線材が組み合わされているイメージがあるので、まずは何か市販品が使えないかなと探してみたが、適当なものが見つからず、仕方なく手作りすることにした。素材は、プラストラクトの1.2mmT型鋼を柱に、エバーグリンの1.5mm×0.75mm板材と0.75mm角材を横板に使用。
191207s11
手すりというと縦に細い棒がたくさん並んでいる姿が思い浮かぶため、0.75mm角材で試してみたのだが、0.75mmでは太くて雑な造りに見えてしまったので、やめた。
191207s12
ということで、デッキガーダー#1の手すりが出来上がり。

| | コメント (0)

2019.12.01

S1ブロック改:跨線線路橋(保線用通路本体の作製)

12/1(日)、保線用通路本体の作製を実施。
通路自体の構造は単純で、薄いプラ板の裏に補強のためのプラ角材を接着するだけ。
191201s12
ただ、曲線部のため、長方形だと隣のデッキガーダの通路と重なってしまうので、現物合わせで端部をカットする必要がある。
191201s11
で、コイツが思っていた以上に手間が掛かる作業になったが、3つの通路の作製を終了。次は手すり作りの予定。

| | コメント (0)

11月のにゃあ太

11月の初めの頃は、まだまだコートは要らないなぁという日が続いていたが、途中から急に寒くなって、最後の週には最高気温が年末年始の頃なんていう日もあり、一気に冬に近付いた。
1911nyata01
朝日を浴びて
 
1911nyata02
このスタイルで寝るのが大好き
 
1911nyata03
寒くなると、体型が丸くなったように見える
 
1911nyata04
マッサージが気持ち良すぎて
 
普通のネコ並みに寒いのは苦手なにゃあ太は、日が当たる暖かい場所を探して家の中をウロウロしているが、暖房が効いた部屋のホットカーペットの上がホームポジションになりつつある。
 
1911nyata05
ポカポカ気分で毛繕い
 
1911nyata06
我が家の紅葉 その1
1911nyata07
我が家の紅葉 その2
 
1911nyata08
元野良ネコは、地面が濡れていたって平気
 
1911nyata09
濡れた足の裏を、しっかりケア
 
ただ、寒くなっても、窓からの家の外の監視は手を抜かない。寒いので窓を閉めておくと、ガラス越しでは満足しないのか、開けろ開けろとニャアニャア騒ぐ。そのくせ、窓を開けると寒いのが辛いらしく、1分も経たずに監視作業終了。このワガママ野郎のおかげで、あちこちの窓を開けたり閉めたり、妙に忙しい飼い主どもなのであった。
 
1911nyata10
11月最終日は良い天気。風は冷たかったけど。
 
1911nyata11
懸垂か?
 
1911nyata12
11月最終日は良い天気。なので、午後も散歩。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »