« 2020年4月 | トップページ

2020.05.31

S1ブロック改:エンドレス外側(地形ベース#3)

5/30(土)~5/31(日)、エンドレス外側で地形ベースの作製を実施。
地形のイメージが何となく見えてきたので、バルサ材を使って、地形のベース作りを開始。
200531s11
橋台のS2ブロック側で、建物を建てる土地や線路際の擁壁のベース、山の本体となる発泡スチロールを乗せる台などを作製。山の背面も全体的に作ったが、Bブロック側の稜線(?)が今一つ気に入らないので、たぶん、修正する。

| | コメント (0)

2020.05.23

S1ブロック改:エンドレス外側(地形ベース#2)

5/9(土)及び5/23(土)、エンドレス外側で地形ベースの作製を実施。
・・・と言っても、全然、作っちゃいないが。5/5(火)の作業(検討)で、エンドレス外側の地形は「衝立」のような形状にすることにしたが、当レイアウトの情景作りでは、その実現に「擁壁」をよく使う。今回も、試しにバルサ材でササッと作って、レイアウト上に置いてみた・・・
200509s11
が、擁壁、橋台、そしてまた擁壁、という単調な情景が頭に浮かんできて、一気に製作意欲がダウン。
コレじゃダメだと、再検討。
200523s11

情景に変化を付けるためには、何かの建物(住宅や店舗は不自然だから、工場みたいなヤツになるのかな)があった方がいいなと。それと、「衝立」になる山の斜面は、鉄橋上の車両よりも高くして、さらに・・・

ということで、検討は続く。

| | コメント (0)

2020.05.20

レクサスRX450h:36+6ヶ月点検

5/16(土)、車検後の最初の6ヶ月点検を実施。
新型コロナウイルスの非常事態宣言の中、ディーラーはどんな状況かなぁと店内に入っていくと、何となくガラ〜ンとした雰囲気。ソーシャルディスタンスを確保するためか、展示車はいつもより1台少ない。スタッフも少ないようなので尋ねたら、通常の3分の2の人員体制。客の数は予想より多かったが、オーナーばかりで、購入目的で訪れたような人はいなかった。ま、モデルチェンジなどの話題もないので、そもそも、今は客の数は少ないのかも。
オーナーズラウンジも、イスやテーブルなどが間隔を拡げられて配置されていたが、コーヒーが紙コップに入れられて出てきて、ガッカリな感じ。いつもは、クルマ雑誌などを読んで点検が終わるのを待つが、これも撤去されていて、これまたガッカリ
まぁ、仕方のないことなのだが。
200516rx01
クルマの点検の方はどうかというと、またもや、バッテリーの充電不足が発覚。ディーラーに預けて、じっくり充電してもらうことになった。昨年11月の車検の時も同じ事態が発生していて、何だか情けない気分。原因は明らかで、走行距離が少ないことにあるが、車検の時の7,910kmに対して、今回は8,437kmと、半年でたったの527km。これじゃ、バッテリーもツライわな
毎度のことだが、バッテリー問題以外については特に問題なし。3年半経っても、外観、内装、装備などに見劣りするところはほとんどなく、まだまだ、お気に入り

| | コメント (0)

2020.05.06

S1ブロック改:エンドレス外側(地形ベース#1)

5/5(火)、エンドレス外側で地形ベースの作製を実施。
エンドレス外側の地形は、必須のストラクチャーである橋台/橋脚を中心に考えることになるが、大きくは2つのタイプに分かれる。1つは、エンドレス内側のように地面から橋台/橋脚がニョキッと飛び出しているタイプ、もう1つは、地面/地形も嵩上げして、橋台が地形に組み込まれるタイプ。
で、ここでは、後者を選ぶ。理由は、エンドレス内側と同じではつまらないというのもあるが、一番の理由は、地形を衝立にして、レイアウトの外の景色を隠すため。レイアウトを見下ろしている時はそれほどでもないが、視点を下げて線路に近づけると、背後の現実世界が視界に入って、興ざめな気分になる。コレを少しでも防ぐため、固定レイアウトのような背景を作れない当レイアウトでは、こうやって、レイアウト内の世界を閉じ込める。
200505s11
地形の形状などの検討に当たっては、橋台の位置がポイントになるので、まずはイラストレーションボードで橋台部分を作り、3連のデッキガーダーも使って、位置関係を確認してみた。
う~む、今更ながら、拡幅部分、狭いなぁ・・・ いつものことだが、チョット無理のある地形になりそう

| | コメント (0)

2020.05.04

S1ブロック改:エンドレス外側(ベースボード拡幅)

5/2(土)、エンドレス外側でベースボード拡幅工事を実施。
エンドレスの外側については、隣のS2ブロックと幅を揃えた方が見た目がキレイだろうと、エンドレス内側と同様、拡幅するつもりでいた。ただ、拡げる幅は38mm、元のベースボードの余白を含めても4cm程度(実物スケールで3m程度)しかないので、まともに建物を置くスペースはない。まぁ、やるとしたら、S2ブロックの町工場(→記事はコチラ)のように一部だけ作る方法しかないが、そもそも、線路際に建物を並べるのは、ここでの情景にそぐわない感じで、他の施設や設備なども思いつかないので、草地とか荒れ地とかにしておけばいいか、と考えていた。
200502s11
が、国鉄線や私鉄線を跨ぐ鉄橋を作ることになって、状況は一変。少なくとも、国鉄線を超えてくる鉄橋を受け取る橋台(そのまま鉄橋が続くなら、橋脚)が必要となり、マジメに地形を考えねばならなくなった。
200502s12
で、まずは、5mm角材と2mm厚バルサ材を使って、ベースボードを拡幅。

| | コメント (0)

2020.05.03

4月のにゃあ太

4月は、にゃあ太の誕生月。4月24日で、5歳になった。と言っても、元野良猫なので誕生日の日付は正確ではないが、ウチのイエネコになったのが9月24日で、4月には生まれていた模様(生まれた場所が我が家から見える)なので、この日になっている。
まぁ、とにかく、健康上の問題も特になく、普通に5歳になって、おめでと~
2004nyata01
頭の上から足の先まで、70cmぐらい
2004nyata02
新緑が眩しい季節に
2004nyata03
この出窓も、お気に入り昼寝スポット
2004nyata04
ネコ草をバリバリ
2004nyata05
どこかの写真集に載っていそうな感じで
 
世の中は、新型コロナウイルスの影響で活気が薄れ、閉塞感が漂い、さらに気温が低い日も多くて、チョット冴えない4月だった。
ただ、にゃあ太的には、わがままを聞いてくれるヤツが家にいることが多くて、満足度UPだったかも
2004nyata06
ネコは目が悪いと言うが、小さな虫をすぐ見つける
2004nyata07
ポカポカのウッドデッキ
2004nyata08
満開のネモフィラと共に
2004nyata09
ししゃもの匂いに誘われて
2004nyata10
5歳の立派な成猫らしいときもある

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ