« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020.07.25

S1ブロック改:エンドレス内側(踏切、草#1)

7/25(土)、エンドレス内側で踏切の踏み板の塗装と、草植えを実施。
エンドレス外側で山作りを続けるのかと思いきや、チョット飽きたので、久しぶりにエンドレス内側に戻って作業。
まずは、踏切板を塗装。こういう木の塗装にはSTカラーが最適だと思うが、臭いがきつくて、扱いも面倒なので、アクリルガッシュで塗ろうとした。が、気に入った色にならず、結局、STカラーを使用。色がやや濃かったかな。
200725s11

続いて、草植え。素材は、ターフ、リアルサンド、カントリーグラスをブレンドしたもので、指でつまんで、パラパラと撒く。接着剤にはマットメディウムを使用。以前は木工用ボンドを使っていたが、乾くとテカったりすることがあるので、最近は使わない。

200725s12
毎度のことだが、地面に草が表現されると情景にリアルさが増して、何だか楽しくなる
S2ブロック側の端で、地形の形状がS2ブロックと合っていないのを見つけて、バルサ材と石粉粘土で慌てて修正。今頃気付くとは、情けない話

| | コメント (0)

2020.07.24

S1ブロック改:エンドレス外側(山#5)

7/23(木)~7/24(金)、エンドレス外側で山作りを実施。
やり直しのプラスタークロスの貼付けでは、編み目を消したりする残処理を後工程にまわさずに、しっかり表面の修整まで行った。当たり前の話だが、修整のための素材は石膏がベストなので、プラスタークロスからこぼれた石膏の粉をせっせとかき集めて使用。チョット足りない感じもあったが、何とか整えた。次のプラスタークロスの出番の時は、Tomixのシーナリープラスターあたりを買おうかな。
200724s11
山肌の塗装には、アクリルガッシュのジェットブラック、グレイッシュブラウン、グレイッシュベージュを使用。混ぜる割合や水の薄め具合をいろいろ変えて、自分の感性を信じて()、結構大胆に塗っていく。
まぁまぁの出来、かな

| | コメント (0)

2020.07.23

S1ブロック改:エンドレス外側(山#4)

7/23(木)、エンドレス外側で山作りを実施。
前の記事にも書いたように、まずは、プラスタークロスの山肌に残った編み目を消す。或る本にジェッソを筆で塗る方法が載っていて、お手軽な感じだったので、真似してみた。
しかし、コイツが大失敗
プラスタークロスの表面を整え終わったので、水で薄めたアクリルガッシュを塗ったら、ジェッソを塗った部分で、アクリルガッシュがはじかれてしまう。一方、表面がプラスタークロスのままの部分はアクリルガッシュを吸い込むようにして染まるので、山肌が汚いまだら模様になってしまった
200723s11
アクリルガッシュを薄めなければジェッソの上にも塗れるので、何とか修復を試みたが、予定していた出来上がりイメージからどんどん離れていって、ガッカリな気分に。結局、ガマンできなくなって、プラスタークロスを貼るところからやり直すことにした。
ちくしょ~、ダマしやがって

| | コメント (0)

2020.07.19

S1ブロック改:エンドレス外側(山#3)

7/18(土)~7/19(日)、エンドレス外側で山作りを実施。
6/17の記事(→コチラ)で書いたように、トンネル部分の山については、線路を敷いたり鉄橋を架けたりという作業との関係で、地面/斜面作りを後回しにする予定だったが、実際作り始めてみると、他の部分と一緒に作らないとやり難いことが判明。
なので、トンネルが取り外せるような土地の形態にして、地面/斜面は先に作ることにした。ちなみに、トンネルの上のすき間は、斜面補強のコンクリート壁ということで塞ぐつもり。
200718s11
発泡スチロールと石粉粘土による山のベースができたので、プラスタークロスの貼り付けを実施。プラスタークロスを使い始めたのは確かDブロックの改造作業からで、その前は発泡スチロールに紙粘土を擦りつけて地肌を作っていたが、うまく付かなくて時間が掛かったり、できあがった地面が滑らかなものばかりだったりと、今一つな感じだった。プラスタークロスは、作業も早く進み、地面も細かな凸凹が表現できて、とても便利
200719s11
プラスタークロスの弱点(?)である編み目がまだ残っているので、次回はコレを消すための表面処理を行う。

| | コメント (0)

2020.07.12

S1ブロック改:エンドレス外側(橋台#1)

7/12(日)、エンドレス外側で橋台の表面処理を実施。
橋台には、レンガ積みのような見た目が凝っているものもあるが、ここは、シンプルで平凡なコンクリート製。表面がスベスベした滑らかなタイプにするので、ベースのイラストレーションボードを、ほとんどそのまま使うのだが、ここで気になるのが、面同士の接着部分で目立つ、イラストレーションボードの切り口/断面。
こいつを消すため、サーフェイサー(Mr.フィニッシングサーフェイサー 1500 )を吐いてみた。
200712s11
一部ですき間や段差が消えず、残念ながら、期待していたほどの結果にはならなかった。ま、後で塗装する時に誤魔化すかな。

| | コメント (0)

2020.07.06

S1ブロック改:エンドレス外側(山#2)

7/5(日)、エンドレス外側で山作りを実施。
山を作る時に注意が必要なのが、斜面の向きと角度。ぼ~っとしていると、階段やピラミッドのように、同じような向き、同じような角度になってしまう。山をマクロで見るとお椀のようなイメージだが、個々の斜面はいろんな向きや角度が混ざっていて、場所によっては手前にせり出すような斜面もある。当レイアウトでは、A、B、Dの3つのブロックで山を作っているが(→記事はコチラ AブロックBブロックDブロック)、そんなリスクをわかっていても、お椀になりがち。
200705s11
ま、ここの斜面では、そんな心配は無用か

| | コメント (0)

2020.07.05

6月のにゃあ太

梅雨と言えば6月、6月と言えば梅雨というイメージがあるが、実際には、雨の日はそれほど多くなく、むしろ7月の方がよく雨が降ったりする。が、今年の6月はまさに梅雨のイメージにピッタリで、ウンザリするほど曇や雨が多く、青空が見られる機会が少ない月だった。
2006nyata01_20200705125401
こういう晴れた日の散歩は少なかった
2006nyata02_20200705125401
蚊取り線香が必須な季節に
2006nyata03_20200705125401
「アレッ、何処に行った?」と探すと、こんなところにいたりする
2006nyata04_20200705125401
雨が降っているので、ここから外をチェック
2006nyata05_20200705125401
にゃあ太、大地に立つ!!
日光浴が大好きなにゃあ太も、天気が悪いと気分が乗らないようで、食事やおやつの時以外は昼寝ばかりしていた。ただ、天気に関係なく、以前よりも昼間に寝る時間が長くなったような気もする。にゃあ太も大人になったということか。夜になると、昼間の休養十分なのか、やけにハイテンションになって、家中を走り回ったりしてるけど
2006nyata06_20200705125401
視線の先には何が?
2006nyata07_20200705125401
毎度気になる、柵の向こう
2006nyata08_20200705125401
「もう行こうよ」と引っ張られて、チョット怒ってる
2006nyata09_20200705125401
雨上がりの散歩
2006nyata10_20200705125401
我が家で一番態度がでかいヤツ

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »